恋愛探偵社Secret-Researchers

恋愛総合探偵事務所 シークレットリサーチャーズ

復讐

裏切り続けて身体も身もボロボロになってしまった…この想いを復讐と言う選択権

皆さんの中で、今まで信じていた相手に裏切られて『相手に復讐したい』と思った事はあります? 人との出会いの中で『出会いがあれば別れ』はつきものです。 良い出会いであれば、また復縁を願ったりします。 中には、どんな良い出会いでも『来るもの拒まず去るもの追わず』と言った方もいらっしゃいます。 また良くなかった出会いであれば『また会いたい』とは思わないでしょう。 しかし中には『もう二度と会いたくないけど裏切られた思いのケジメをつけないと気が収まらない』と言われる方も大勢いらっしゃいます。
復讐

恋人だと思っていたのにあなたは浮気相手だった…許せない気持ちを特殊工作で!

数か月~数年と幸せな時間を共に過ごしてきた恋人には、実は自分以外にちゃんとした異性の恋人が居たら、あなたはどうしますか? 実際に自分が本命の彼氏・彼女だったと思っていたのに、呆気なく振られてしまった…。 しかし、思い返してみらた、相手の普段の行動に不可解な点がいくつもあった事に気が付きます。 ・会う日は決まった曜日・時間だけ。 ・連絡が取れなく事が頻繁にあった。 ・基本的に泊まり掛けのデートは少ない ・実家暮らしと言う事で家を教えてもらえなかった
復縁

コロナ規制解除で増える恋愛に関する様々なご相談

4月7日にコロナウイルスよる緊急事態宣言発令されましたが、5月25日に約7週間ぶりに全面解除されましたが、人の普段の生活が戻るような動きが進む中で、気の緩み出る中でまた感染者が増えて行くのではないかと懸念しております。 さて、一連のコロナ自粛の陰で、様々な恋愛に関するご相談が増えたのも事実です。 自粛中に『恋人と別れてしまった』・『恋人が浮気した』・『恋人が他の人に乗り換えた』など、恋愛トラブルが相次いでいるのです。
別れさせ

暴力で支配する相手に対して別れさせ工作は使えるのか?

あなたは暴力により、相手との関係に悩まれていませんか? 『恋人・夫婦・友人・職場』など、人との関わりの中で、相手の暴力で支配されていらっしゃる方は、この世の中でかなりの人数が居ると言われています。 言葉の暴力・肉体的暴力・精神的暴力などで、相手の支配下に置かされ、身動きが取れない・相手の監視が厳しくて、『もうこのままでは自分自身の人生が終わってしまう』と、お悩みの方も多くいらっしゃいます。
特殊工作

今まで騙され続けてきた…特殊工作でその気持ちを晴らす事をしてみませんか?

恋人から騙され続けてきた・配偶者から騙され続けてきた・親友から騙され続けてきた…こんな悲しい事って耐えられますか? 実際に浮気や金銭を騙され続けてきたと言う、相談は多く頂きます。 もちろんそれぞれ負って被害の大小はありますが、信じていた相手に騙されたとなれば、被害の大小では済まされないのです。
復縁

離婚した相手との再婚ってあり得る?!復縁工作を利用すればあり得ます!

『この人とはこれ以上夫婦を続けられない』そう思って離婚届を提出したのに、いざ離れると相手の事ばかり考えてしまいます。 離れた事で、今まで目を向けてこなかった相手の大切さに、気付かされる事もよくある事です。 しかし、恋人同士のただの復縁と違って、一度結婚していた相手との復縁は多くの不安や問題があります。 その為『元夫婦だった相手との復縁を望むのは間違っている?』と、復縁に対して自信を無くしてしまうのではないでしょうか? 確かに一度結婚していた相手との復縁は、一見難しく思えるでしょう。
別れさせ

なぜ繰り返す?!同じ相手との不倫を終わらせる為には別れさせ工作を!

パートナーの不倫が発覚し、一度は制裁し二人の関係を終わらせたのに、また同じ相手と水面下で会っていた…このようなケースって意外と多いようです。 一度目で大変傷ついたと言うのに、また同じ相手と不倫を続けていたなんてひどい話です。 とてもじゃないけど、心が持ちません。 最近、ゲス不倫で世間を騒がせた、俳優の東出昌大さんもそのうちの一人です。 彼は、杏さんと言う妻がいながらも、彼女と同業である女優の唐田えりかさんと3年間もの間不倫を続けていました。 2017年に一度、二人の不
復縁

遠距離恋愛で復縁は不可能?いいえ!復縁工作を利用すれば可能です

就職や転勤などが原因で、遠距離恋愛になるカップルも多いのではないでしょうか。 『愛があれば距離なんて関係ない!』そう思いたいところですが…実際のところ遠距離恋愛には、さまざまな壁が立ちはだかり、遠距離になった事で別れてしまうカップルは多いのです。 しかし、相手を嫌いになって別れた訳ではないので、別れた後も元恋人を忘れられず、いつまでも引きずってしまう事も…。 復縁したいと思っても、距離が遠いだけにそう簡単に復縁する事は出来ないのではないかと、諦めてしまいがちです。
別れさせ

コロナの影響で不倫相手の夫婦仲が…!?別れさせ工作で一気に加速!

全世界を震撼させている新型コロナウイルス。 未だ終息の目処は経っておらず、世界中の人々が今後未来に不安を抱いています。 そんなコロナウイルス流行において、学校は休校になり、仕事面では多くの会社がリモートワークへ移行するなど…未知のウイルスによって私達の生活は大きく変化して行ってるのではないでしょうか? 緊急事態宣言によって、数々の業種が経営困難となり倒産する会社も増えて行き、ウイルスそのモノの恐怖だけではなく、ウイルスによってもたらされる経済悪化においても、かなり深刻な問題となってきています。
復縁

コロナの自粛で気持ちが離れてしまって別れてしまった方へ復縁を目指してみませんか?

現在、日本国内だけでなく全世界で猛威を振るっている、コロナウィルスで大変な状況になっています。 今まで当たり前だった生活が当たり前でなくなり、仕事や生活に制限が掛かった状況を強いられている状況です。 日本でも緊急事態宣言5/6までの期限が、5/末まで再度延長になった事により、まだこれからも様々な影響が出て来る事でしょう。 またそんな中、自粛生活の中で男女の別れの多くご相談頂いております。
復縁

モテモテな元カレとの復縁の可能性はある??

大好きな彼氏に振られてしまった。 しかも、相手は女子にモテモテな彼氏…。 大好きだった彼と元の関係に戻りたいと願うのは、ごく自然な想いではないでしょうか? しかし、モテる彼との復縁を願っていても『他の女性に取られてしまうかも』・『ライバルが多いから復縁は難しい』と、不安は募る一方だと思います。 確かに、モテる男性がフリーとなれば、たくさんの女性が寄ってくるでしょうし、引く手あまたでしょう。 しかし、そんなモテモテな彼の心を一度
出会い

合コンで出会った人に一目惚れ♡出会い工作で相手の心をgetしよう

男女が出会う場として多くの人が参加した事がある『合コン』今も昔も変わらず、合コンを行う男女は多いです。 しかし、出会いはあるものの、中々しっくりくる相手と出会えない人も少なくありません。 中には初めて会った瞬間、電撃が走るような感覚を味わい、一目見て恋に落ちていく一目惚れを経験する人も居るのではないでしょうか。 こんな風に思える相手とせっかく出会えたのなら、絶対にその恋を無駄にしたくありません。 そこで今回は『合コンで一目惚れした相手の心を掴む方法』についてお話致します。
別れさせ

妻の不倫に気づいてしまった。不倫相手と別れさせる方法とは?

近年既婚男性だけではなく、既婚女性も不倫をする傾向が良く見受けられます。 良好だと思っていた夫婦生活が実は妻が裏では他の男と…、ひょんな事から妻の不倫が発覚してしまったら…。 妻と離婚しても良いとお考えでしたら、徹底的に不倫の証拠を集めて、妻と不倫相手に対して慰謝料請求を行ったり、離婚を優位に進めるための証拠を固める事が急務であると言えます。 しかし中には、妻の不倫が発覚しても離婚を選ばず、関係修復を考える男性って意外と多いのです。
出会い

1度告白して振られた相手に出会い工作を利用してもう一度アタックしよう!

あなたは好きな相手に告白して、振られてしまった事がありますか? 多くの方が経験した事があると思います。 すぐに他の相手を好きになれれば良いのですが、1度惚れた相手をそんなに簡単に諦められないのが恋なのです。 いつまでも、相手を思い続けていると言う方も、少なくありません。 しかし、1度失敗している相手にもう1度挑戦するには、計画をきちんと立てて挑まなければ、また同じ結果になってしまいます。
復縁

付き合ってすぐに振られてしまった相手との復縁工作

付き合い出してまだ間もないのに、なぜか振られてしまったと言う恋愛を経験して、それでもまた同じ相手と付き合いたいと思って方は、いらっしゃるんではないでしょうか? 別れの形は色々ですが、短期間で関係がおわってしまうなんて、不満に思っても仕方がないでしょう。 『こんなにすぐ振られるなんて…』と現実を受けとめられなかったり、『すぐ振られるって事は、復縁なんて考えてもらえないだろうな』と復縁を諦めてしまう人は多くいらっしゃいます。 しかし、付き合った期間が短い方が、復縁に有利な場合もあります。
出会い

モテる男性になって出会い工作を成功させよう!

今あなたに好きな女性はいますか? その好きな人と上手くいきそうですか? それとも片思いで終わってしまいそうですか? 出来れば両想いになって、好きな人と付き合いたいと思いますよね。 モテる男性になれば、彼女も振り向いてくれるかも…そんな風に思うのではないでしょうか? しかし女性からすると、実は『容姿端麗なイケメン=モテる男』ではありません。