隠し事が大きな問題に発展する前に解決する事が出来た復縁工作の成功事例

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

1ヶ月前に出産を終え、何となく話しの流れで冗談交じりに言った「浮気してるだろ」という言葉に動揺してしまった旦那様、その時の反応からEK様は旦那様に対して疑いを持ち始めてしまい、確認せずには居られないという事でご相談頂きました。

妊娠が分かってから今まで性交渉が無く、どうしてるんだろうという単純な疑問とからかってやろうと思って言った言葉が今回波紋を呼んでおり、EK様自身は離婚の意思は無く、もしも浮気をしたのであれば正直に言ってくれればそれでいいと考えていらっしゃるのですが、旦那様は否定しながらも段々とよそよそしくなっているそうで、否定されてしまう以上証拠も無いので突っ込んだ話しが出来ないという状況でした。

探偵を探している中で復縁屋という存在を知り、複数社に相談した後弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにお問い合わせ頂きました。

依頼内容としては旦那様の浮気調査と、最近のよそよそしい態度は何なのかの本音調査をして気持ちをEK様の方へ戻すという形で復縁工作を行うという事で話しが纏まりご依頼を頂きました。

蓋を開けて見れば…

まず対象者となる旦那様の身辺調査を行っていき、浮気相手の有無、立ち寄り先、交友関係を調べていきました。

調査結果としては浮気相手の存在は認められず、交友関係の中に女性も居りましたがその女性には彼氏がいる事、またその彼氏と対象者は友人で直接女性と連絡を取るような間柄ではない事が分かりました。

対象者は大のビール好きで、仕事帰りにほぼ毎日通っているビールBARがあり、それはEK様も承知の事ですので正直なところ一切の怪しいところが見受けられませんでした。

ですのでこれは直に聞いてしまうべきだと考え、EK様と協議をしてそのビールBARで対象者と接触する事になりました。

とても人当たりが良い対象者でしたので接触自体はスムーズに出来、また頻繁に同店を訪れる事から関係性の構築も順調に進みましたので対象者の本音を聞き出す事に成功致しました。

対象者は結局のところ浮気をしてはいなかったのですが、性欲処理として風俗店に一度だけ行ったとの事で、嘘の付けない対象者はEK様から冗談交じりに「浮気」というフレーズが出た時にドギマギしてしまい、その後どう対応していいか分からずごまかそうとしていたのですがその態度が思い切り表に出てしまっていたそうです。

この事から対象者には、そういった態度を取ってると誤解を招くから正直に打ち明けて謝った方がいいという事をアドバイスし、その一連のやり取りをEK様に報告させて頂きました。

その日自宅に戻った対象者は、風俗に行った事を正直に話し謝罪をした事で二人の問題は解決し、復縁工作は成功し復縁工作を終了致しました。

浮気をしようとした事がバレて振られそうになっていた所を復縁工作で仲直りした成功事例
復縁工作依頼者の相談内容 弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シ...

コメント