遠距離恋愛で別れを告げられてしまった依頼者様の復縁工作成功事例

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

また、依頼者・対象者・工作員の特定を避ける為工作内容及び個人情報については話の流れが変わらない程度に修正しておりますのでご了承ください。

出会いの切っ掛けは、対象者となる元カレが地方出張で依頼者様の地元に来ていた際に、行きつけだったBARで知り合い交際関係に発展しました。

遠距離だった事もあり、基本的に依頼者様が休みや有休を使って対象者の自宅へ泊り掛けで会いに行くことが多く、たまにしか会えない分連絡の頻度はかなり高かった様でした。

しかしその連絡頻度は一種のバロメーターとなり、対象者の心境の変化も敏感に察する事となりました。

明らかにレスポンスが悪くなって来て、「忙しい」と言われてしまえばそれ以上何も言えなくなってしまうので、寂しさやストレスが溜まりせっかくの電話でも嫌味や大切にされてないなどの愚痴をこぼす様になっていきました。

その積み重ねから「ホントに疲れるよ。俺の事は何も考えてくれないんだね」と別れを告げられることになり依頼者様の「嫌だ」と食い下がったのですが「そういうのも重いし、あなたのリクエストには応えられないよ」と取り合って貰えませんでした。

別れを受け入れざるを得ない状況になり、それから連絡の頻度も格段に落ちていき今では1週間に1度取り合えば良い方という状況になってしまいました。

そんな中復縁屋という存在を知り弊社にもご相談頂き復縁工作のご依頼を頂きました。

復縁工作で時間を埋める

調査で収集した情報を用いて対象者が通っているキャバクラにキャストとして女性工作員を潜入させ、仲良くなって指名を貰えるようになった頃に「彼氏の事で相談がしたい」と、彼氏役の工作員を接触させていきました。

対象者は仕事、人材を紹介出来るほどにコネクションが多く、その話しを聞きたいということで男性工作員が接触し、プライベートでも関係性を構築していきました。

依頼者様の話を聞き出すために、彼女役の女性工作員が地方に引っ越すという事にして遠距離になっちゃうという話題を出し、それを切っ掛けに依頼者様の話に触れていくようになり対象者も自身の経験を語ってくれるようになりました。

割と頻繁にこの話を出していくと「遠距離って大変でさ、仕事で忙しいのが重なったせいで当時は重荷でしかなかったんだよね。あの子は元気にしてんのかな~」と反省や後悔の念があること、今でも依頼者様を悪くは思っていないこと、安心させてあげられなかったことを謝ろうかななどと当時を振り返る切っ掛けになり対象者の方から昔を懐かしんで依頼者様に「今こっちで関わってる若い子がね、彼女が引っ越しちゃうから遠距離恋愛になるんだって。その話を聞いてたらさ、なんか色々と謝りたくてさ」と依頼者様に連絡があり、次の休みに会おうよという話になりました。

対象者との会話などから分析した結果を用いて、依頼者様には対応方法をアドバイスし再会していただき、依頼者様から復縁を申し出る形で復縁することが決まり、復縁工作は成功いたしました。

社内恋愛中の彼女が転勤を機に別れを告げてきたというケース
復縁したいという相談 依頼者:WE様(32歳:男性)【静岡県】 対象者:37歳:女性【静岡県】 契約内容:復縁工作/3ヶ月 着手金・成功報酬:90万円(税別)・18万円 弊社で復縁工作のご契約を頂きました依...

コメント