行き違いから家を出ていった娘と復縁したいという復縁工作の成功事例

復縁工作の成功事例

弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

また、依頼者・対象者・工作員の特定を避ける為工作内容及び個人情報については話の流れが変わらない程度に修正しておりますのでご了承ください。

復縁屋シークレットリサーチャーズへの相談内容

2年前に対象者である娘さんの進路について口論となり、「だったら一人で生きてみろ」と追い出す形になってしまい、そのまま音信不通となってしまいました。

対象者の友人など把握している範囲での交友関係はすべて当たったそうなのですが、本当に分からないのか口止めされているのかは分かりませんが皆一様に「連絡が来ていないので分からない」という回答でした。

警察に届けを出しましたが事件性が無い事から積極的には探してくれず、行く当てに見当も付かない事から人探しのプロである探偵社に依頼をしてその所在を探し当てたのですが、会いに行っても門前払いで会話をする事も出来なかったそうです。

少ししてから再度対象者の家を訪ねたところ既に引っ越しており、状況は振り出しに戻ってしまいました。

その為、探すだけでは駄目だという事に気付いた依頼者様は探偵を探していた時に目にした復縁屋を思い出し、いくつかの会社に問い合わせ復縁の成功率などを比較し最終的に弊社にご依頼頂きました。

復縁工作の方法

復縁工作の依頼を受けた弊社では、まずは住所の特定から始め本当に居住しているかどうかの確認を含め、写真や動画で依頼者様に対象者であることをご確認頂き特定することが出来ました。

対象者は福岡県の中州にあるキャバクラで働いていて、交際相手と同棲していました。

対象者に接触するためにキャバクラ店に女性工作員を潜入させて仲良くしていき、男性工作員を同店に客として行かせて二人を指名して、何度か一緒に飲みアフターに誘い出すことに成功致しました。

女性工作員を含む集団で対象者の話を聞き出していき、実家との確執について聞き出すことが出来ました。

対象者の性格の問題で、否定されることを極端に嫌う対象者を相手に肯定しながら考え方の幅を広げていくよう誘導していき、「親の気持ち」について考えるように仕向けていきました。

若くして一人で生きていくと決めた対象者は、それなりに苦労も多くその苦労を見越してお母さんはこういう事が言いたかったんじゃないか?などの気付きや問題提起をしていき母親の心境というものに少しずつ理解を深めてもらうような形で女性工作員の方からも出勤日に話す時間があるときには伝えていきました。

この工作の中で対象者と同棲中の彼氏についてもこちら側に引き込む形で話をし、もしも家で母親の話題が出たら「俺、挨拶に行った方がいいかな?」など実家に行くという切っ掛けや用事を作ってもらうようにしていきました。

対象者の彼氏の「もしも俺と結婚とか考えていてくれてるなら、娘さんと交際してますって挨拶させて欲しいんだよね」と切っ掛けを作り出して頂きました。

本来こういった方法は取らないのですが、対象者の交際相手が真剣に対象者と付き合っていて結婚を考えていること、彼氏の性格が真面目であるという事があったので最も身近にいる彼氏を引き込む事で成功率を上げられるという事で実行致しました。

対象者の彼氏の言葉を切っ掛けにして一度実家の方に行く事が決まり、その旨依頼者様に伝え、現状や今後の対応の仕方などを打ち合わせていきました。

3年振りの再会が叶い、依頼者様から最初に謝罪をする事で話が出来る状況を作り出し、お互いの思いや考えを話し合い和解に至りました。

余談になりますが、この時対象者の彼氏から依頼者様に対して結婚を考えているという話を伝え、実質上のプロポーズが行われました。

対象者と連絡先や住所などを教えてもらい、今後はお互い家を行き来出来るよう話をまとめた事で復縁工作は無事成功致しました。

復縁屋Secret Researchersの復縁工作成功事例をご紹介致します
復縁屋シークレットリサーチャーズで行いました復縁工作の成功事例をまとめたものを掲載させて頂きます。 復縁工作はどうしても復縁したい、どうやって復縁していいか分からない、自分で復縁を試みたが失敗してしまったという方の多くが求める復縁の為...

コメント