結婚アピールが重いと振られた彼女が彼を取り戻したケース

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

また、依頼者・対象者・工作員の特定を避ける為工作内容及び個人情報については話の流れが変わらない程度に修正しておりますのでご了承ください。

中学校のひとつ下の彼と付き合ったり別れたりを繰り返して来て、何だかんだ9年ほど彼と付き合っているSK様から頂いた相談です。

「他に好きな人が出来た」という理由で2ヶ月ほど前に彼氏に振られたとの事で、その少し前には何だかんだ結婚するんだろうねと話していた矢先の事だったため動揺して詰め寄ってしまったとの事でした。

後日、時間が経っても別れを受け入れられないSK様はしつこく電話やLINEで相手は誰なのかを問い質してしまい、着拒・ブロックをされてしまい、同級生や共通の友人を伝い彼にメッセージを送るも悉くスルーされてしまい、どうにか復縁できないか、せめてもう一度話しが出来ないかと調べていた所で復縁屋の存在を知り、弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

SK様と話し合いを重ね、復縁工作で着拒・ブロックを解いてもらい活路を見出すという事で復縁工作のご依頼を承りました。

好きな人が出来たは嘘?

調査を行い交友関係を調べて行く中で、殆ど女性とは会っておらずその別れる原因となった「好きな人」の特定が出来ませんでした。

そうなると別れを告げた本当の理由とは何か、それが重要になってきますので接触を開始しました。
接触場所は、対象者が最近通い始めた自動車免許の教習所で、時間の合間を縫って話しかけ、1日がかりの日にはお昼を一緒に食べるなど関係性の構築をして行きました。

連絡先の交換も出来、教習所の帰りに時間がある時飲みに行こうと約束をして実際に飲みに行きました。

お酒の席では警戒心も緩み割と何でも話しが出来るようになり、それを数回繰り返す事で友人という認識になり対象者の地元の友人も紹介して貰える距離になりました。

地元の友人らも含めたある日の飲みの席で、友人の一人が対象者に対して「でもさー○○、もったいねーよマジで」とSK様の話題を出した事を切っ掛けに対象者の恋愛話になり現状やSK様への気持ちも確認する事が出来ました。

別れた本当の理由は遊びたいという事で、結婚とかの話しが出てきて重いという事が理由でした。
対象者が今現在SK様の事をどう思っているのかについては、今もまだ好きではいるけど結婚はしたくないからという事でした。

帰り道対象者と工作員が二人きりになった時に、本当にそれでいいのか、相手に失礼では無いのかという言葉を交えて復縁を意識付けて行きました。

その後も話しの流れで何度かSK様の話しになり、復縁へと誘導をしていきました。
またその後日、教習所で対象者と話しをしている時に、「実はこの前着拒とブロック解除したんだよね。SKになんて送ればいいかな?」と復縁するためのアドバイスを工作員に求めてきました。

送る内容を一緒に考えてSK様にメッセージを送信しました。
これを切っ掛けにSK様と対象者は復縁する事になり、暫く二人の様子を見守り関係性が安定したのを見届けて復縁工作は成功として終了致しました。

重いを愛情深いに変える事で復縁出来た復縁工作の成功事例
復縁工作依頼者の相談内容 弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シ...

コメント