擦れ違いから別れざるを得ない環境になった2人の復縁ケース

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

また、依頼者・対象者・工作員の特定を避ける為工作内容及び個人情報については話の流れが変わらない程度に修正しておりますのでご了承ください。

交際を始めて7年が経過し、同棲期間も4年を越えた辺りから互いに仕事の忙しさから擦れ違いが始まり、些細な事でのケンカ絶えなくなりそれを更に通り越して互いに干渉する事も無くなり自然と別れ話が出て来て別れる事になったというHH様。

HH様が家を出て行く形で完全に別れる事になった後も週2~3日のペースで連絡を取り合っていたそうで、付き合っていたときよりも関係が改善しているように感じ、何となく寂しさを覚えて思わず彼に「やり直して見る?」と言ったところ、「いや、俺たちは友だちの方が相性いいんだよ」と断られてしまったそうです。

HH様としては、今のような距離感を維持出来るなら彼と一緒に居たいと考えており、復縁出来ないかなと考え始めその方法を探している中で弊社復縁屋シークレットリサーチャーズ復縁工作を知りお問い合わせ頂きました。

自分で復縁するために復縁工作を利用する方法

HH様と相談を重ねて行き、復縁後の関係を維持して行くためには自分自身で復縁を行う必要があると考えるHH様は最低限のサポートで復縁工作を行うという事でご契約を致しました。

調査もほぼ情報が整っているという環境から確認だけさせて頂き、週末に必ず寄るスナックで対象者と接触を果たしました。

お酒の席で、しかも対象者は2軒目という事もあり適度に酔いが回っている事から接触は容易で、かなり簡単に連絡先の交換、また会いましょうという話しをする事が出来ました。

スナックで何度か顔を合わせ、美味しいお店を紹介するという事で別の飲食店での接触もする事が出来ました。

そこから再びスナックに戻り、お気に入りの女の子にちょっかいを出しているところを女の子の方から「彼女さんに怒られちゃいますよ」とHH様の話しに触れてくれたので、このタイミングを逃がさず工作員はすかさず対象者に話しを聞いて行きました。

対象者の本音としては長い交際期間もあり恋人や彼女というような感覚ではなく、家族的な情が入っているような何だかんだ切っても切れない関係であるという風に考えているそうで、別れたとはいえお互いにとって必要な冷却期間だと捉えて居るとの事でした。

このまま放置していてもいずれ二人は戻るであろう事が分かりましたので、対象者には、相手を待たせても良いのかもしれないけど待たせ方って大事ですよねという形で相手の気持ちも汲んであげた方がいいという事を伝えて行きました。

対象者とのやり取りをHH様に報告し、今は待つべきという事をアドバイスさせて頂きました。

その結果復縁工作のご依頼を頂いてから1ヵ月半程で対象者からHHさんを食事に誘う事が数回あり、復縁を視野に入れた話しを2人で話すようになりました。

その後の2人の経過観察を暫くして温泉旅行に出掛けた事から復縁工作は成功となりました。

すれ違いカップルの関係を改善したいという復縁ケース
復縁工作依頼者の相談内容 依頼者:NY様(29歳:女性)【福島県】 対象者:33歳:男性【福島県】 契約内容:復縁工作/3ヶ月 着手金・成功報酬:80(税別)・16万円 2年弱お付き合いをされている彼氏と擦...

コメント