復縁屋Secret-Researchers

恋人に戻れなくてもせめて友人としては繋がっていたいというケース

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

マッチングアプリで出会った彼女と3ヶ月しか付き合っていないが本気で好きになって、時期尚早かとは思っていたが本気度を表す為にプロポーズをして彼女に引かれてしまいその日を境にどんどん対応が冷たくなって行き最終的には「あなたの気持ちは嬉しいけど重い」と言われ別れる事に。

IM様は謝り自分が悪かった事をしっかりと受け止め直すから考え直して欲しいと縋ってしまい、その言動からより彼女に引かれてしまった事を感じたそうです。

案の定別れた後に「元気?」などの様子窺いのメッセージは既読も付かず、今現在ブロックこそされていないものの返信はほぼ無く、友人関係にすら戻れないのかと自身の行動をとても後悔していました。

何とか彼女と復縁出来ないものかと、最悪友人関係としてでも彼女と連絡を取ったり会ったり出来ないものかと思い悩み、復縁屋という存在と復縁工作という方法を知ったとの事で、弊社、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談を頂き、復縁工作のご依頼を頂きました。

「友人関係になりたい」も定義は復縁です

協議を重ねていく中で、IM様の状況だと恋人としての復縁は難しく、復縁の定義、ゴールを友人関係に設定して行く事で話しを進めて行きました。

恋人関係から友人関係に立場が下がったとしても、今現在途切れた、または途切れ掛けている繋がりを繋ぎ直す事は復縁と定義付けられますのでIM様の場合も復縁と定義し、復縁工作という形で進めて行きました。

対象者の行動範囲や交友関係は狭く、友人として繋がる事が難しいと判断した弊社では、対象者が働く居酒屋にアルバイトとして工作員を潜入させて接点を作りました。

対象者のシフトを確認しながら極力被る様にシフトを組み、少しずつ関係性を構築して行き仕事の話しからプライベートの話しまで出来るような関係性になる事に成功し、恋愛相談をする形で対象者の恋愛事情を聞き出して行きました。

そんなやり取りを暫く続けていく中でIM様の話しを聞きだす事が出来、対象者が今IM様をどう思っているかが分かりました。

プロポーズをされた時に早すぎる事から面倒くさい、重いと感じる事になり、その日からどうやって別れようかを考え始めたとの事で、もう戻る気は無く友人としてでもいいからと縋られた時には完全に冷め切っていたそうです。

弊社ではその言葉を受け恋人としての復縁は難しいと判断し、友人の一人として関係性を維持して行く方向に心理誘導を掛けて行き、メッセージに返信をして安心させて上げた方が今後友人として付き合い易いという事を意識付けて行きました。

IM様にはメッセージ自体が長く、重くならないように心がけて頂き、適度な距離を、適切な距離を保つようにして頂き今の状態を維持していくよう努めて頂きました。

暫く様子を見て、友人の一人として工作員をIM様に紹介するという場面を作り、恋愛感情を持ち出さずその場を盛り上げる形で上手く立ち回って頂きました。

翌日対象者から「昨日は楽しかった、ありがとう」と、対象者発信のメッセージが届いた事で復縁工作は成功となりました。

振って後悔…別れた恋人との復縁に成功した事例
復縁工作依頼者の相談内容 依頼者:AK様(37歳:男性)【福島県】 対象者:31歳:女性【福島県】 契約内容:復縁工作/1.5ヶ月 着手金・成功報酬:90(税別)・18万円 ご自身で別れを告げたはずが、結局...

コメント