彼女に告げられた別れの理由に納得出来ず復縁工作で復縁したケース

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

また、依頼者・対象者・工作員の特定を避ける為工作内容及び個人情報については話の流れが変わらない程度に修正しておりますのでご了承ください。

半年前マッチングアプリが切っ掛けで出会った彼女と復縁したいというGH様からご相談を頂いたのはお二人が別れてから2ヶ月ほど経過した頃でした。

別れる切っ掛けになったのお金の貸し借りの問題で、お金を彼女に貸していた事から彼女がそれをプレッシャーに感じた様で、「このままじゃダメになる」という事を言われて別れ話になったとの事でした。

GH様は別れる理由が納得出来ず別れたくないという事を伝えていたのですが一方的にブロック・着信拒否をされてしまい現在音信不通との事で自分では復縁の方法は思いつかずネットで検索をしていたところ復縁屋、復縁工作というものを知り弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

相談、面談と重ねて行き復縁工作のご依頼を承りました。

追い詰められていく対象者の精神状態を救った依頼者の言葉

ご相談の段階で、今回のケースは二人で落ち着いて話が出来る状況になれば関係が改善するのではないかという事がありましたので、少しだけ時間を置いて接触をしていく方向で話を進めていきました。

対象者は実家住まいで、交友関係のも割りと狭く、時間を多少掛けていくという事からも先に対象者の友人と接触をしてその友人から対象者に繋げる様計画を立てました。

対象者の友人との接触は成功し関係性を作り対象者の所まで辿り着く事が出来ました。

そこから今度は対象者との関係性を深めて行きお互いの事を少しずつ話始め恋愛相談を持ち掛ける形で対象者の情報を聞き出していきました。

逆に対象者の相談を聞く事が出来GH様の話に触れ恋人ではあるものの知り合って間もない人にお金を借りてしまう自分が惨めで恥ずかしくてという事で別れる事を選んだと聞いたのですが、そうなるとブロックや着信拒否は返済の意思が無いという事にならないのか?相手が返済はしなくていいと言ってくれたからそれに甘んじてるっていうのは結局その方が惨めで恥ずかしい思いをするのでは?という事をソフトに伝えて行き、ひとまずブロックと着信拒否の解除をさせる事が出来ました。

プラスしてもしも対象者が言うように感じ気まずい思いをして居るなら少しずつでも返済して行く事を考えた方がいいという事も伝えGH様に連絡を取るべきだと促していきました。

これらの情報をGH様とは共有し、後日連絡があった際には一度会って話しをするという方向に誘導する為アドバイスを致しました。

それに復縁する為の一歩前の段階である二人で話をするという事が叶い、綿密な打ち合わせの後に対象者と直接会って頂き復縁に向けて最後のひと押しを自分自身で行って頂きました。

話し合いの末、復縁する事が決まりGH様の復縁工作のご依頼は無事に成功致しました。

自分の印象をがらりと変える事で復縁できた成功例
復縁したいという相談 依頼者:YM様(30歳:男性)【栃木県】 対象者:25歳:女性【栃木県】 契約内容:復縁工作/2ヶ月 着手金・成功報酬:80万円(税別)16万円 弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼...

コメント