復縁屋Secret-Researchers

偶然の再会を演出して復縁に導いた復縁工作の成功事例

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

7ヶ月ほど前に性格が合わない、価値観が違うという理由で彼女に振られ、その後自身で復縁しようと彼女にアプローチするも断られてしまい、「連絡しないで」と言われてもしブロックされたりしてたらどうしようと考えてしまい連絡が出来なくなってしまったというOY様。

どうしても彼女を忘れられないOY様は、復縁屋という存在を知り複数社に相談してその中の1社に依頼をされたそうですが2ヶ月経っても何も進展せず、報告があったのは本人を確認するための「この女性で間違いないですか?」という時の写真のみで、その後特に報告は無くOY様の方から問い合わせると「今やってますから」と言われるだけで特に何の対応も無かったそうです。

費用が極端に安かった事もあり、これ以上進まないんじゃないかと危惧して再び復縁屋を探し始めた際に弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂き、復縁工作の契約書を交わしました。

追いかける事が好きな人は追いかけられると引くという事

情報はある程度揃っていたのでその確認と接触場所の選定をしていきました。

対象者が仕事帰りに立ち寄るショッピングモール内にあるペットショップで接触する事になり無事成功。

少しずつ関係性の構築を進めて行き、動物の話しからプライベートの話しをするようになりカフェ、食事、お酒などと話しをし易い環境に持って行く事が出来お互いの恋愛事情についての話しが出来るまでになりました。

恋愛話をしている中でOY様の話しを聞き出す事が出来、現在の対象者の心境、本音を聞いていくと、元々対象者の方がOY様を好きになり交際が始まったのですが、徐々にその関係性が逆転し始めた事で少しずつ冷め始めたとの事。

対象者の恋愛観は追い掛けたいタイプで、追われると引いてしまうという傾向にありOY様の感情が高まり対象者に尽くすといった形で固まりつつあった時に楽しく無くなり価値観の違い、ズレを感じて別れる事を決めたという事でした。

その後のOY様からのアプローチがとても嫌で、自分が思い描いていた関係性や恋愛の形を打ち砕かれたという感覚になりしつこく連絡しないでくれと言ってしまったのだそうです。

工作員は恋愛は一人でするものじゃない、相手を思いやる事が必要だという事を説いて行き、具体的にここが嫌いだという部分が無いという事は単純に自分の思い通りにならないから切ったという事で、それは自分勝手過ぎるのでは?と正論と感情を交えながらOY様というのがどんな存在だったのか、年齢的にも安定した恋愛をしていく方が良いのでは?というような形で恋愛観を少しずつ変えて行き、少しずつ復縁の意識を植え付けて行きました。

タイミングを見て対象者とOY様が偶然を装って再会する形で進めて行き、お互いそれぞれ友人という体の工作員と食事をしている環境で鉢合わせさせ、会話が出来る様な状況に持って行き以前のOY様とは違って見えるよう演出して行き、居合わせた工作員も状況を上手くコントロールして場を盛り上げて行きました。

後日OY様から対象者を二人きりで話しがしたいと誘い、その時にOY様から復縁を申し出て対象者がそれを受け容れた事で復縁工作は無事成功し、その後少しの間二人のフォローを行い復縁工作を終了しました。

学生時代の元恋人との復縁を7年越しに叶えた復縁工作のケース
復縁工作依頼者の相談内容 依頼者:IR様(30歳:女性)【長野県】 対象者:30歳:男性【山梨県】 契約内容:復縁工作/3ヶ月 着手金・成功報酬:120万円(税別)・24万円 先日同窓会で学生時代の元彼と再...

コメント