復縁屋Secret-Researchers

不倫相手との復縁を成功させた復縁工作ケース

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

不倫相手と復縁したいというKN様。
KN様も不倫相手も既婚者で、いわゆるダブル不倫の状態でした。

不倫相手とは現在連絡が取れず、無理に会いに行く事も出来るがお互いの家庭を壊したい訳ではないので強硬手段に出る事が出来ず、だからといって諦められる訳ではないという事で探偵を探していたところ復縁屋というものがある事を知り、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談を頂きました。

KN様からのご相談に乗り、弊社で出来る復縁工作について話をさせて頂きご依頼を承りました。

偶然の再会を装って

自宅、職場、立ち寄り先など全ての情報がございましたので、そちらの確認を行い早速接触に入りました。

接触ポイントは対象者が経営するサパークラブで、そちらで工作員を接触させ関係性を構築して行きました。

対象者は客商売をしている事や経営をしているという事もあり人当たりが良く連絡先の交換やその後のコミニュケーションもかなり取り易く、関係性の構築も付き合い方ひとつで容易に進んで行きました。

付き合いを重ねていくと、必然的にプライベートの話がメインになり、お互いの家族の話やその他女性の話にもなりキャバクラ店や風俗店にも一緒に行く程関係性が深まり、対象者の悩みや愚痴を聞ける間柄になる事に成功致しました。

その中で不倫関係にあったという女性の話が度々出ており、今現在は関係を持っていないという事からKN様の事ではないかという憶測でしかありませんでしたが少しずつ情報を引き出していくとKN様の事で間違いないという事が分かりました。

対象者がKN様と連絡を取らなくなった理由は、KN様が対象者との関係にのめり込みそうになっていると感じた事からで、お互いの家庭への不可侵条約があったにも拘らず対象者の家庭の話をやたらと訊くようになったから危険を感じたという理由で関係を切った方がいいと考えての事でした。

相手にも家庭があるからそれは無いんじゃないかという言葉から入り、終わらせるにしろきちんと話をしておかないともしも対象者の言った通りに相手がその気になっていたとしたら今の状況の方が怖いし、家を知られているという事は対象者が居ない間に奥さんのところへ行くんじゃないか?と恐怖心を煽り、連絡を取る方向へ誘導して行きました。

所が対象者は高を括って大丈夫でしょと連絡ををしなかったのでどこかで鉢合わせにして話が出来る状況を作り出すという方向にシフトし、対象者の考え方を少しずつ変えていく事にしました。

お酒が入ると「あいつとの相性は良かった」と誇らしげに語る事からそうそう出会えるものじゃないと復縁を意識付けて行きました。

タイミングを見計らいたまたまゴルフの帰りに見つけた居酒屋でKN様と鉢合わせするようスタンバイして頂きお酒が程よく入ったところで再会させ、二人で話す時間を作り出しました。

その日を境にまた二人の逢瀬は再開し、無事復縁工作が成功致しました。

不倫関係にあった性欲が強過ぎる対象者との復縁が叶った復縁工作の成功事例
復縁工作依頼者の相談内容 依頼者様は復縁の可能性はあるかなど復縁方法について調べている内に復縁屋という業者がある事を知り復縁工作についての比較・検討をしている中で弊社、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂き復縁工作のご依頼を頂きまし...

コメント