モラハラが原因で別居中の妻を戻した復縁工作の成功事例

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

また、依頼者・対象者・工作員の特定を避ける為工作内容及び個人情報については話の流れが変わらない程度に修正しておりますのでご了承ください。

依頼者様のモラハラが原因で突然お子様を連れて出て行ってしまった対象者となる奥様と復縁したいという事でご相談を頂きました。

依頼者様はモラハラをしていたという自覚は無く、対象者が家を出て行ったあと対象者の母親から連絡があり家を出て行った理由を聞かされたそうで、1度対象者は実家に居ると考え対象者の実家を訪ねるも居留守を使われ本人だけでなくその家族にも会うことが叶いませんでした。

依頼者様は自分の悪いところは改めて対象者を受け入れる態勢を整えつつ、対象者と何とか連絡を取りたいという事で探偵を探し、復縁屋を知り弊社にもご相談を頂き復縁工作のご依頼を頂きました。

ゴールは話し合いの席に着ける復縁工作

調査は対象者の実家を張り、対象者の居所を割り出すという方法で行い対象者の現在の居場所を割り出す事が出来ました。

接触は対象者が子供を連れて散歩をする公園で、弊社も子供を連れた女性工作員を接触させ関係性を構築していき、散歩仲間として会話をする時間を作り出し様々な話を通して依頼者様の話を聞き出していきました。

工作員は離婚をしてシングルマザーという設定でしたのでその苦労などを聞かせつつ、離婚を回避出来るなら、まだ相手に改善の余地があり気持ちがあるのであれば、その溝が深まる前にアクションを起こした方がいいという話を伝えていきました。

対象者から得られた情報を依頼者様と共有して、復縁するための交渉についてのアドバイスをして連絡を取れる環境を作り対話の機会を作り出していきました。

実際に話し合いの機会が出来、復縁に向けての調整をサポートしながら対象者の方には復縁を意識付けていき、その結果対象者が自宅へ戻ることが決まり復縁工作は無事に成功致しました。

忙しさとストレスから別れを告げてしまった恋人を取り戻した復縁工作の成功事例
復縁工作依頼者の相談内容 弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シ...

コメント