風俗勤務がバレそうになり破局寸前!を乗り切った復縁工作の成功事例

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

また、依頼者・対象者・工作員の特定を避ける為工作内容及び個人情報については話の流れが変わらない程度に修正しておりますのでご了承ください。

お金遣いの荒さから影で何をしているのかを疑われて、依頼者様の仕事の事を知っている女性の友人が冗談で「パパ活してる」と伝えたところ本気で受け取ってしまい別れを切り出されているという状況で、仕事の事をバレずに復縁が出来ないかという事でご相談を頂きました。

普段からブランド品を衝動買いするなど中々派手に使っていた事に元々疑いを持たれていたそうで、以前それを訊ねられた際には「祖父が資産家で、亡くなった事で遺産相続で親にもお金が入り、お小遣いとして少し纏まったお金を貰った」と言い訳をしていました。

当然信用する訳は無く、その証明も出来ない事から疑念は払拭出来ていませんでした。

そこに友人の不用意な冗談でより疑念は深まり、ご自身では修復ができないと考えられたとの事でした。

面談時に疑念の払拭だけでは復縁に対して不十分であるとお伝えさせて頂き、合わせて今後の関係性についても触れ、依頼者様が対象者にお仕事に関しての理解を得ていかれる事で隠し事が減りますのでその方がいいのではないかという事もお話させて頂きました。

対象者と友人関係を築く復縁工作

契約を交わし調査へ入り、対象者が趣味でよく行く海釣りの際に接触して、釣りを通して複数回接触をして関係性を作って行きました。

カップル役の同世代の工作員を接触させ釣りをしながらお互いの話をしていく中で恋愛話に話題が触れ、依頼者様との別れ話を聞き出す事が出来ました。

何か犯罪をしているのではないか?という疑念とパパ活に関してはある程度の確信を抱いているという事でした。

この話を聞きながら彼女役の女性工作員が違うんじゃないかな?と、「彼女よりも彼女の友達の冗談を真に受けたの?」「カッコイイ男は~」という女性から見た目線でものを伝えて行き、対象者の依頼者への考え方を変えて行きました。

この際に収集した情報を依頼者様と共有して、どの様に対象者に接し、秘密を隠し誤魔化すかをアドバイスし、依頼者さまから対象者にアクションを取って頂きました。

それにより、対象者の「別れよう」という発言は撤回する事となり、風俗店勤務の事は露見する事無く関係を再構築していくという事になりましたので、復縁工作は無事に成功致しました。

バレていないと思った隠し事がバレていた…距離を空けたカップルの復縁ケース
復縁したいという相談 依頼者:SS様(27歳:女性)【千葉県柏市】 対象者:30歳:女性【千葉県柏市】 契約内容:復縁工作/3ヶ月 着手金・成功報酬:90万円(税別)・18万円 弊社で復縁工作のご契約を頂き...

コメント