相手を罵る最悪な別れからの復縁を果たした復縁工作の成功事例

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

また、依頼者・対象者・工作員の特定を避ける為工作内容及び個人情報については話の流れが変わらない程度に修正しておりますのでご了承ください。

彼女の浮気を疑い詰め寄った事で「器が小さい」と振られてしまった依頼者様からのご相談で、今回の対象者となる当時彼女に男性の影がないかという事と、居るなら別れさせて欲しい、居ないならそのまま復縁させて欲しいという事でご依頼を承りました。

別れる際に証拠もない浮気を疑い罵詈雑言を浴びせてしまい完全に嫌われてしまった状態で関係が切れてしまっている事から復縁に関しては相当にハードルが高い事が分かりますのでそちらに関してもご理解して頂き、復縁工作パックではなく調査と復縁工作に分けてご依頼を頂きました。

感情を揺さぶる復縁工作

調査では男性の影は見当たらず、交友関係を確認しても特別意識している異性というのは見受けられなかったことから復縁工作に着手致しました。

調査から判明したアルバイト先にお客さんとして工作員を潜入させ顔を覚えてもらい、対象者が友人と富士急ハイランドに遊びに行くという情報を入手致しましたのでその顔を覚えてもらった工作員を富士急ハイランドで偶然を装い会わせていき話し掛ける事で距離を詰め、再びアルバイト先で再会した際に就業時間間近だった事から「少しお茶でも」と誘い仲良くなる切っ掛けを作りました。

プライベートの時間に何度か話をする事で仲良くなっていき、雑談から恋愛事情に話が触れ元カレ(依頼者様)についても話が及びましたので掘り下げて行きました。

依頼者様からお話をお伺いしている通り印象としては最悪の状況であり、別れ際に浴びせられた罵詈雑言についても未だ怒りは冷めずという状況でした。

ですが、なぜそこまで怒っているのかといえば好きだった事の証であり、信用されていなかった事や好きだったからこそ受けたショックによる怒りだと対象者と接触している工作員は感じ取った為、大きく振れている感情に更に力を加え反転させるよう誘導していきました。

これは簡単にご説明すると対象者が依頼者様への愚痴や不満を訴えているものに対してそれを肯定し、依頼者様をなじることで「そこまで言わなくても」「そんなに酷くはない」などと心情的に依頼者様に寄せていくもので、その心理誘導が功を奏し心が反転し始めました。

ある程度の心の動きが出てきた所で今度は復縁を意識付けていき、様子を見ながら依頼者様と再会の機会を窺っていきました。

偶然を装って再会をする場所に選んだのは、付き合っていた頃二人に共通している好きなものにワインがあったので、それに合わせて甲府市のサドヤワイナリーで再会する事と致しました。

再会を果たすと不自然にならないように配慮しながら二人で話す時間を作り出し、弊社の方で依頼者様にアドバイスをした通りに話を進めて頂き、後日改めて二人は会う事となり、その際に復縁することが決まりました。

二人の関係を安定するまで見守り、復縁工作は成功として終了致しました。

偶然の再会を演出して復縁に導いた復縁工作の成功事例
復縁工作依頼者の相談内容 依頼者:OY様(43歳:男性)【山形県】 対象者:37歳:女性【山形県】 契約内容:復縁工作/4ヶ月 着手金・成功報酬:120万円(税別)・24万円 弊社で復縁工作のご契約を頂きま...

コメント