復縁屋Secret-Researchers

嫉妬深いと振られてしまったが対象者の捉え方を変えて復縁が成功したケース

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

当時彼氏と同じ職場で働いていたのですが、SK様が職場の女性の悪口を言っていたら「同僚の事を良く平気でそんな事言えるな」と言われてしまい、反省を言葉にしようとしてもそれよりも先に「私よりあの女の方が良いんだ」と嫉妬から悪態をついてしまい振られてしまったSK様からご相談を頂きました。

なぜ職場の女性の悪口を言ってしまったかというと、彼と仲良くしているところを見て嫉妬に駆られて彼の気持ちを少しでもその女性から離したくて悪口を吹き込んで極力近付かないようにさせようと思いその様な行動に出てしまったとの事でした。

彼に振られ、その原因になった同僚への悪口が周りに伝わってしまったらと考えると誰にも相談する事が出来ないという状況で、彼との復縁の方法を調べていたら復縁屋という探偵業者が居る事を知りいくつかの会社に相談をしていた事から弊社、復縁屋シークレットリサーチャーズにもお問い合わせを頂く運びとなりました。

このご相談を受け面談を行い、他社と比較したいとのご希望で一旦保留となりましたが、5日ほど経ち復縁工作の依頼をしたいという事で契約を致しました。

愛情の伝わり方を変えていく心理誘導

調査を開始し週末同僚と行くバッティングセンターで接触を図る事に致しました。

何度かそこで顔を合わせるうちに世間話をするようになり、徐々に友人関係を作っていく事に成功致しました。

同僚も含め複数人での付き合いが生まれ、バッティングセンター終わりに皆で飲みに行く様になり更に個々での繋がりも作る事に成功致しました。

対象者と個人的に飲みに行く様になり、お互いの愚痴や恋愛、下半身事情の話になりSK様の話を聞き出す事が出来対象者がSK様に対してどの様に感じているのかが分かりました。

SK様の面談時にお伺いしていた話で想像出来てたもので、「重い・嫉妬深い」というようにしか捉えていませんでした。

その感情を、重いではなく自分の気持ちが足りて無いからバランスが悪く感じる、嫉妬深いではなくそれほど深く愛されていて自分の行動が相手を心配させているんだなという捉え方に変えていくよう誘導して行きました。

その考え方が定着して来た頃に復縁を意識させていく事で、「どうしたらいいかな?」と対象者の方から相談が来たのでこれを好機と見た弊社では先ずは二人で話してみる事じゃないかと提案し、きちんと話をする機会を作るよう促して行きました。

対象者との話から得た情報についてはSK様と共有しておりますのでその情報を元にアドバイスを行い話し合いに臨んで頂きました。

その結果二人は復縁する事が決まり、弊社では二人の関係が落ち着くまでサポートを行い、安定した事が確認出来たので復縁工作は成功となり、復縁工作を終了致しました。

嫉妬を警戒されて距離をあけられたから、復縁したいというケース
復縁したいという相談 依頼者:MA様 40歳:女性【東京都八王子市】 対象者:43歳:男性【東京都立川市】 契約内容:復縁工作/2ヶ月 着手金・成功報酬:80万円(税別)・16万円 バツイチの彼氏と険悪な雰...

コメント