復縁屋Secret-Researchers

ケンカの仲直りに復縁工作を利用したケース

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

交際期間1年で、1ヶ月前に大ケンカをして以来音信不通の彼と仲直りしたいといFK様からご相談を頂きました。

喧嘩の理由は彼がFK様の部屋に遊びに来た時に、友人から誕生日プレゼントでもらった財布を彼が無造作に放り投げた事を咎めた事が切っ掛けで、最初に謝るのではなく開き直って逆切れのような形で食って掛かってきたので売り言葉に買い言葉で大ケンカに発展してしまったとの事でした。

FK様からすると自分から彼に歩み寄るのは何か違うと感じ、彼からの謝罪を待っていたのですが一向に連絡はなく、全く何を考えているのか分からないまま1ヶ月が経過してしまい、もしかして別れようとか考えているのではないかと不安になり、恋人の本音を探り出す方法などを検索していて復縁工作というものを知り復縁屋の存在を知り複数社に相談をされたそうです。

その内の1社が弊社、復縁屋シークレットリサーチャーズでした。
弊社とも話し合いを重ねて行き、相手の本音を聞きだす復縁工作を検討されて依頼を頂きました。

行動範囲の広い対象者との接触

FK様の選択肢は2つで、もしも対象者が別れる気がないなら謝って来るまで待つ、もしも別れてもいいと思っているのならFK様から別れを告げるというものでした。

弊社では対象者の調査を開始し、接触ポイントの選定をしていきましたが、特定の友人というのがおらず行きつけのお店の店員やそこの常連と顔見知りと言う程度で、基本的に行動範囲が広く近所のコンビ二以外は一度きりしか行かないといった、すこし変わった生活をされている方でした。

一人で旅行などにも行かれるので接触のタイミングを掴むのが少々難しいので調査に時間が掛かりました。

ある休みの日にふらっと出かけた他県のサウナ施設に調査員に同行していた工作員を接触させ、サウナやその土地についての話しをしながらお互いの出身地などのプライベートな話し会話が及び、家族、恋人についても話しを聞きだす事が出来ました。

得てして他人の方が何の先入観もなく話しが出来る事から誰にも言わない本音を語ったりするもので、それが地元から離れた旅先なら尚更の事で案の定FK様についての話しも聞き出す事が出来ました。

対象者には家族が居ない事から人との関わり方や愛情の表し方が分からないという所があり、FK様の事が好きだけど何でそんなに怒っているのか分からないというのが本音でした。

何に怒っているか分からないから謝る事が出来ず、以前にもケンカになって放置していたらFK様の方から連絡が来たので今回もFK様からの連絡を待っているという事でした。

この話しをFK様に伝えたところ、「じゃあ私から連絡しなきゃ」と対象者に連絡を取り、FK様は対象者と仲直りする事が出来ました。

この報告を以って復縁工作は成功とし、終了致しました。

ケンカ別れした彼女とよりを戻したいと復縁屋を利用した復縁工作の成功事例
復縁工作依頼者の相談内容 依頼者様は復縁の可能性はあるかなど復縁方法について調べている内に復縁屋という業者がある事を知り復縁工作についての比較・検討をしている中で弊社、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂き復縁工作のご依頼を頂きまし...

コメント