自身の不倫が原因で離婚した元夫と復縁したいという依頼者様の復縁工作成功事例

復縁工作の成功事例

復縁工作依頼者の相談内容

弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

また、依頼者・対象者・工作員の特定を避ける為工作内容及び個人情報については話の流れが変わらない程度に修正しておりますのでご了承ください。

1年前自身の不倫が原因で離婚に至った依頼者様元夫婦。

不倫相手とは離婚成立後に関係がガタガタになりすぐ別れてしまい、一人暮らしで過ごして来たとの事でしたが冷静になってみれば自分が離婚したいと考えた事がバカみたいで、後悔ばかりの毎日を過ごしていたそうです。

依頼者様の母親が病気で入院し、色々と考えることが多くなりこの先の人生について考えていた時に誰かが傍に居て欲しいと思い、元夫である対象者の事を考え始めたとの事でした。

今更どの面下げて…と中々相手に連絡が出来ないまま過ごしていた時に、今の状況を友人に相談したところ「元旦那が許してくれないでしょ、もし本気だったら1回連絡取ってみれば?諦めつくでしょ」と言われ連絡をしてみたのですが、知っていた番号は使われておらず気になって見に行った元自宅もすでに引き払われていました。

対象者の性格故、連絡が着けば復縁出来るのではと一人で勝手に盛り上がっていた事もありそのショックはとても大きいものでした。

連絡が取れないという事がとても気になり、気になり出したら何も手につかなくなってしまいどうすれば復縁出来るのかを調べる毎日で、復縁の為には今いるところが分からなければと探偵を利用する事を考えて復縁屋に行き着きました。

それから他の復縁屋に依頼をしたのですが居場所が分かったものの接触が上手くいかず、工作回数が上限に達してしまったため継続出来ずになってしまい、元々不信感を抱いていたこと、追加料金が掛かると言われたことで諦める事にしました。

ですが復縁の望みを捨てた訳ではないので、復縁工作を専門に行っている復縁屋に相談し、弊社にもご相談頂き復縁工作の契約書を交わしました。

少し背中を押すだけの復縁工作

他社の情報の確認を取ると、調べてきたという住所が出鱈目であることが分かりました。

中にはこのような悪質な業者がいる事から弊社でも自社で確認した情報しか採用致しません。

その為確認を行い今回の事が分かり、まずは現住所を特定し対象者の周辺環境を調べていきました。

その情報を基に対象者と対象者が仕事帰りに良く寄る飲食店で接触を致しました。

関係性の構築が出来ると、お互いの家庭の話になり嫁の不倫で離婚をしたという話を聞き出すことが出来、その話について掘り下げていくと今でも依頼者様(元奥様)の事を気に掛けていて、強制的に連絡が付かないようにしないと追いかけてしまいそうだったという事から連絡先を変え、引っ越しをしたそうです。

「もしも…」の話を伝えながら復縁についてを対象者に刷り込んでいき、依頼者様と偶然の再会を演出し、二人きりで話をする時間を作り復縁の切っ掛けを作りサポートして行きました。

二人で話し合うことによって復縁することが決まり、復縁工作は成功致しました。

妻がマッチングアプリを使って不倫をしている…でも離婚を回避したいというケース
復縁したいという依頼者様からの相談 依頼者:SH様(45歳:男性)【愛知県】 対象者:39歳:女性【愛知県】 契約内容:復縁工作/3ヶ月 着手金・成功報酬:120万円(税別)・24万円 弊社で復縁工作のご契...

コメント