自分で復縁をしようとして失敗し、着拒・ブロックされてしまったケース

復縁工作の成功事例

復縁したいという相談

弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂きました。

また、依頼者・対象者・工作員の特定を避ける為工作内容及び個人情報については話の流れが変わらない程度に修正しておりますのでご了承ください。

HY様からのご相談は、LINE、お電話にて対応させて頂きました。

交際期間7ヶ月、出会いはマッチングアプリでした。
基本的にデートはHY様の自宅で映画を見たりゲームをしたりというのが殆どで、外に出かけるというのは7ヶ月の交際期間の中で数える程度でした。

別れを告げられる少し前、「たまにはどっか行きたいな」と何回か言われていたのですが、HY様はコロナを理由にそれに応じず自宅デート中心で出かけても近所のファミレス、居酒屋くらいで彼女を満足させていると勘違いをしていました。

数日後いつものように「家に来なよ」と連絡を取った際に、LINEの返信で「別れよう」と言われてしまい、慌てて「会って話しをしよう」と提案するも無駄だと却下されてしまい「友だちでいましょう」というメッセージを最後にそれから3日ほど一切の返信も無く電話にも出てもらえませんでした。

その三日間に一方的な復縁の申し出、彼女からすると強要とも取れるようなメッセージを送ってしまい3日後に「もう友だちも無理だよね、もう怖いよ」というメッセージを最後にブロック・着拒されてしまった事からどうしていいか分からず復縁屋に行き着き弊社にご相談を頂きました。

対象者の頑なな感情を心理誘導で解いていく

HY様と話し合いの末契約をして調査に着手する事になりました。
対象となる元カノについて調査を開始し、接触ポイントを探っていき、判明したポイントは対象者が働いているイベントスタッフのアルバイト先に工作員を投入し接触をしていきました。

イベントスタッフのアルバイトでは対象者と交流出来る時間が多く関係性はすぐに作る事が出来、ある程度話しが出来るようになるまでそんなに時間は掛かりませんでした。

対象者とアルバイトの時間だけでなくプライベートでも会う様になり、ガールズトークの定番である恋愛事情についても話しをし、マッチングアプリの事、HY様の事についても言及がありましたので掘り下げていきました。

対象者が別れを告げた理由の大部分を占めていたのは単純につまらないという事でした。
マッチングアプリのプロフィールには自分と似た趣味などが記載されていたのでこの人ならと思い会ってみて、いいなと思って付き合ったけど全然違ったと思い愛想を尽かしてしまったというものでした。
その後顔はまあまあタイプだったと言う事があったのでその友だちとしている分にはいいのかなと思いそう告げたものの連絡がしつこく重いものだったのでもう駄目かと考え一切を遮断したとの事でした。

その話しを元にHY様と協議をしてどの様にアプローチしていくかを調整し、工作員は対象者に対し印象のすり替えを行っていき復縁を意識付けていきました。

両方向からの工作により、先ずは対象者にブロックを解除させHY様にメッセージを送るよう促し二人は一度会う事になりました。
弊社でアドバイスさせて頂いた通りに対応して頂き、今後のHY様の行動も変えて行って頂く形でアプローチをして頂き復縁は無事成功致しました。

二人の復縁が決まってから、暫くその後の言動を見守り、安定してきた事が確認出来ましたので復縁工作成功とし、終了致しました。

結婚アピールが重いと振られた彼女が彼を取り戻したケース
復縁工作依頼者の相談内容 依頼者:SK様(25歳:女性)【東京都三鷹市】 対象者:24歳:男性【東京都三鷹市】 契約内容:復縁工作/2ヶ月 着手金・成功報酬:100万円(税別)・20万円 弊社で復縁工作のご...

コメント