恋愛探偵社Secret-Researchers

薬物依存症と浮気依存症は似てる!?

別れさせ

人気女優沢尻エリカ容疑者(33)が16日、合成麻薬MDMAを所持したとして、麻薬取締法違反の疑いで緊急逮捕されました。

大河ドラマの出演も決まっていた人気女優の逮捕に世間は驚かされたのではないでしょうか?

最近、大物芸能人や著名人の薬物逮捕が相次いでいます。

今年3月にはピエール瀧(52)が麻薬取締法違反容疑で、5月には元KAT-TUN田口淳之介(33)が大麻取締法違反容疑で摘発されました。

その背景には常に不安を抱える芸能人特有の心理が関係しているようです。

元タレント田代まさし容疑者に至っては今月6日、覚せい剤取締法違反容疑で捕まり、薬物では5回目の逮捕となりました。

田代まさし容疑者はYou Tubeなどの動画サイトで自身の更生している姿を披露していたにも関わらず、今回の逮捕となりました。

残念ながら彼は薬物依存から抜け出せなかったようですね。

一度だけのつもりでも、気がつくと薬物依存症になってしまうことがあります。

また一度やめても、田代容疑者の様に、また手を出してしまうこともあります。

ですから、クスリをやめた後も、二度とやらないという強い気持ちが必要です。

ハマるとコワイ薬物依存症というものに似ているものがあります。

■それは『浮気依存症』です。

浮気は麻薬のように中毒性があります。

麻薬から抜け出すのが難しいように浮気から抜け出すのも大変なのです。

麻薬は一度してしまうと、中毒的にまたしたいと思ってしまうことはよく知られた話です。

他にも、アルコール中毒やタバコなんかも、中毒性があるものとして話題に出てきます。

これらの中毒は、体が欲するために、理性では抑えられないような状況に陥ってしまうことをいいます。

一方浮気ですが、浮気は体が欲するというよりも精神的に浮気相手に依存してしまったり、浮気しているスリルに快感を感じてまた浮気をしたいと思っまてしまったりするようです。

依存に陥ってしまう人の心の中には、何らかの弱さがあります。

寂しさプレッシャー自己否定感無価値感罪悪感抑うつ気分、これらの、感じたくない気持ちを一時的に紛らわすために、なんとなく手を出した依存物質。

気軽にためしてみたら、思いのほか気持ちが晴れて、こんなに簡単に楽になれるんだ!と快感を得てしまう。

すると次にまた嫌な気分が襲ってきたら、よし!あれをしよう!と、また依存物質に手を出してしまう。

これを続けているうちに、依存物質がないといてもたってもいられなくなってしまいます。

もう依存物質がないと生きていけないような感覚に陥り、本人もやばいと思って止めようと思うものの、どうしてもやめられない。

なぜなら、それをしている間だけは、現実を考えなくてもいいし、その瞬間だけは楽になれるから。

浮気や不倫行為も同じような流れで依存状態になっていきます。

浮気や不倫行為も薬物依存と同じように、辛い感情を紛らわすために、軽い気持ちで手を出すというのが大抵のきっかけです。

浮気相手が超魅力的だったからでもなく、ふたりに本物の愛があったからでもないのです。

相手とは、本人の心の弱さを紛らわせるために利用される、クスリと同じ存在です。

あなたのパートナーが訳の分からない人に変わってしまったのも、普段真面目なのにクスリで豹変して乱闘騒ぎを起こし警察沙汰になる薬物依存症の人と似ていると思いませんか?

浮気や不倫をやめさせたいのなら、依存症から抜け出してあげる手助けをしてあげましょうね。

浮気や不倫を一度始めてしまうと、簡単には抜け出すことができません。

まずは、自分がどうにかできないか行動してみましょう。

それでもどうにもならない場合は、本当に信頼できる人に相談して助けてもらうと良いですよ。

そしてパートナーの浮気をやめさせたい!!と本気でお考えの方は別れさせ屋シークレットリサーチャーズ別れさせ工作をご利用ください。

浮気依存症をやめさせるには、まずその相手との関係を絶つところから始めなければなりません。

浮気依存症は精神的な繋がりを求めていることがありますので、あなたがパートナーの心の隙間を埋めてあげることで浮気依存から抜け出すことができます。

そして、別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、別れさせ工作からその後の二人の関係修復においてもアドバイスしていきます。

そうすることで再び浮気に走ってしまうことを阻止できますよ。

本気で浮気をやめさせたいという方は、まず無料相談窓口までお問い合わせください。

コメント