恋愛探偵社Secret-Researchers

知らない人に付きまとわれている。身の恐怖を感じるストーカー行為!

別れさせ

いつも何処からとなく視線を感じたり、誰かに行動を監視されたりと思った事はありますか?

しかし『そんな事を誰がするのか?』思い当たる節が無ければ、自分の気のせいかと言い聞かせたりします。

また周りに居る人に相談した所で『気のせいだよ。』・『勘違いだよ。』と言われれば、『やっぱり気のせいかな??』と…。

しかしながら『人に見られている』と言うのは、決して勘違いなんかではありません。

人間の視線察知能力とは、決して侮れない能力なのです。

相手が強い意識の基に、あなたに対して視線を送る事で、本能的に察知する能力があるのです。

ですから、あなたが感じ取った『何処からとなく視線を感じたり、誰かに行動を監視されたり』とは決して勘違いではないのです。

では、誰なのか…???

相手が特定出来ていないって、凄い恐怖心を感じてしまいます。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズにも、同様なご相談を頂く事が多々あります。

そこで、別れさせ屋がこの様な事案の場合、何が出来るのかお伝えして行きます。

■まずは対象者を特定する事!

あなた自身が相手を知らなくとも、ストーカー行為をしている相手があなたの事を良く知っている可能性は大です。

まず誰に監視され付きまとわれているかわからないと、どの様に対処して行けば良いのかわかりません。

どんな時に視線を感じたりするのか、またどんな時に付きまとわれているのかを、まず確認する必要があります。

何度かあなたの行動を離れた位置から、弊社で監視をさせて頂きます。

そこであなたに対して監視・付きまとい行為をしている人物を探し出しのです。

ストーカーは、自分自身が監視をされているとは思っていないので警戒心が薄れており、こちら側から見たらすぐに見つけ出す事が出来るのです。

これは人間の一種の心理で、自分が相手にやっている行為が、自分がやられるとは思わないからなのです。

ストーカー行為をしている相手が見つかれば、後はストーカーが誰なのか?を判明させます。

ストーカーを判明させたら、次にやる事はストーカー行為をやめさせる事です。

■ストーカーを撃退するには?

あなたに対してストーカー行為をしていた人物が、あなたの知っている人物だったのか、それとも全く知らない人物だったのか、それによって今後の対処方法が変わってきます。

付きまといの証拠を持って、警察に被害届を出しスターカーに対して、接見禁止命令を出してもらうのも1つの対処法です。

大体のストーカーは警察から注意を受ける事によって、付きまとい行為をやめますが、しかし警察に対処してもらった事に対して、スターカーから逆恨みをされる可能性は、0%とは言い切れないのです。

過去にも警察に被害届を出した事によって逆恨みをされ、大きな事件に発展しまった事も多々あります。

相手を刺激せずにストーカー行為を止めさせるには、別れさせ屋シークレットリサーチャーズ別れさせ工作が有効となってくるのです。

ただ闇雲にストーカー行為を止めるよう様に忠告すれば、相手が逆上すれば意味がありません。

この様なケースでは、相手の行動調査から相手の状況を調べた後、別れさせ工作を仕掛けて行く事が重要となります。

別れさせ工作には様々な方法があり、その対象者に合った方法を用いないと、失敗を引き起こしてしまい、取り返しのつかない事になってしまいます。

そうならない為にも別れさせ工作の実績がある、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにお任せ下さい!

ここには掲載していないブログがありますので、下記のブログも参考にしてみて下さいね!

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズのアメブロ 

 

コメント