彼女が元カレと切れていなかった事が切っ掛けで別れてしまったケースの復縁工作成功事例

復縁工作の成功事例
復縁工作依頼者29歳/男性/塗装業東京都台東区
復縁対象者元彼女/26歳/女性/フリーター東京都足立区
契約内容復縁工作+復縁アドバイス3カ月
着手金/成功報酬90万円/18万円(税別)

依頼者様がよく行っていた飲食店に、たまたま飲みに来た今回対象者となる元彼女と意気投合し、一緒に遊ぶうちに交際関係に発展しました。

依頼者様は順調と思っていた交際も、実は最初から彼女が元カレと関係が切れていない事が判明して話し合いの機会を持つ事に。
※復縁工作成功事例参考記事:浮気されて別れた彼女の職場に工作員を潜入させた復縁工作の成功事例

依頼者様は彼女に対して『元カレとちゃんと関係を切るんだったら今回の事は無かった事にするよ』と伝えたところ彼女は『すぐには切れないよ。じゃあ私たちはお終いだね』と逆に彼女の方から別れを告げられてしまい、慌てた依頼者様は『分かったよ、じゃあ元カレの事は時間が掛かっても切ってくれるんだよね?なら我慢するよ』と伝えましたが彼女は『私がそれじゃ気が済まないから別れよう』と、結局別れる事になりました。

その後も依頼者様は元彼女に『元気?』『元カレとはどうなった?』などとLINEを送るも全て既読スルーで、二人が出会った飲食店にも暫く来ていない様でした。

元彼女との接点が無くなってしまった事からどうすれば元彼女の近況を知り、あわよくば復縁出来なかを探している中で復縁屋を知り、複数の復縁屋へ問い合わせる中で弊社復縁屋SRにご相談頂きました。

相談内容を確認して行き依頼者様本人が元彼女の近況を知りたいだけなのか、それとも復縁工作を利用して復縁をしたいのかを考えて頂き、ご検討頂きました。

依頼者様から数日後再びご連絡を頂き、面談をご希望されたので弊社のカウンセリングルームまでおいで頂きました。

面談の際弊社で出来る復縁工作の方法と、復縁工作に掛かる費用についてお伝えしご検討頂きましたところ弊社に復縁工作を依頼したいという事でしたので、契約書類を作成し復縁工作のスケジュールを打ち合わせて行きました。

対象者の調査を行い、依頼者様と別れる原因となった元カレの存在を確認しようと調査をしていましたが特定の男性と二人きりで会う事は無く、中々その存在を確認するに至らなかったことから対象者との接触をして直接聞き出して行く方法で復縁工作を進めて行きました。

対象者との接触場所は、対象者が時々友人の働く個人経営の飲食店でアルバイトをしていた事からその飲食店にお客さんとして復縁屋工作員を通わせました。

何度か通う内に復縁屋工作員の顔を覚えさせることが出来、雑談も交わすようになりその中で同世代である事や好きなアーティストが同じという共通点を作り仲良くなっていきました。

また、復縁屋工作員は対象者の様子や接触してからの対象者のキャラクターを見定めてストレートに『少し前にこっちに越してきて友達が全然いないんだよね。もしよかったら友達になってよ』と伝えたところ『喜んで!』と快く受け容れてくれました。

連絡先の交換をし、猫好きという共通点もある事から猫カフェに遊びに行く事になりました。

その道中や猫カフェなどでもお互いの環境や性格などを知って行き、関係性を深めて行きました。

対象者との交流する時間が増えお互いの話をして行く中で恋愛話に話題が触れ、依頼者様の話や依頼者様と分かれる切っ掛けとなった元カレについて聞き出す事に成功し、話を掘り下げて行きました。

依頼者様と別れる切っ掛けとなった元カレについては、今現在もLINEのやり取りは続いているとの事で、この関係性もしっかり清算しなければならないという事は分かっていて、でも付き合いが長かった事もあって切る事が出来ないという情が湧いているという状況でした。

しかし対象者は元カレを忘れられないのと同時に新しい恋に踏み切りたいという考えもあり、徐々に元カレからフェードアウトして行こうと考えている様で現在の様な関係性になっていました。

そこで復縁屋工作員は対象者の話を聞きながら『もしも私だったら…』というかたちで対象者が幸せになれる道を示して行き、対象者の反応を見ながら『YES』と言わせるような質問を投げ掛けて対象者の心理を誘導して行きました。

また、対象者にはもう一つ本音があり、依頼者様についても申し訳ないという気持ちや不完全燃焼といった感情を抱いていたので、その部分を煽りながら対象者が元カレを吹っ切る為に取れる行動のひとつとして依頼者様との復縁というものが考えられるのではないかという話を伝えて行き、『忘れる為に復縁』という方向で復縁を意識付けて行きました。

対象者に復縁を十分に意識させることが出来た段階で依頼者様からそれとなく様子伺いのメッセージを復縁屋工作員が対象者と居る時にあえて送って頂き、対象者がそれを復縁屋工作員に報告し易い状況を作りました。

想定通りメッセージが来たことを復縁屋工作員に告げた事で『相手も気になってるんだね。すぐにとは言わないけど少しやり取りしてみれば?それでやっぱりだめって思ったらそっちの人も切ればいいんだろうし。気を遣うのはいい事だけどあなた自身が幸せじゃないと意味が無いでしょ?』と依頼者様とのやり取りを促して行きました。

復縁屋工作員が促したことで依頼者様と対象者のやり取りが始まり、依頼者様には弊社の方からアドバイスをして行き、復縁に向けて誘導するようにして行きました。

直接やり取りをしている裏で、復縁屋工作員は対象者に心理誘導を行っていき復縁を加速させていきました。

対象者は依頼者様とのやり取りを通して復縁を決め、依頼者様と会う事を決め二人は再会する事になりました。

復縁工作が成功し、二人の再会が叶い復縁する事が出来ました。

復縁屋とは?
復縁屋とは、依頼者様の大切な方(対象者)との復縁をサポートする為に対象者に工作員を接触させる依頼を請けます。 復縁屋が提供する復縁工作というサービスは工作員、調査員が対象者に接触して依頼者様と対象者の縁を取り持つ様々な方法を用います。 ...
復縁工作とは?
復縁屋SRの復縁工作とは、依頼者様が復縁したいとするお相手(対象者)に復縁屋工作員を接触させて本音や別れに至った本当の原因を聞き出しどうすればその原因を取り除く、または軽減させることが出来るかを見付け出して依頼者様、対象者間の問題を...
復縁工作関連の費用
復縁屋を利用する際に掛かる費用は依頼者様それぞれや復縁屋各社で異なります。 依頼者様側から考えればその費用対効果はいかほどかという所が気になるポイントになりますので復縁屋各社の復縁成功率、復縁工作の方法、復縁工作の費用については十分に...
復縁工作の方法とは?
依頼者様からご指定頂いた復縁対象者への接触、仲良くなる為の関係性の構築、対象者に復縁を意識付ける心理誘導、復縁成功の切っ掛けとなる再会方法、これら一連の流れを復縁工作と呼び、復縁屋工作員が対象者に接触する事を復縁工作と定義されています。 ...
成功率の高い復縁工作を提供できる理由
復縁工作をご依頼、ご検討頂いてる方にとって「復縁工作は有効なのか?その成功率はどのくらいあるのか?」という事が最も懸念される点である事は弊社復縁屋SRの方に寄せられたご依頼やご相談から実体験として体感している部分になります。 復縁屋各...
復縁屋の工作員の役割とは?
復縁屋の工作員の役割というのは依頼者様の復縁したいとする相手(対象者)と接触し、対象者の心理を聞き出し依頼者様との復縁を直接的に誘導していく実行部隊になります。 工作員というのは普通の探偵社にはない役割で、復縁屋独自の人材となることか...
復縁工作は魔法の工作ではありません
復縁屋SRではよく依頼者様から『心が離れた相手と復縁する事は可能なのでしょうか?』とご質問を頂くのですが、答えとしては『YES』ですが、ここでハッキリさせておきたいのが、全ての復縁が『YES』ではありません。 復縁屋SRで行う復縁工作...
別れから結婚に至った復縁工作の成功事例集
弊社で復縁工作のご契約を頂きました依頼者様は、復縁の可能性はあるかや復縁方法について調べている内に復縁屋に行き着き、復縁工作の成功率や復縁方法について復縁屋ごとに比較・検討し、復縁屋選びをしている中で弊社復縁屋SRにご相談頂きました。 ま...
復縁屋SRの復縁工作が成功した事例をご紹介致します
復縁屋SRで行いました復縁工作の成功事例をまとめたものを掲載させて頂きます。復縁工作はどうしても復縁したい、どうやって復縁していいか分からない、自分で復縁を試みたが失敗してしまったなどという方の多くが求める復縁の為の方法になり、復縁工作の内
初めて復縁屋を探してる方へ選び方を間違えない為の参考に
復縁屋を探している方は復縁屋に依頼して復縁を成功させたいとお考えかと思います。 でも復縁屋を選ぶにしても今迄に復縁屋に頼った事もないし、どんな復縁屋を選べば良いかも分からない…そんな悩みを抱えていませんか? 復縁したいのに復縁以...
有料復縁アドバイス
復縁屋を利用してまで復縁したいと考える相談者様からご相談を頂く中で、 「こんな時どうすればいいのだろう?」 というご相談が多くあり、弊社復縁屋SRでも無料相談にて対応させて頂いておりますが、より専門的な話やピンポイントでのアドバ...
復縁屋の面談って何をするのか?
復縁屋SRでは「復縁したい」というご相談に対して、復縁の可能性があり弊社で復縁の協力をする事で復縁の可能性を上昇させる事が出来ると判断した場合には、その復縁方法についての詳細なご説明やそれに伴う費用についてもおおよその概算や平均費用ではなく...

コメント