恋愛探偵社Secret-Researchers

子供とその恋人の交際に反対!別れさせるには?

別れさせ

親としては我が子の恋愛事情に、口を挟みたくなるものです。

その交際相手が、子供の将来に悪影響をもたらす、相手だった場合どうしますか?

親としたら、相手とは別れて本当に相応しい相手と付き合ってもらいたいと思うのが、子供の将来を守るのは親の務めではないでしょうか?

そこで、今回はそんな親御さんの為に『子供と恋人を別れさせる方法』についてお話致します。

是非参考にしてみて下さいね。

子供の恋人がこんなタイプだったら気をつけて!

次の中から、子供の交際相手が当て嵌まるようでしたら要注意です

・挨拶が出来ない

恋人の親に挨拶も出来ない人に、マトモな人間はいません。

緊張していたとしても、自分の好きな人の親に挨拶するのは礼儀です。

こんな当たり前の事が出来ないタイプには、気を付けた方が良いでしょう。

・無愛想で態度が悪い

無愛想で態度が悪いなんて、もってのほかですね。

まず、好意を抱く事は出来ません。

こんな相手が結婚相手になってしまったら、こちらが子供の結婚相手に、一生気を遣って過ごす事になってしまいます。

・金遣いが荒い

高級ブランドばかり身にまとっていたり、デート先が高級レストランだったり…、恋人にプレゼントばかり渡していたり…、明らからに我が子が背伸びをして付き合っている相手も、気をつけなければなりません。

結婚したら夫婦は苦楽を共にするのです。

こんな相手では結婚生活は苦労をするでしょう。

・我が子に対して横柄な態度

親の前ではニコニコ感じ良くしていても、恋人である我が子に対しては、横柄な態度を取る人がいます。

いくら取り繕っていても、ふとした瞬間ボロが出るときがあります。

注意して観察をしてみて下さい。

もし、子供に横柄な態度を取る相手だった場合、普段から、自分たちの目の届かない所で、DVやモラハラ受けているかも知れません。

いったいこの人のどこを好きになったのか!?』とため息が出るような悪い相手ですね。

子供が連れてきた相手がこのようなタイプだったら、気をつけなければなりません。

子供の結婚相手には明るくて、愛想が良くて、優しい人に来てもらいたいと願うのが親心です。

結婚は本人同士の問題とは言え、親である限り付き合いは必要です。

それに何より、大切に育てた我が子…。

こんな相手と結婚させる為に育てたのではありません!

■子供を正しい道へ導くには『別れさせ工作』を利用しよう!

いくら親の目から見て、交際にふさわしくない相手でも、惚れた本人が好きなままでは、別れに至る事はありません。

親がいくら言っても、耳を傾けないのが子供です。

それに親が言えば言うほど、付き合いをやめない場合が多いのです。

もしも、力づくで別れさせれたとしても、復縁してしまう可能性はかなり高いのです。

本人が『別れたい』と心から思えなければ、根本的な解決にはならないとい事です。

強制的に別れさせる事は、意味がないと分かっていても、それでもどうしても黙ってみていられない!と言う場合、ひとつだけ有効的な方法があります。

それは『別れさせ工作』を利用する事です。

基本的に恋人同士は『恋愛感情+信頼関係』で成り立っています。

その信頼を裏切られた時『好き』から『嫌い』へと変わるのです。

別れさせ工作では、恋人への気持ちが冷めるよう交際相手に落ち度を作ります。

2人を繋いでいる1番の絆は何なのか??を調査し、工作員がその絆にヒビを入れるのです。

そうする事で自然と信頼関係は無くなり、好きな気持ちは薄れていきます。

そして、子ども自身自ら別れを選択して行きます。

このように、別れさせ工作では無理矢理別れさせるのではなく、納得して本人自ら別れを選ぶよう工作を行いますので、別れた後復縁する可能性も低くなりますし、親子関係に亀裂が入る事もありません。

むしろ、そんな時親が子供の1番の味方になってあげれば、さらに良好な親子関係を築けます。

子供の幸せの為にも『別れさせ工作』を考えてみては如何でしょうか?

親が子供の恋愛に口を出すのは、おかしな事なのではないか?と思ってしまうかもしれませんが、放っておけば子供の不幸せを招く恐れもあります。

そうなる前に対処すべきです。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、親が子の交際に反対していて『別れさせて欲しい』とよくご相談・ご依頼を頂きます。

無料相談窓口を設けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

コメント