恋愛探偵社Secret-Researchers

奥さんと別れて一緒になってくれると言ったのに…

別れさせ

相手に妻子がいる方と不倫関係になってしまったケースでよくある事で、最初は相手に妻子が居るから深みにハマらないで、割り切った関係でと思っていても、不倫関係が続けばどうしても相手に対して情が入ってしまい、本気になってしまうモノなのです。

また不倫関係を作り出すのに男性側の常套句として妻との関係は冷え切っている』・『離婚を考えているから一緒にならないか?などのセリフをよく聞くのですが、本当にそのような方って割合的に結構少なく、男性としてはこの常套句を使う事で相手の女性に関心を惹かせ関係を持とうとします。

最近で言えば、女優の鈴木杏樹さんの不倫報道がありましたが、相手の男性から“妻とは別れるから”と伝えられたと言われていますが、この言葉がどこまで本気だったのかは男性側しかわかりません。

しかしこの言葉を真に受けてしまって、今回の一連の流れになったのは間違いないでしょう。

これは一般的にも同じ事が言える訳です。

関係が続けば続くほどいつになったら奥さんと離婚をしてくれるの?と疑問を感じたりします。

その疑問を男性に問い質すと今離婚に向けてちゃんと話をしている最中だから』・『離婚の条件がまだちゃんと折り合わないからなど話を濁すばかりで一向に離婚に向けて動いているように感じないのです。

ここで関係を関係を切る事も出来るはずなのですが、女性としては愛してしまった男性の言葉を信じるしかありません。

一向に話が進まず、何とかして早く2人を別れさせたいと、女性側から別れさせ屋シークレットリサーチャーズに、男性と奥さんの別れさせ工作のご相談を頂く事がよくあります。

婚姻関係にある夫婦で、本当に離婚話が出ているケースであれば、ちょっとしたキッカケを与えてあげるだけで離婚話は急速に進む事があり、離婚になった後に一緒になれるかも知れません。

しかしながら、このような不倫関係のご依頼で多いのは、男性側の言葉に偽りが多い事です。

妻との関係は冷え切っていると聞いていたのに、実際は調査をしてみて、夫婦の関係は非常に良好で中には、奥さんが妊娠をしていたケースもあるのです。

奥さんとは夫婦の関係はもう長い事ないと言いながらも、奥さんが妊娠しているとなれば、その言葉は嘘ですし、自分とのセックスを楽しみながら奥さんともしっかりとセックスをしていたのです。

また不倫期間中に妊娠をしてしまい今子供が出来たとなれば離婚話に支障をきたすと言われ、泣く泣く中絶をされた方も居れば、避妊したくないからピルを飲めと言われて方も居ます。

そんな事を言われても、将来一緒になれると信じて自分だけ辛い想いをしたのに、実は夫婦関係が良好だったなんて許せる話ではありませんよね??

実際は裏切られていたんです…。

最初は別れさせて一緒になろうと依頼をされたけど、本当の姿を見て一緒になろうなんて気持ちは無くなるはずです。

ここで今まで押さえつけていた辛い気持ちが、夫婦を別れさせる気持ちから、男性側に復讐したいと気持ちに切り替わるのです。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは特殊工作として、お客様の気持ちを晴らす事もお受けしております。

コメント