恋愛探偵社Secret-Researchers

夫婦喧嘩も時には必要?!

自己改善

大好きで結婚したのに、いつの間にかイライラの元凶となっている夫。

一緒に暮らしていると、靴下の脱ぎ方から子育てのことまで、価値観の違いからぶつかることもしばしば。

これまで別々に生きてきた者同士、多少の衝突は仕方ないのかもしれません。

しかし、できれば喧嘩なんてせず、穏やかな気持ちで日々を過ごしたい!

でも、ちょっと待ってください!

実は夫婦喧嘩ができることって健全な夫婦の証だそうですよ。

夫婦が添い遂げるには、ちょっとした夫婦喧嘩も必要なのかもしれません。

パートナーへ不満を感じたら、次の点に注意して、こじれない有意義な喧嘩をしてみましょう♪

○喧嘩に勝とうとしないこと

そもそも夫婦喧嘩の目的は、相手をたたきのめすことではなく、その先にある相互理解です。

それでも、喧嘩をしているとどうしても相手を打ち負かしたくなります。白黒つけたくなる。

でも、よく考えてみてください。

夫婦はそもそも運命共同体なんですから、白黒つけたところでどちらも得をしないわけです。

喧嘩に勝って、一瞬の優越感を感じたところで、後に待っているのはいつ終わるかわからない沈黙という気まずい仕返しだったりするわけです。

喧嘩は勝負ではないということを頭に入れておきましょうね。

○不満点を冷静に伝えて自分の意見を押し付けない

妻がヒステリックに泣いたり叫んだりしてしまうと、夫は困惑します。

そうなると怒りの原因が伝わらないままとにかく謝っておこうと平謝りされて終わってしまうこともあります。何が不満でどうしてほしいのか、わかりやすく話しましょう。

そして、言いたいことを冷静に伝えられたら相手の意見も聞くこと。

一方的に怒りを伝えるだけでは相手もストレスがたまり、関係が悪化してしまいます。

○仲直りするまでが夫婦喧嘩

喧嘩をしっぱなしにしてはいけません。

喧嘩を始めたら、必ず仲直りすること!

小学生のとき遠足に行くと、よく校長先生が、『おうちに帰るまでが遠足ですというスピーチをしてくれたと思います。

それと同じです。

それがいちばん難しいんじゃない!と言いたくなるかもしれませんが、そんなことはありません。

夫婦喧嘩を早く終わらせるためには無理にまとめようとしないという姿勢が大切です。

一つ目でお話ししましたが、喧嘩をすると『じゃ、どこを落としどころにしよう喧嘩の成果がほしくなってしまいます。要するに喧嘩に勝とうとしてしまうのです。

しかし、お互いに納得するような結論を、短期間の感情的な言い合いの中で見つけることなんて、そもそもほとんど不可能なのです。

喧嘩に勝敗をつけて話をまとめようとするから、いつまでたっても喧嘩が終わらないのです。無理にまとめようとするから余計に話がこじれてしまいます。

それでは元々の喧嘩の原因すら分からなくなってしまいますよね。

白黒ハッキリつけたい気持ちも分かりますが、良い意味で流せるようになれば夫婦喧嘩から最悪な結果を生むことはなくなります。

いかがでしたか?

ムカッときたら、喧嘩というよりは話し合いに近いスタンスで臨むのが正しいようです。

もちろん、喧嘩のあとは気持ちを切り替えてちゃんと仲直りしてくださいね。

仲直りするまでが夫婦喧嘩ですよ!

一緒に暮らしていれば、相手の悪いところや嫌なところが見えてくるのは仕方がないことです。

しかし、夫婦喧嘩をただのうっぷん晴らしとして捉えるか、コミュニケーションの一環として捉えるかによって、夫婦の関係は大きく変化します。

どんなときも相手に対する尊敬の念を忘れずに、有意義な夫婦喧嘩でステキな関係を築いていきましょう!

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは様々な恋愛相談を承っております。

今回お話した、有意義な夫婦喧嘩は二人の関係を深くもするコミュニケーション方法であり、浮気防止にも繋がります。

喧嘩ばかりで相手の気持ちが離れてしまうのではないか?と、お悩みの方は有意義な夫婦喧嘩というものを参考にしてみてはいかがですか?夫婦関係の修復浮気調査などのご相談は恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズまで!

まずは無料相談からどうぞ。