恋愛探偵社Secret-Researchers

喧嘩をした後の仲直りに効果的な方法を

復縁

酷いケンカをした後は、仲直りするのが難しいこともありませんか?

お互いに同意してケンカが終わっていても、なんだか気まづい雰囲気になったり、遺恨が残ることもあります。

恋愛の場合、再びロマンチックなムードになるのに時間がかかります。

なるべく喧嘩を避けて仲良しでいたいと思っていても、忙しく余裕がない日々を送っていると、人間ですから、ついつい言い方がきつくなってしまったり、態度が悪くなってしまう時もあります。

カップル間の喧嘩は付き物といってもいいものです。

喧嘩はお互い良い気分ではありません。

万が一、喧嘩してしまっても、なるべく早く仲直りしたいものです。

今回は、恋人と喧嘩をしてしまったときに、深い溝をつくることなく関係を修復する方法についてご紹介します。

○関係修復のタイミングを逃さないでください

喧嘩をしたら、まずは状況に応じて謝るタイミングを先に決めてしまいましょう。

・喧嘩後すぐに謝る

遅刻の連続や嘘がバレた場合など、喧嘩の原因が自分にあるとわかっている場合は、時間を置かずに、その場ですぐにごめんねと謝りましょう。

謝罪を後回しにするほど、自分から言い出しにくくなって関係がぎこちなくなるだけでなく、相手に不快な思いをさせます。

・1~2日空ける

すぐに謝ることが難しい場合でも、関係悪化を防ぎたいなら、1~2日空けたら仲直りに動きましょう。

中には余計なプライドが高くて、自分から頭を下げられない人がいます。

浮気など深刻な理由でない場合は、できればこちら側から『ごめんね』と声をかけてあげたほうがスムーズに仲直りができるものです。

気まずくて声をかけにくい場合は、自分から手をつなぐなど、軽く甘えるところから関係修復を図ってみましょう。

二人の将来に関することで意見が食い違ってしまった場合は、解決を急ぐよりも少し時間を置いて、頭を整理する期間を設けることが大切です。

ただし、カップルの喧嘩の場合、冷却期間は1週間を限度と考えましょう。

これ以上期間を空けると面倒くささや諦めの気持ちが勝ってしまい、破局に発展してしまう可能性があります。

謝るタイミングが分かったら次は、効果的な謝り方です。

ジョージア大学の研究で、仲直りが上手く良い結婚生活を送れるカップルの特徴を調べたものがあります。

結果として、相手に対する感謝の言葉が豊富に含まれているということが、結婚生活の満足度を高めて良好な関係の条件だったということが分かっています。

人生の悩みや大きな困難に局面したり、夫婦ケンカをしても、これを乗り越えるためにも相手に感謝を伝えると、ふたりの状況は良くなるということが分かっています。

■良い関係を築いている人たちは、仲直りの時に謝罪だけでなく感謝も伝えるということです。

もちろん日常的に感謝の気持ちを伝えることも大事ですが、このようなところを意識してもらえると仲直りのスピードが早くなったり、お互いの困難を乗り越える力も高まるのではないでしょうか。

たとえば、ただ単に、ごめんね。と相手に伝えるよりも、ごめんね。二人のことをいつも考えてくれてありがとう。と、伝えた方がより謝罪の気持ちが伝わりやすいということです。

何の悩みもなく一切ケンカもしないようなカップルはいません。

ネガティブなことが起きた時にどのようにしてそれを乗り越えていくかということが、はるかに重要になります。

そのために大切なのは、謝罪ではなく感謝の気持ちを伝えることです。

パートナーとの関係を修復したいのであれば、謝罪+感謝の気持ちを伝えましょう。

いかがでしたか?

本日は効果的な仲直りの方法についてお話いたしました。

恋人との仲直りの仕方が分からないと思っていた方は、本日お話したことを参考にしてみてください。

恋人との関係がほんの少し良い方向へ向かうかもしれませんよ。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、様々な恋愛相談に対応しております。

喧嘩が尾を引き、別れてしまった』・『喧嘩別れしたけど復縁したいなど、お悩みの方は復縁工作復縁アドバイスを踏まえ、一度無料相談窓口までお問い合わせください。