恋愛探偵社Secret-Researchers

元夫と彼女を別れさせたいと思うのは変な事ですか?

別れさせ

日本は3組に1組の夫婦が離婚していると言われています。

その為、昔に比べて離婚に対しての考え方も変わってきています。

むしろ離婚くらい今の時代、普通と思っている人も少なくありません。

お互いが納得して決めたのであれば、離婚する事も一種の選択肢であって、お互いの為に良い決断なのかも知れません。

逆に離婚して距離を置いた事によって、結婚当時よりも良い関係を築けている元夫婦もいるようです。

お互い離婚してシングルな訳ですから、当然新しい彼女がいつ出来てもおかしくありません。

しかし実際、元夫に彼女が出来るとなると、何とも言えない感情になる人って多いのではないでしょうか?

嫉妬?寂しさ?悔しさ?悲しさ?嬉しさ?

様々な感情が湧き出てきます。

もう、自分のものではない事は重々承知しているけれど、なぜだか心から喜べる事ではないかも知れません。

むしろ、元夫に彼女が出来た事で本当に離婚したと言う事、もう自分だけの元夫じゃないと言う事を痛感して、元夫がいかに自分にとって大切な人だったかと言う事に遅いながらも気付く人も多いのです。

出来る事なら彼女と別れさせて、また昔みたいに戻りたい。』そんな風に望む人もいます。

今回は、そんな方に『元夫と彼女を別れさたいと思う心理と本当に別れさせる方法』についてお話致します。

元夫との関係を再構築したいと思っている方は、是非参考にしてみて下さい。

元夫と夫女を別れさせたいと思ってしまうのは何故?

何故別れた元夫なのに、元夫が新しく恋愛をしている事が許せないのでしょうか?

相手だけ恋愛してズルいから別れさせたい。

このように向こうだけ幸せでいる事が、許せないと思う方は多いと思います。

確かに、向こうだけ恋愛ムードになっていて、こっちにはその恋の影もなければ、相手に対して自分だけズルいと思ってしまう事も有ります。

しかし、このタイプの人は元夫を別れさせるよりも、まずは自分自身の幸せを考えたほうが良いでしょう。

例え、元夫と彼女を別れさせた所で、本当に満足は出来ません。

その為、自分にも素敵な相手が出来るように、積極的出会いを求めた方が、あなたの人生が輝くと思います。

しかし、元夫に彼女が出来た事で、元夫への恋心が再熱するパターンもあります。

離婚した後も良好な関係を築いている元夫婦は、とくにこのような思いになるでしょう。

何故なら、離婚して良い距離感が出来た事で、結婚当時では近すぎて分からなかった相手の素敵な部分に気づく事があるからです。

そんな時、元夫に新しい彼女が出来れば『元夫を取られたくない。』そう思うのが普通です。

離れて気づく事って多いですし、気づく事が出来ればそれに遅いなんて事はありません。

むしろ、気づけた事がとても良い傾向なのです。

その為、元夫と彼女を別れさせたいと思う事は、おかしな事ではありません。

ごく普通の気持ちです。

元夫と彼女を別れさせるなら別れさせ工作は有効的手段!

元夫と彼女を別れさせたいと思ってしまうのは、仕方がありません。

だってまだ好きなんですから。

そこで、2人を別れさせる為に有効的である、別れさせ工作についてお教え致します。

彼女や夫婦であっても、血が繋がっていない相手です。

究極を言ってしまえば『他人』なのです。

他人同士が一緒にいるには、信頼関係が絶対に必要となってきます。

信頼しているから相手を許せたり、相手を信じれたり安心して、関係を続けて行く事が出来るのです。

では、その信頼が壊れたら?

別れさせ工作では、その信頼に少しだけ細工して、溝を入れていきます。

専門の調査員が2人がどんな付き合い方をしていて、それぞれどのように相手を思っているのか、2人の情報を集めます。

その中で、2人が抱えている問題点に着目し、直接別れに繋がるよう工作していくのです。

現段階であなたが元夫に『彼女と別れてほしい。』とお願いした所で、聞き入れてくれる訳もありません。

相手からしたら『今さら何言ってるんだ』・『やっぱり自分勝手だな』と、今よりも距離を置かれてしまう事だってあり得ます。

別れさせ工作で第三者を介す事で、あなたが依頼主だとは気づかれる事なく、別れさせる方向へ向かわす事が出来ます。

そんな時、あなたが元夫の側で優しく包み込んであげれば、相手もあなたに対して特別な感情を抱きます。

また、一緒にいたい…』と、再度感情が生まれる事がよくあります。

こんな風に思ってもらえる事が出来れば、別れさせる事だけでなく、復縁にまで繋がる可能性もあります。

元夫に彼女が居るからと言って、復縁を諦めてしまうのは勿体ないです!

元夫と彼女を別れさせたい!』と思いの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズまでお問い合わせ下さい!

コメント