復縁して掴める幸せと掴めない幸せ


復縁したい相手ともし…復縁が出来たとしたら、幸せになれると思っているから、復縁を願うのだと思います。

復縁する前から幸せになれないとわかっているならば、復縁なんてしないでしょう。

1回または2回付き合った事がある相手との復縁を考えるって事は、以前の印象・相性が自分には合っていたからでしょう。

当時付き合っていた時に嫌な思いや嫌な出来事しかなかったら、敢えて自分から復縁を望む事はありません。

しかしながら相手の気持ちはどうでしょうか?

あなたがまだ好きと思っていても、その思いが必ずしも一致する訳ではなく、全く反対の思いを抱いている事が多いのです。

一緒に居る時は幸せだったと思う事もあったはずです。

その幸せがずっと続いていたのであれば、別れる理由になんかありません。

何らかしらの別れる理由があったからこそ、別れてしまったのです。

復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談頂くお客様の中で、別れた経緯はどうでもよくて『ただ復縁したい』との思いをおっしゃる方がいます。

ただ復縁したいから復縁工作をしたところで、その先に幸せが待っている事はありません。

よく復縁のご相談に来られる方の考えが、

・復縁したい+復縁工作=復縁成功…ではなく、・復縁したい+復縁工作+自己改善=復縁成功となって行くのです。

何度も復縁を成功させる為には『自己改善』の必要性を何度もブログでお話をしております。

何度も自己改善についてお話をすると言う事は、それだけ復縁成功に対して絶対不可欠なものとなっております。

復縁工作だけではどうしても乗り越えられない、最後の復縁の壁があります。

自己改善を続ける事によって、少しずつでも変わっていく自分を感じ取れるようになれば、そこから一気に改善点も解消されていく事でしょう。

復縁工作を最終的に成功に導いていくのは、別れてしまった改善点をどれだけ改善し、プラス要素を生み出せるかが最終のキーポイントとなってきます。

自己改善が出来るか・出来ないか』で、その先に復縁に成功があったとしても、『幸せになれるか』または『幸せになれないか』の違いは自己改善次第なのです。

自分で自己改善点がわからない、自分でも自己改善点はわかっているけれども、何をしていいのかわからない方は、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談下さい。

一緒になってお客様のお悩みを解決していきます!

復縁を目指すのに年齢は関係ありません


復縁を考えるのにご自身の年齢を気にして、前へ一歩進む事を躊躇されている方はいらっしゃるはずです。

しかし復縁屋シークレットリサーチャーズでは、10代前半~70・80代の方まで幅広い復縁に関するご相談をお受けする事があります

実際に小学校高学年の方から、復縁に関するお問い合わせを頂く事がありますし、復縁屋シークレットリサーチャーズで復縁のご相談の最高年齢は『86歳』の女性からの頂いた事もあります。

実際に復縁のご相談・ご依頼を年齢層としましては『20代後半~50代前半』メインとなります。

・以前付き合っていた恋人が忘れられない
・離婚してしまった配偶者とよりを戻したい
・喧嘩別れした友達と再会したい

など、復縁したい理由は様々です。

誰かと復縁したいと思うのに、年齢も時も関係ありません。

復縁したいと思った時が『復縁の時』なのです。

中には、ご自身の年齢を気にして諦めてしまう方もいらっしゃいますが、復縁したいと思う気持ちをそのままにしていても、何事も解決しませんし、後悔しか残りません。

復縁に対して一歩前に踏み出せない方は、復縁屋シークレットリサーチャーズにまず今の思いを打ち明けて下さい。

※今回のブログのタイトル『復縁を目指すの年齢は関係ありません』と書きましたが、弊社では『未成年者』からのご相談・ご依頼をお受けしておりません。

恋愛をする事・復縁をする事』に関しまして、年齢制限はありませんが、未成年者に関しまして単独でアドバイス・契約をする事が出来ません。

仮にアドバイス・契約をご希望された場合、親権者の承諾が必要となってきますが、復縁屋シークレットリサーチャーズでは親権者の承諾があった場合でも、未成年者に対するアドバイス・契約は一切行っておりません。

あなたがしたい復縁は相手の事が好きだからですか?


皆様が『復縁したい』と思う時の気持ちとは、どの様な時でしょうか?

別れてしまった理由はどうあれ『まだ相手の事が好き』と言う事ではないでしょうか?!

別れてしまった相手の事を忘れる事が出来なく、苦しい思いの中で復縁したいと決断するのでしょう。

しかし、中には相手の事が好きで一途な気持ちから復縁をしたいとは違うケースもあります。

※プライドが高い方の復縁

全ての方が必ずしも『相手の事が好きだから』と言って、復縁を望むとは限りません。

中でも、プライドの高い方の復縁の考え方はちょっと違います。

プライドが高い方が復縁を考えている場合は、別れた状況によって復縁を思う気持ちが変わります。

特に復縁屋シークレットリサーチャーズで、今までにプライドが高い人からのご相談頂いたケースの場合は『相手に振られた事自体が許せないので復縁して自分から振りたい』と言われる方が非常に多いようです。

これは相手に振られた事が許せないだけであって、ある意味『復讐』に近い考えではないでしょうか?

相手に振られた事の悔しさを忘れる事が出来なく『復縁して自分から振りたい』と…。

これって…どうなのでしょうか?

本来の復縁したいと思う本質と、全く違う話になってきます。

復縁屋シークレットリサーチャーズが行う、復縁工作とは『依頼者が復縁をして幸せになってもらう』事と『復縁したい相手も幸せになってもらう』を定義にしています。

仮に相手に振られた事の悔しさを忘れる事が出来なく『復縁して自分から振りたい』で、依頼者が幸せになれるのならそれはそれで良いのかも知れませんが、『復縁したい相手も幸せになってもらう』定義から大きくそれてしまいます。

そして依頼内容が『復縁工作』ではなく『復讐工作』となってしまいますので、この場合の依頼はお受け致しません。

双方幸せになってもらう事が復縁工作であり、誰かを陥れる工作ではありません。

もしそのような復縁をお考えでいても、復縁屋シークレットリサーチャーズであれば、他の解決方法が見つかるかも知れません。

出会い系で付き合った人の本当の姿


過去に何度か復縁屋シークレットリサーチャーズのブログでも『出会い系での○○』と題した記事を載せております。

今現在スマホなどでは、様々な出会い系に関するアプリがあり、出会いたい目的に合ったサイトが存在します。

そして自分の目的に合う人とどれだけ会えるか、また中には運命的な出会いがあるかも知れません。

アプリ内だけで愛を育んで疑似恋愛を楽しむ方もいらっしゃれば、何度かアプリ内やライン・電話でやり取りをしたのち、実際にご対面をするカップルもいます。

事前にお互いにプロフィールを交換している訳で、お互いをよく知っているつもりで、やはり直接ご対面となると気恥ずかしい気持ちにもなりますよね。

アプリ内のやり取りだけも恋に落ちるケースはいっぱいありますし、実際に会ってみてまたより一層恋に落ちるケースもあります。

どちらのケースにしても出会いのきっかけは、出会い系アプリを通してになります。

最初の出会いが秘匿性の高いものとなっておりますので、最初に聞いた本人のプロフィールが本当の事しか書いているとは限らないのです。

名前・年齢・住所・職場・恋人の有無』などは、どこまでが本当で嘘なのかはわかりません。

付き合っている時はあまり気にしてはいなかったのですが…、いざ別れが訪れてどうしてもまた復縁したいと思い、復縁屋に相談し復縁調査をした時に、今まで知らなかった相手の素性が判明する事がよくあります。

付き合っていた時に何もかも正直に話をしてくれてれば復縁調査は円滑にいきますが、やはりご依頼の多くの方は教えてもらっていた情報が間違っていたり、本当の事を教えてもらっていなかったりと復縁調査の時に問題が発生する事はよくあります。

しかし復縁屋である前にシークレットリサーチャーズは探偵会社でありますから、少ない情報から個人を特定し本当の姿を調べる事が出来ます。

名前・年齢・住所・職場・恋人の有無』など、本来の姿がわかりその本来を目の当たりにした時に、あなたはまだ復縁したいと思える事が出来るのでしょうか?

出会い系から交際に発展した場合の復縁は、相手の事を全て把握していないケースが多くあり、復縁調査の段階で判明した新事実で復縁を諦める方が非常に多くいらっしゃいます。

学校や職場での出会いや、友達などからの紹介とは違い、自分を偽る事は容易に出来ます。

しかし、好きになった相手の嘘を見破る事は中々難しく、ひょうんな時に相手が嘘をついているのではないかと、勘ぐってしまう事があったとしても、本当の事実を突き止めようとする抑制が働いてしまうものです。

今のままの姿が良い』・『私に嘘をついている訳がない』と真実から目を背ける事もあるでしょう。

もし仮に、付き合っている時に相手に関して不審な事を感じたら、聞いてみる事も大事な事なのではないでしょうか。

嘘の事を嘘のままにしておくと、嘘をついている相手も嘘をつき続けていかなくてはいけません。

そういう状況が長く続けば、長く続くほど嘘をついている相手も辛くなり、本当の事を言い出せずに結果別れてしまう訳です。

本当の相手の姿を知っても、復縁を決意出来るかどうかはあなたの気持ち次第です。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、復縁工作を行う前に復縁調査を行い、今現在の相手の状況・相手の本来の姿を調査を致します。

復縁工作の前に相手の本来の姿が知りたいと思いの方は、復縁調査だけのご依頼も受け付けております。

復縁に関するお問い合わせは、無料相談窓口にて受け付けております。

大人女性の恋愛のお悩みTOP3


恋愛に悩みはつきものですよね。

そこでその中で一体どんなお悩みがあるのでしょうか?

今回はそう言った『大人女性の恋愛のお悩みTOP3』についてお話していきます。

第3位 不倫関係で悩んでいる

第2位 出会いがない

第1位 復縁したい

このランキングを見て頂くとお分かり抱けるように『復縁』と言うお悩みをお抱えの方が多くいらっしゃると言う事です。

別れてから気付く相手の大切さや、1人になってしまった孤独感…

そして、別れてしまった相手に新しい恋人が出来てしまった…

手遅れになるになる前に、回避したいものですね。

しかし、別れてしまったものは仕方がない事です。

そこで『復縁』をするために、一体何をすれば良いのかが大事になってきます。

そこで必要になってくる事は『自分の改善点』を見つめ直す事です。

・交際している時相手に対して思いやりを持てていたのか
・自分本位な考え方になってはいなかったか
・束縛などをしていなかったか
・喧嘩をした勢いで相手を傷つけるような言葉をかけてはいなかったか

など…沢山見直すべき事があるはずです。

しかし、人と言うのは自分自身の悪い部分には、目を背きたくなるものです。

そこで、第三者の意見と言うものが、重要になってくるのです。

友人など身近な存在に相談する事も良いとは思いますが、反対に個人的な感情が入らない全くの第三者に相談してみると、冷静な意見が得られる事があります。

自分自身が気付けなかった改善点などを、見つけ出す事が出来るでしょう。

そうした事が『復縁』の第一歩になるのではないでしょうか。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、そういった復縁に関する『自己改善』のお手伝いや、『復縁工作』などをご提案させて頂いております。

本気で『復縁』をお考えでしたら一度ご相談下さい。

明るい未来が切り開けるかもしれません。

自分のワガママがワガママだと思っていない人


自分の発言や行動が交際相手に対して、当たり前だと思っている方は結構いらっしゃいます。

あなたが言った言葉や行動をちゃんと受け止めてくれる相手ならまだいいですが、その言葉や行動が相手にとって重荷になるならば、交際相手との破局は時間の問題となってしまいます。

基本的にワガママは方は、小さい頃より自分が行うワガママな言動に関して、親から許されてきた事から大人になってもそれが当たり前と思っています。

子供の頃に許されるワガママと、大人になって許されるワガママの種類はまた違います。

子供の頃に許されていたワガママが、大人になって通用する事は稀です。

それを交際相手に対して、または友達にも行えば自然とあなたの周りから人は離れて行くでしょう。

大切な人が離れてしまってからでは、後の祭りです。

突然あなたの側から離れたのではなく、幾度となくあなたのワガママに対して、注意はされたはずです。

その注意を受け入れる事なく、自分のワガママ(本人はワガママを言っている自覚がない事の方が多いです)を言いたい放題で、そんなあなた相手はに嫌気がさし離れていくのです。

別れた後にまた復縁をしたいと思っても、相手はあなたのワガママな所が嫌になった訳ですから、そう簡単に復縁を成し遂げる事は出来ないでしょう。

また復縁屋シークレットリサーチャーズ復縁工作をしたとしても、復縁が成し遂げられる微妙な所です。

復縁したい思いを成し遂げるにはまず『ワガママを直す』…そう自己改善が大切なのです。

復縁したい+復縁工作=復縁出来る』ではないのです。

復縁工作とはあくまでも、復縁を成功に近づける為の補助的な役割であって、最終的に復縁の決め手を握るのは自分自身を変える事です。

自分自信を変える事で、復縁したい相手に好きになってもらう事がとても大切な事なのです。

ご自身の性格にお悩みの方で、復縁を目指していらっしゃる方は、自己改善を取り入れた復縁工作をお考えになってみてはいかがでしょうか?

連絡が途絶えた人を探すには…


復縁のご相談で『付き合っていた人と突然連絡が取れなってしまった…。忘れる事が出来ないので探して下さい。そしてまた関係を取り戻したいです。』と言った内容のご相談を頂く事があります。

突然連絡が取れなくなり、本人の行方がわからなくなれば心配になります。

中には、何か事件・事故に巻き込まれたのではないかと不安になり、警察に相談をされる方もいらっしゃるくらいです。

事件・事故の可能性がなければ、警察も取り合ってくれませんから、どうしたら良いのか途方に暮れる事でしょう。

いきなり連絡が取れなく理由がわかりませんから、直接会って話をしたいと思うわけですが・・・

・電話に出ない・または解約をされている
・ライン・メールの返答がない
・自宅に行ってもいつも不在・または解約をされている

など、本人と話す機会がないまま時間だけが過ぎて行く…。

付き合っていて突然連絡が取れないとなると考えられるのは…

・他に好きな人が出来た
・他の人と付き合った
・あなたの事が好きでなくなった

など、あなたから離れたい理由がある訳です。

本来ならば別れる時に面と向かって『別れよう』と言う事が最低限のマナーだと思いますが、別れを告げる事なくフェイドアウトをする方って結構いるんです。

フェイドアウトする方は、性格的に面倒臭がり屋で、面倒な事からすぐ逃げ出すタイプです。

別れを告げる事が面倒であっても相手がいる事の話ですから、それが許されるはずもありません。

ましてや、相手の事を忘れられず思い続けている訳ですから、ちゃんと白黒つけてあげるのが最後の優しさだと思います。

交際相手と連絡が取れなくなり、相手の気持ちを確認したい、また復縁したい…気持ちに決着をつけたいとお悩みの方は、復縁屋シークレットリサーチャーズまでご相談下さい。

今現在ハッキリしない立場から脱却をしましょう。

突然連絡が取れなくなる事は…


付き合っている相手と突然連絡が取れなくなりました。どうすれば良いですか?』との、ご相談を頂く事がかなりの件数あります。

電話の着信拒否・ラインのブロックなどで、相手と連絡が取れなくなり、会う事や話をする事が出来なくなってしまう。

…これって…凄くショックな事ですよね?

付き合っている相手から何も前触れなく、連絡が取れなくなるなんて…。

最初は何があったのか状況がつかめなくて、もしかしたら事件や事故に巻き込まれたのではないかと心配をするのですが、実はただ相手から嫌われたとわかる訳です。

しかし『何でいきなり嫌われるのかその意味がわからない』・『理由もわからないのに諦めがつかない』と思う訳で、復縁屋シークレットリサーチャーズに『どうしたら連絡が取れるようになるのか』・『連絡を拒否する理由が知りたい』・『ちゃんと前みたいな関係に戻りたい』とご相談やご依頼を頂く訳です。

どうしたら連絡が取れるようになるのか』・『連絡を拒否する理由が知りたい』・『ちゃんと前みたいな関係に戻りたい』となると、復縁工作が適用されるのではないでしょうか。

連絡を拒否する理由が知りたい』の場合も復縁工作を使い、相手に接触をして何故『連絡を拒否するのか』探ります。

今までの経験上、連絡を拒否する方は大きく分けて二通りあり『他に好きな人が出来た』か『付き合う事に面倒になった』かのどちらかに当て嵌まります。

他に好きな人が出来た』だけならば、復縁工作だけでになりますが、『他の人と付き合った』となると、必然的に復縁の難易度は高くなり、復縁工作と併用して別れさせ工作もしなくてはいけません。

また『付き合う事に面倒になった』の場合は何故面倒になったかを調べない事には復縁は出来ません。

面倒になるきっかけは大体連絡を拒否される側に理由があり、自分自身では気が付かない束縛・過度の要求が多く見受けられます。

どちらの理由にしろ、拒否される側には何らかしらの拒否される理由があります。

元の関係に戻りたいと思うならば、復縁工作と共に『自己改善』が、かなり重要なポイントとなります。

復縁屋の言葉として『自己改善なくして復縁はない』とあります。

本当に復縁をしたいと思うならば、自己改善を真剣に取り組めるようになって下さい!

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、復縁工作の依頼を受けると共に、自己改善の指導も行っております。

1人では乗り越えられない壁を、一緒になって乗り越えて行きましょう。

よりを戻したいならこれはやってはダメ!!


大好きな人にフラれてしまった
元恋人を忘れられない
別れた恋人とよりを戻したい 

別れ』と言うものは、大変悲しい出来事ですよね。

いきなり別れが訪れると、その人の事で頭がいっぱいになってしまい、仕事など手に付かなくなってしまう事があります。

それは仕方がない事で、それほどその人を愛していたと言う事です。

また、別れてしまった相手ともう一度『恋人関係になりたい。』このように感じる方も多くいらっしゃると思います。

しかし、何らかの障害が有り、別れてしまった二人です。

別れてしまった悲しさや寂しさから、しつこく連絡をしてしまい、元恋人に煙たがられてしまう事もあります。

復縁』すると言う事は、なかなか簡単な事ではありません。

本日は『復縁するためにやってはいけない事』についてお話したいと思います。

SNSなどで相手が何をしているか探る行為

現在SNSなどで、他人の行動を把握出来てしまう時代です。

別れてしまった恋人が現在何をしているか気になってしまうと言う気持ちから、相手の行動を監視し、勝手に不安になります。

最悪の場合、我慢出来なくなり『嫌味なコメントしてしまう。』なんて事もあります。

相手からしてみると『何様?』と、あなたに呆れてしまい見切りをつけられてしまう事も有ります。

結局は相手の行動を全て把握する事など、出来ないので考えるだけ時間の無駄なのです。

無視をされているのにしつこく連絡をする

別れた寂しさからしつこく連絡をするという行為は、結局自分の感情を満たすだけの、自分勝手な行動と言えます。

相手はどう思うでしょう?』頭を冷やして考えたい時にしつこく連絡が着てしまえば、当然逃げたくなるものです。

別れてからすぐの時は、急用な連絡以外は自分から連絡を取る事はやめましょう。

しつこい』と思われてしまっては、あなたにとってマイナスですし、復縁の可能性も低くなります。

試すような嘘をつく

元恋人と連絡を取りたいがために、嘘をついて相手の気持ちを試すような行為は、絶対にやってはいけない行為です。

例えば『妊娠してしまった』・『事故にあってしまった』などと言った、相手の気持ちをかき乱すような嘘はかなり悪質と言えます。

会うきっかけ』を作る為に、このような嘘をついていると相手の気持ちはもちろん、周りにいる友人からも『この人は面倒くさい人』だと思われてしまいます。

目先の距離に気を取られ過ぎて暴走してはいけません。

まとめ

上記のものに共通して言える事は、別れてしまった事の焦りや不安から『自分本位』になってしまってると言う事です。

相手の立場に立って考えられなくなってしまい、自分の意見を押し付けています。

自分だけが被害者になってはいけません。

真剣に復縁したいと考えるのなら、この行動・言動をしたら『相手がどう思うか』を意識しましょう。

そうすれば、こんなNG行動はしないはずです。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは【復縁】に関するお悩みを多く承っています。

復縁のお悩みをお持ちでした、たくさんのご相談者様が復縁の専門家のご提案で自分自身見つめてみると冷静に判断が出来るようなり、見事成就し復縁されています。

復縁工作を含む【自己改善】をご提案させて頂いております。

一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

水商売の方と出会い…。恋に落ちていく


男性なら仕事の付き合いなどで、キャバクラ・スナックなど行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか?

また女性ならば少人数かも知れませんが、ホストクラブなど男性従業員が接客をしてくれる場所へ、行った事がある方もいらっしゃるかも知れません。

普段街中で見かける女性や男性とは違い、綺麗に着飾りメイクもバッチリで、容姿端麗な方もいらっしゃいます。

あまりに非現実的な容姿に、一目惚れする方は少なくないのです。

自分好みの綺麗な方・カッコいい方に、出会えれば舞い上がってしましますよね。

ましては、お酒が入った時であれば、尚更の事だと思います。

そんな方お酒を飲めば、そりゃ~楽しいひと時を過ごせますが、現実と言うものは残酷でその楽しいひと時をお金を払って買っている訳で、時間が来ればお会計と言う現実に引きも出してくれる時が来るのです。

しかし帰り際に連絡先交換をする事は結構あり、連絡先を交換し、代金を払ったら楽しいひと時は終焉を迎えます。

お店を出てしばらくした『今日は凄く楽しかったです。また会いたいです』などの、お礼の文章が届けばキ気持ちも高ぶってしまいますよね!

また近いうちあの子に会いに行こうかな』何て思うはずです。

しかし決して料金は安くありませんので、現実的に考えてすぐにお店に行ける事は中々難しいのです。

行きたくても行けない日々が続いても、お店の子からは『早く○○さんに会いたいな』など、暗に『お店へ来てね』と取れる文章がほぼ毎日着たり、中には日々にあった出来事を報告だけする子もいますが、これは営業の1つの手法であって、心理的に『営業もしてこないで何て良い子なんだ。お店に行ってあげるか!』と思わせる戦法なのです。

営業方法にも色々とあり、

・色恋営業
・友達営業
・オラオラ営業

など、お客さんを引き付けるテクニックを持ち合わせているのです。

そして中でも『色恋営業』と呼ばれるものは、お客さんとまるで付き合っているかのような素振りや言動、態度をお客さんに対し故意に行い、指名や同伴に繋げます。

そしていつしか、1カ月に一度だったお店通いが、3週間に1度・2週間に1度・1週間に1度、最終的には1週間に何度も通うと言う事になるのです。

もちろんこれは営業方法の1つであり、お客さんをいかにお店に通わせるテクニックなのです。

それでもお客さんとしては自分が『特別な人』と思っていますので、お金が続く限りお店に通いますが、決してお金は無限にある訳ではないのでいつしか、お店へ会いに行けなくなります。

しかし自分は『特別な人』と思っている訳ですから、わざわざ高いお金を払ってまでお店に行かなくても、プライベートで外で会えるのではと思ってしまうのです。

その事を相手に伝えれば『外で会う事は出来ない。会うならお店に来て』と言われてしまい…行きたくてもお金がない…。

大抵の方はこの時点で自分が『色恋営業』に掛かっていたのに気が付くのですが、中には本当に付き合っていたと思い込んでしまう方も少なからずいます。

そんな方から復縁屋シークレットリサーチャーズに『復縁工作』の依頼などあります。

しかしながら、疑似恋愛的なモノからの復縁工作の効果はあまり望めません。

それでも諦めきれないと思いの方は、1度復縁屋シークレットリサーチャーズにお問い合わせ下さい。

もしかしたらその『』叶うかも知れませんよ。

〇〇ハラスメントって知ってますか?


今の社会では〇〇ハラスメントと言う言葉が溢れており、また〇〇ハラスメントにまつわる問題化しております。

そもそも『ハラスメント』の言葉の意味とは何なのか、簡単におさらいしてみましょう。

ハラスメント(harassment)⇒嫌がらせの意味を持っています。

そして、○○ハラスメントとつく言葉は今現在数多くあり、いくつかご紹介したいと思います。

◆職務上の立場などを利用したハラスメント

・パワーハラスメント(パワハラ)
・マタニティハラスメント(マタハラ)
・パタニティハラスメント(パタハラ)
・モラルハラスメント(モラハラ)
・ラブハラスメント(ラブハラ)

パワハラやマタハラ・モラハラの言葉はよく聞く言葉だとは思いますが、パタハラ・ラブハラなる言葉もあるのです。

パタハラ』とは、パタニティー・ハラスメントの略であり、昨今イクメンと言われる言葉があるように、男性が育児に参加して就業時間を短くしたり育児休暇を取ったりする傾向が見受けられますが、それに対して職場の上司や同僚などが侵害する言動を、パタニティー・ハラスメントと言います。

また『ラブハラ』とは、恋愛や性に関する話題を職場などで話す事によって、精神的苦痛を与える事を言います。

ラブハラの例としては

・まだ、結婚しないの?
・恋人は作らないの?
・恋愛経験が少ない事をからかう
・恋愛の価値観を押し付ける

などがあり、その人の恋愛の価値観などを否定したりします。

・スモークハラスメント(スモハラ)とは、職場などにおいて自己の意思に反して喫煙者が非喫煙者に対して喫煙する事を強制したり、たばこの煙にさらされるなど、いわゆる「喫煙に関する嫌がらせ行為」を意味するモノです。

・アルコールハラスメント(アルハラ)とは、、アルコール飲料に絡む嫌がらせ全般を指す言葉で、アルコール類の摂取の強要など対人関係の問題や、酩酊状態に陥った者が行う各種迷惑行為の事を言います。

①飲酒の強要
②一気飲ませ
③意図的な酔いつぶし
④飲めない人への配慮を欠くこと
⑤酔ったうえでの迷惑行為

などがあげられます。

・カラオケハラスメント(カラハラ)とは、職場などでカラオケが苦手な人に対して歌う事を強制的に歌わせたりする事です。

そして恋愛事で近年問題視されている〇〇ハラスメントがあります。

◆ゼクハラって知ってますか?

復縁屋シークレットリサーチャーズにも、ゼクハラなる問題でご相談頂く事があります。

まずゼクハラとは何か…ゼクシィハラスメントの略で、交際相手に対して結婚を迫る行為で、結婚雑誌をわざと目につく所に置いたり、子供の事や家の事など結婚を連想させる事を問い詰めて、結婚へのプレッシャーを掛ける事を言います。

男女が付き合っていて、それなりの交際期間が過ぎればお互いに結婚を意識する事はよくありますが、結婚とはお互いが認め合う事であり、この人となら一緒になっても良いと思う事から結婚を意識します。

しかし男性側が結婚に対して、まだ時期ではないと考えていて結婚に消極的だったりしても、女性側だけが一方的に結婚に対して意識してしまい、男性側に結婚のプレッシャーを与えてしまい、その事が重荷になってしまい別れてしまう事があるのです。

女性側は結婚をしたいと思っていた相手ですから、別れてしまった事に非常にショックを受けてしまい、復縁したいとご相談となる訳です。

特に恋愛事において、男性側はプレッシャーに弱く、何か問題があると逃げ腰になってしまい、時には逃げてしまいます。

別れたきっかけが結婚ならば、復縁したいと思うならば、結婚の考えを改めなくてはいけません。

結婚願望を相手に押し付けてしまえば、そのプレッシャーに耐えられなくなり、逃げてしま居ます。

この人と結婚したい』と思う相手はそうは現れません。

今回は結婚のタイミングが合わなかっただけであり、今度は相手の結婚のタイミングを計りながら付き合いをすれば、結婚が出来るかも知れません。

別れてしまったから結婚を諦めるのではなく、今一度復縁をしてみて、結婚のチャンスを伺う事で幸せな結婚生活が待っているかも知れませんよ。

復縁は難しい行為なのか?

皆さんが思っている復縁のイメージとは、どのようなモノでしょうか?

①元々付き合っていた相手だから復縁は簡単だ
②一旦別れてしまった相手だから復縁は中々難しい
③一度心が離れてしまった相手の気持ちを取り戻す事は出来ない

など、復縁に対して様々な考えはあるでしょう。

でもしかし、実際に自分自身が復縁したいと思った時に、ならば復縁は簡単に出来るかも知れませんが、自分自身の考えが②~③でいても、復縁したいと言う気持ちの方が強くなってしまい、何としてでも復縁したいと思うのです。

実際問題②~③の場合、復縁したい相手に『復縁したい』と単刀直入に復縁を申し出た所で、復縁出来る可能性は低いでしょう。

一旦気持ちの距離が出来てしまった相手と、離れてしまった距離の溝を埋める事は容易な事ではありません。

勘違いや誤解で出来てしまった距離でも、相手にわかってもらうにも大変な思いをする事もありますが、理由があって相手の気持ちが覚めてしまった気持ちを取り戻す事は、とても大変な作業となります。

復縁したい相手の気持ちを『あなたともう一度やり直したい。復縁したい』と、気持ちを呼び起こさせないと復縁は出来ません

相手の気持ちを『あなたともう一度やり直したい。復縁したい』と思い起させるには、外部からの働きとあなた自身が以前と違う所を見せてあげなくてはいけません。

外部からの働きとは復縁屋シークレットリサーチャーズが行う『復縁工作』であって、あなた自身がが以前と違う所とは『自己改善』をする事です。

復縁工作を行う事によって、復縁したい相手のあなたに対する気持ちを呼び起こさせて、マイナスイメージからプラスイメージにしていきます。

マイナスイメージを払拭する事によって、あなたに対して今一度興味を持ってもらうのです。

しかし、興味を持って貰う事ですぐに復縁が出来る訳ではなく、最終的に復縁したいと思う気持ちにさせるのは、以前のあなたでない事が重要なのです。

基本的に復縁したいと思う方は、相手から別れを切り出された方がほとんどで、別れを告げられるにはそれなりの理由が存在するのです。

付き合って居た時に『あなたのここを直して』・『あなたのここが嫌なの』と言われた事を直さずにいて、別れてしまった原因も上記にあげた内容を含む理由だったのではないでしょうか。

先ほども言いましたが、最終的に復縁の決め手になるのは『以前のあなたではない事が決め手になるのです

復縁したい…でも復縁に対する自己改善のやり方がわからないとお悩みの方は、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談下さい。

復縁したい気持ちを思いだけにしないで、実現する為に勇気を出して一歩前へ踏み出してみませんか!

ネットでの出会いからの恋は成立するのか?

今までに、復縁屋シークレットリサーチャーズのブログでも度々ご紹介しておりますが、ネットを通しての出会いも今では当たり前の時代になっておりますが、この出会いに関しましても様々なお悩みが存在するのです。

顔も見た事もない相手との恋愛は成立するのか?

ネットでの出会いの特徴として、今まで出会う事のなかった地域の人とも瞬時に出会える事です。

遠距離の場合、ひと昔ならば電話するにもかなりの電話料金が掛かっておりましたが、今ではネット回線を使った連絡方法がありますから、通話料金を気にして会話をする必要がなくなりました。

そしてネットでの出会いとしての弊害は秘匿性が高い部分があります。

登録をするサイトによっては、本人確認が必要な所がある場合と、登録の必要がなく偽名で誰でもやり取りが出来てしまうサイトも存在します。

本人確認の登録が必要でないサイトでは、全くのウソの情報を載せても様々な人と出会う事が出来ます。

やり取りが出来たは良いが、やり取りをしている相手が本当の事を言っているかわからないこ事も多くあります。

名前・年齢・住んでいる地域・職業・家族構成など、偽ろうとすれば何でも出来てしまうのです。

相手が提示した顔写真でさえ、どこからか拾ってきた赤の他人の写真を掲載している事もよくある事です。

実際に最初ネットだけのやり取りを繰り返し、いざ直接会おうとなって待ち合わせした時に、最初に写真で見た相手とは全くの別人が現れたと言う事はよく聞く話です。

皆さん出会いを求める時に、やはり最初に相手の写真を見てからやり取りをしようか考えるはずです。

写真の相手とやり取りをしていたと思っていたら、全くの別人が現れたらどう思いますか?

騙された…今までやり取りをしていた時間を返してくれ』と思うはずです。

また中には実際に会うまで行かなくても、ネット上だけ交際が成立するケースも、ここ最近の傾向としてよくあります。

ネット上だけの会話で交際が成立して、付き合いが始まり実際に会った事もなく、ましてや相手から教えてもらったいる情報だって本当の事なのかはわかりません。

中には話があれよあれよ!と言う間に『結婚しよう!』とまで話が飛躍する事もあるようです。

やり取りをしていく内に、段々とやり取りの回数が減り、相手と連絡が取れなくなってしまった…。

結構このようなケースのご相談を頂く事が多く『相手を探してくれ!復縁したいから何とかしてくれ』とご相談頂く事があります。

このようなケースでも、相手に関する些細な情報から紐解いて行き本人に辿り着く事も出来ます。

相手から教えてもらった情報を細かく見ていく事によって、何らかしら本人に繋がる情報やキーワードが隠れている事があるのです。

人は全てを嘘で塗り固める事が、中々する事がが出来なく、嘘の中にも本人に繋がる何かを入れてしまうのです。

ネットだけで本人の事がわからなく、もう会えないと諦めかけている方がいらっしゃいましたら、復縁屋シークレットリサーチャーズまでお問い合わせください。

別れた元カレが追いかけたくなる元カノとはどんな女性なのか?

別れた元カレから連絡が来る女性と、来ない女性の違いは一体何なんでしょうか?

基本的に男性は女性に対して、自ら追い掛けたくなる生き物です。

逆に追い掛けられると逃げたくなる生き物なのです。

余裕のある女性は魅力的な女性で、男性も追い掛けたくなるものです。

そうした男性の心理を上手く利用すれば良いのです!

ただそうは言っても、好きな相手に対して余裕な態度を見せるのも、中々難しい事だと思います。

復縁屋はそう言った方に対して、アドバイスをしたり工作をしたりします。

※『なぜ彼の気持ちは離れてしまったのか?
※『尽くしているのに、なぜ嫌われているのだろう

ただどうでしょう?

自分に自信や余裕がないあまり『自分はここまでやっているのに』と相手に自分の勝手な意見を押し付けていませんか?

人間は自身に余裕がなくなると、他人のせいにするものです。

自分では気付いていない間に自分勝手になっていたのです。

その気持ちで相手に復縁を申し込んでも相手の方からすると、また自分の勝手な意見を押し付けられたと、どんどん気持ちが離れていくだけではありませんか?

根本的な原因を探らなければ、例え復縁出来たとしても、また同じ事で別れを告げられてしまうでしょう。

人間には少なからずプライドがあるので、デリケートな恋愛の問題は中々身近な人にも相談し辛いものです。

第三者のプロに相談する事で、冷静なアドバイスを得られる事があります。

そうした事で冷静に判断出来る事ができ、自分自身反省しなければならない事に気付く事が出来るのです。

反省し自分自身を受け入れる事で、自信や余裕ができ相手に対して、今までと違った対応を取る事が出来ます。

そうした事で、カレの心理にも変化が表れ始めます。

良い女だったなと懐かしい気持ちになってくる
あなたがいなくなった寂しさを感じる、自分のモノでなくなった喪失感を感じ始める
マイナスだった感情が、プラス・マイナス・ゼロ付近に回復してくる

このように変化して行くようになります。

自己改善だけでも、このように相手の気持ちを変化させる事が出来ます。

追い掛ける女性ではなく、追われる女性になりたくはありませんか?

未来をつなげたいと言う思いの為には、出来る事を出来るだけ行う事。

独りよがりではなく、専門家の手によるアドバスやフォローにより、復縁計画を進めて行く事がとても大切です。

※「復縁屋サーチャーリサーチャーズでは、そうした恋愛のご相談に対して的確にアドバイスをさせて頂いております。

はじめはご相談だけでも構いませんので、専門家に話してみてはいかがでしょうか。

復縁の弊害

どうしてもあの人と復縁したい』強い気持ちで復縁に臨むはずです。

周りを見渡せば、他にあなたの事を愛してくれている人がいるかも知れません。

そして復縁で苦しむ事無く、新たな恋愛が出来る環境かも知れません。

それでもあの人と復縁したいと思う気持ちの方が勝り、遭えて困難な方を選択します。

復縁を決意した最初は『どんな事があっても諦めない』と、強い決意のもとで復縁に臨んでも、途中で何が起きるか予測は出来ません。

1人で復縁に臨んでも、復縁屋に復縁工作を依頼したとしても、途中で待ち受けている障害は予想が出来ないのです。

予想出来ない障害と何か、今まであった例を見てみましょう。

・復縁したい相手に新たに交際相手が出来た
・復縁したい相手が交際相手と結婚をした
・復縁したい相手が遠くへ転勤になってしまい会える距離ではなくなった
・復縁したい相手が様々な原因で亡くなってしまった

と、実際に当初予想もしていなかった事が起きる事があります。

上2つに関しましては、別れさせ工作をする事によって、復縁を諦める事はしなくても前に進む事は出来ます。

しかし、その他2つに関しましてはどうする事出来ません。

復縁したい相手が遠くへ転勤になってしまい物理的に会える距離ではなくなった』は、国内の転勤でなく海外への長期転勤となり、復縁工作が難しくなるケースもあります。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは対象者が海外に居ても、復縁調査・復縁工作を執り行う事は出来ますが、料金の方が格段とアップしてしてしまいます。

復縁工作の機会はあるけれども、料金の問題と長期に渡って遠く離れた環境では耐えられないと、心が折れてしまいうのです。

また『復縁したい相手が様々な原因で亡くなってしまった』の場合は『病死・事故死・突然死・etc』などがあり、こうなってしまいますとどうにもならなくなり、復縁を諦めるしかありません。

ただ単に復縁したいと思うで前へ突き進んでも、その先に待ち受ける障害は誰にも予想は出来ません。

しかし、ここで気持ちを切り替えてこのまま復縁に突き進むのか?

それとも、復縁を諦めてしまうのかは、復縁したいと思うあなたの気持ち次第となるのです。

人生とは平坦な道ばかりではありません。

険しい山が目の前に聳え立っていてもその山を越える事で、あなたが思い描く理想郷があるのかも知れません。

復縁屋シークレットリサーチャーズは、復縁で悩んでいる方の道先案内人となり、目の前に聳え立つ険しい山を一緒に登り切って行きたいと思っております。

復縁工作を依頼する前にもう1度!

皆さんが復縁したいとお考えになる時、何を思って復縁したいと思われるのでしょう?

基本的には相手の事が好きだからこそ、復縁したいと思われる方が大半でしょう。

自分自身で復縁したい旨を相手に伝えたり、共通の友人に協力をしてもらい復縁を目指したけれどもうまく行かなかった。

でも、『何とかして復縁したい!』と思いは募るばかりで、気持ちが落ち着かない日々を送ってしまう訳です。

そうなりますと『復縁』・『復縁したい』・『復縁の方法』などの検索キーワードで検索した結果、復縁屋に行き当たるケースがあります。

復縁屋シークレットリサーチャーズにお問い合わせ頂く大半の方は、上記のような手法を用いて辿り着き、『復縁工作』と言う言葉を知る方がほとんどなのです。

もちろん中には『探偵』・『復縁屋』・『復縁工作』などの検索キーワードを知っていて、弊社まで辿り着く方もいらっしゃいます。

そこで無料相談窓口からのお問い合わせを頂きます。

・今の現状
・復縁したい相手への思い

などお聞きしまして、ご相談内容が果たして復縁が出来る内容なのか?または、復縁が出来ない内容なのかを判断させて頂き、ご相談頂きました内容が復縁の可能性がある案件であれば、実際に直接お会いさせて頂きより詳しい内容をお聞きし、最終的に意思確認をさせて頂いた上でご契約をさせて頂いております

しかしながら、お客様の中には『復縁屋に復縁工作を依頼すれば間違いなく復縁が出来る』と思われている方もいらっしゃるのです。

復縁工作を依頼をすれば、決して安くはない契約料が発生します。

私が高いお金を払っているんだから復縁工作お願いします。』と、復縁屋に丸投げしてしまうお考えの方がいらっしゃいますが、これは間違った考えになるのです。

復縁を成功させるには、ご依頼頂いたお客様のご協力が必要不可欠となります。

・何故復縁したい相手と別れてのか?
・別れて原因は何なのか?
・付き合っていた時に相手から何か不満を言われていなかったか?
・相手からこの部分を直してくれと指摘されていなかったか?

など、思い起こしてもらう必要があり、その内容が復縁を妨げているような部分であれば、自己改善をしなくてはいけません。

自己改善に対して、意欲的な方とそうでない方では復縁の可能性にも違いが出てまいりますし、根本的に考えて相手が嫌だと思っている事が治っていなければ、復縁なんて無理な話なのです。

復縁屋に依頼する=100%復縁出来る』との思いは捨てて下さい。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、お客様が変わるお気持ちがある方のみ、復縁工作のご依頼をお受け致します。

まずは復縁工作の依頼をする前に、ご自身が変わる気持ちがあるのか、それとも変わる気持ちがないのかお考え下さい。

自己改善して自分を変えたいと思う方に対して、復縁屋シークレットリサーチャーズでは、最大のサポートをさせて頂き、一緒に復縁への思いを実現させて頂きます。