夫(妻)を奪った不倫相手が許せない!


不倫相手に夫(妻)を奪われました。どんな事をしても不倫相手から夫(妻)奪い返したい!』と切実なご相談をよく頂きます。

信じていた夫(妻)…愛していた夫(妻)…不倫は夫婦間での最大の裏切り行為なのに、不倫相手に身体だけでなく更に心も奪われるなんて…。』などの声もよくお聞きします。

タダでさえ、不倫は夫婦間において最大の裏切り行為であり、許せない行為でありますがそれ以上に『心まで奪われる』となれば、最大の裏切り行為以上にとんでもない話です。

ご相談頂く方は、そんな最大の裏切り行為をした相手の事が大好きで『離婚なんて考えていない。夫(妻)を奪い返す』と思う訳です。

しかしながら夫(妻)の考えは離婚に向けて心が固まっていたり、離婚に向けて行動していたり様々なケースがあります。

それを阻止し、夫(妻)が自分の所に戻ってくるようにするには、どうすれば良いのか考えてみましょう!

■不倫相手に対して夫(妻)に関して興味を無くす方法

夫(妻)と元の関係に戻すには、不倫相手とまず別れさせなくてはいけません。

不倫相手と別れたのならば、あなたの元に帰って来る可能性はありますが、全ての案件で必ず『元の鞘』に戻るとは限りません。

そのまま元の関係に戻れないケースもありますが、それは状況次第で変える事が出来ます。

まず最初にやらなくてはいけない事は、不倫相手との関係を解消させる事です。

そこで効果を表すのが『別れさせ工作』となりますが、別れさせ工作にも様々なやり方があります。

皆さんが思う別れさせ工作とは『不倫相手に異性を近づけ恋仲にさせる』と思い浮かべると思いますが、これも1つの手段ではありますが、全ての別れさせの案件で用いる訳ではありません。

他の工作としては『夫(妻)・不倫相手に同性の工作員を接触させてお互いのイメージを崩す』などの手段があり、また他にも様々な工作パターンがあります。

そんな簡単に2人の仲を引き裂く事が出来るのか…?』と思いかも知れませんが、2人の仲を引き裂くのはそんなに難しい事ではないのです。

■自分が別れたいと思った時に置き換えてみればよくわかります

愛し合っている2人の仲を引き裂くなんて、そう簡単に出来る訳ない』と思われるかも知れません。

皆様が仰る事はよくわかりますし、まさにその通りなのですが、しかし皆様が思われているほど、そこまで難しいものではないのです。

まず自分を置き換えて考えてみて下さい。

大好きだった人の事がある日突然、嫌いになった事はありませんか?

それは今まで相手の事の見えていなかった嫌な部分や、許せない部分を見てしまったり、非常識な一面が見えてしまった時など『百年の恋も冷める』時です。

相手の気持ちが冷めるよう人為的に作り出すのが、別れさせ工作なのです。

元の夫婦関係に戻りたい』・『子供の為に夫(妻)が居ないと成り立たない』と夫(妻)を不倫相手から、取り戻したいとお悩みの方は別れさせ屋シークレットリサーチャーズに、まずお問い合わせ下さい。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズがきっちりと解決致します!

参考ブログ

執着心の強い相手との別れる方法

別れさせ工作は新たな未来の扉を開きます!

   

既婚者の女性に片思い……


様々な人が色々なところで恋に落ちています。

好きになってしまってから、その人が既婚女性だと知ることもあるでしょう。

また、既婚女性だと知っていても好きになってしまうこともあるかもしれません。

しかし、既婚女性を好きになるということはやはり苦しいものなのです。

そう思うからこそ既婚女性を好きになることを避けようとする人の方が多いはずです。

独身男性が既婚女性を好きになるということは十分にあり得ます。

既婚女性を好きになる時の人の心理とは一体どういったものなのでしょうか。

既婚女性を好きになった場合の行動や対処法まで今回はお話していきたいと思います。

心理①:女性の余裕に魅力を感じる

結婚をしている、という事で相手の女性に余裕を感じるものかもしれません。

女性は結婚をしている事で男性の事を恋愛対象外、また恋愛は自分には関係ないと思っている人が多いのですが、その態度こそが逆に男性の興味をひいてしまうのかもしれません。

お互いに最初は恋愛対象として見てないからこそ心を開きやすく、自然と仲良くなれるものかもしれません。

無防備な状態ともいえますので、どんどん仲良くなってしまい気づいたら好きになってしまっていた、という事もあるでしょう。

結婚している状態の女性はもちろん独身で結婚したい女性、結婚を焦っている女性とは違いますので、その落ち着き方が独身男性には魅力となる事があるようです。

心理②:こんな人はいないと特別視してしまう

障害があれば、手に入りきらない事にもどかしく感じるものでしょう。

それは、その人に執着する事になりかねません。

手に入らない相手だからこそ、恋心が募りこんな女性はもう他にはいない、と特別視してしまうのです。

そうなってしまえば、離れられなくなってしまうものでしょう。

最初は軽い気持ちではじめた関係を終わらせられないという人は結局相手に依存や執着をしてしまっているのでしょう。

しかし、深入りすればするほど、相手や周囲だけではなく自分自身も大きく傷つけてしまう事になりかねます。

既婚女性にはまってしまう独身男性はこのような心理状況にあると言えます。

障害があるからこそ更に恋愛が盛り上がる、という事はよくあるものです。

しかし、高いリスクがある事をしっかりと認識しなければ、すべての人が傷つく結果に終わる可能性もあるのです。

イケナイ関係” の魅力はそんなリスクと隣り合わせであるからこそ、惹かれてしまうものなのかもしれません。

では、既に既婚女性に想いを寄せている場合、どのような行動や対処をすれば良いのでしょうか。

今の段階で独身男性であるあなたが既婚女性に片思い中の場合、苦しいかもしれませんが、あなたの気持ちはそっと心にしまっておいたほうが良いです。

もしも、念願叶って相手の女性と付き合えたとしても、日の当たる場所で堂々とできる関係ではありません。

そのことが恋を燃え上がらせることもありますが、かえってそのことでこの恋を終わらせることが難しくなり、ズルズルとした関係だけが続いてしまうことも多々あるのです。

現実と理想は違います。冷静になり、片思いの段階で踏みとどまるのがベストでしょう。

趣味に没頭する、習い事を始めるなど、気持ちを抑える環境を整えてみるのも冷静になる1つの手です。

しかし、どうしてもこの恋を諦めきれない方は、彼女と配偶者を離婚させる準備も必要になってきます。

彼女の離婚を円満にさせるために、彼女の夫に浮気やDVのような非がある場合は証拠を集めるなどの努力が必要です。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、『別れさせ工作』や『不倫調査』などを実施しておりますので、※『』内 大文字赤

既婚女性の配偶者に対して素行調査などを行い、離婚の証拠になるような材料を集める事も出来ます。

証拠を集める事が出来ればスムーズに離婚に向けて話が進みます。

しかし、離婚させる事が成功したとしてもあなたの事を好きになってくれるとは限りません。

一番重要な事は離婚に向けて ”別れさせ工作” 行いつつ、その女性との関係を構築していく必要があります。

そのために自己改善を行い、相手に好意を持ってもらえるような努力も必要になります。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、ご相談者様の望まれる結果になるようサポートしております。

現在、片思いでお悩みの方は、お気軽に無料相談窓口までお問い合わせ下さい。

参考ブログ
  

執着心の強い相手との別れる方法


お付き合いをしている相手と別れを考えているけれども、相手の執着心が強く、別れの言葉を怖くて言い出せない…。

このような状況に置かれている方は、非常に多くいらっしゃいます。

自分から別れを告げたら『どの様な展開になるか目に見えている』とお悩みになられていらっしゃる方からのご相談を、別れさせ屋シークレットリサーチャーズの無料相談窓口に数多く寄せられております。

執着心の強い相手との別れ方と、どうすれば良いのかお伝えしていきたいと思います。

■執着心の強い相手に別れの言葉は逆効果

執着心の強い相手に対して、あなたからの別れの言葉は逆効果となってしまいます。

まず執着心とは『 ある人や物事に捉われてそこから離れられない、心の状態を言う』と言う事を指しますが、執着心とは悪い意味だけではなく、良い意味でも使われます。

その執着心が悪い方向へ行ってしまいますと、良からぬ結果を招く事になります。

上記の事から分かる通り、人や物事に強い執着心を持っている相手にこちらから拒否反応を示してしまうと、今よりより執着心を強めてしまいます。

あなたからの別れ話で今よりも執着心が強くなり、より一層あなたへの執着心が強くなり、別れる事が難しくなって行く事でしょう。

そうならない為の方法とは何かをお伝え致します。

■執着心が強い相手と別れるには他に執着出来るモノを与えてあげる

執着心が強い相手の標的が今のあなたであれば、違う執着を持てるモノを与えてあげる事です。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズによる別れさせ工作を使う事で執着対象を変えます。

執着対象を変える事により、別れ話を相手から切り出させる事によって、あなたへの被害を抑える事が出来ます。

執着出来る対象が変われば、相手から離れて行きますし、別れの非を相手に与える事が出来ます。

執着心が強い相手には、他に執着出来るモノを与えてあげる事が必要となってきます。

交際相手の執着が強すぎて別れたくても別れられない』とお悩みの方は、数多くの別れさせ実績がある別れさせ屋シークレットリサーチャーズにお任せ下さい。

ご相談は無料相談窓口を設けておりますので、ご相談の際には匿名でも構いません。

今抱えていらっしゃるお悩みをご相談下さい。

参考ブログ

別れた相手からしつこく復縁を迫られ困ってます…

マインドコントロールに注意しましょう!!

   

別れた相手からしつこく復縁を迫られ困ってます…


別れた理由はそれぞれありますが、立場が違えばお互いの気持ちも違います。

相手から復縁を迫られても、相手に対して好きと言う気持ちが無ければ、復縁したいと言う気持ちは湧きませんよね?

しかし相手の気持ちとしては、あなたと復縁したい気持ちでいっぱいで、しつこく復縁を迫ってきたらどうすれば良いのでしょうか?

■相手との連絡を絶てばもう大丈夫??

もう復縁を考えていなければ相手との連絡を絶つ事は、そう難しい事ではありません。

電話を着信拒否にしたり、他の連絡ツールをブロックすれば、相手からの連絡を受け取る事はありません。

しかし、復縁をしつこく熱望している相手は、あなたの自宅・職場・関係各所に姿を現す事もあるかも知れません。

そうなりますと、いくら連絡手段をシャットアウトしても意味がありませんよね…。

会いたくもない相手に、いきなり自宅や職場などに押し掛けられても、迷惑な話ですよね。

拒否してもそれを受け入れる事はなく、何度も押し掛けてくる場合の対象方法は有るのか?

■迫りくる相手の対象方法

あまりにもしつこく迫りくる相手に対して、どう対処すれば良いのか考えてみましょう。

※ストーカーとして警察に相談する

付きまとい行為などで、ストーカー行為として警察に相談する事は出来ますが、あまりにも悪質だったり、暴力事件や傷害事件に発展しない限り、警察自体は実質捜査をしてくれません。

これは『民事不介入の原則』から基づく事からによります。

しかしこれが仇になり、凄惨な事件に発展する事があるのです。

■警察が動いてくれる前に出来る対象方法とは…?

警察が『民事不介入の原則』として動いてくれないのであれば、どうすれば良いのか?

※別れさせ工作で相手を近寄らせない方法

別れた相手に対して『別れさせ工作を使う』と聞くと少し違和感を覚えるかも知れませんが、これも正しい別れさせ工作の使い方でもあります。

今しつこく迫ってきている相手は、あなたに新たな恋人が居ない事から、しつこく迫って事も考えられます。

その場合は工作員が新たな恋人を演じ、復縁を迫ってくる相手を撃退する事も出来ます。

また今現在恋人が居ても、恋人に頼めない・内緒にしたいと言う方にもご利用頂けます。

別れさえ屋の利用用途は多岐に渡りあり、その方にニーズに合わせて行きます。

別れた相手からしつこく復縁を迫られお困りの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズまでご連絡下さい!

しつこい相手を撃退するお手伝いを致します!

参考ブログ

別れたら何をされるかわからない…

彼女依存の男性

   

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズホームページ

復縁工作に関するページ

別れさせ工作に関するページ

浮気調査に関するページ

素行調査に関するページ

別れさせ工作は新たな未来の扉を開きます!


早速ですが、皆さん『別れさせ工作』と聞くとどの様なイメージが湧きますか?

・幸せな2人を引き離してしまう
・別れを望んでないのに別れさせてしまう
・略奪行為のようで本当の幸せを掴めるのか

など、マイナスイメージを持たれている方は、非常に多いかと思います。

別れさせ屋のイメージとして『幸せな2人の仲を引き裂き奪い取る』と言った世間一般的なイメージとなりますが、果たしてそれだけなのでしょうか?

■別れる決意をするのは最終的に当事者同士

まず別れさせ工作にも、様々な手法があります。

・異性を近づける方法
・外部的な働きから別れさせる方法
・心理的に別れへと導く方法

など、対象者や別れの難易度によって、様々な形で別れさせ工作を行います。

またそれだけ、別れさせ工作を必要とされている方いらっしゃると言う事なのです。

別れさせ屋が別れさせ工作をして、最終的に別れるか・別れないかの判断は当事者同士の話になってきます。

2人の間にどんな問題・困難な状況になっても、乗り越えられるような関係ならば別れる事はありません。

結果的に別れる道を選んだと言う事は、仮に別れさせ工作が原因じゃなくとも将来、他の理由から別れる事が考えられます。

■自分自身の別れにも別れさせ工作を有効活用

別れさせ工作と一口に言っても、復縁を目指す為だけでなく、ご自身の付き合っている相手との別れにも大変有効的な効力をもたらします。

※別れを切り出しても別れてくれない

別れを切り出しても、中々別れてくれない時ってありますよね?

相手に対してもう恋愛感情もないのに、別れられないとなると、それはただの時間の無断でしかありませんし、新たに前へ進む事が出来ません。

そんな事を一刻も早く解決する為にも別れさせ工作(別れ工作)が有効的であり、新たな未来の扉を開くキッカケとなります。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズが行う別れさせ工作とは、今の現状から一歩前へ進みたい方を応援しております。

別れに関してお悩みの方は、匿名でも構いませんので無料相談窓口までお問い合わせ下さい!

新たな未来の扉を開くのはあなた次第です!

参考ブログ

マインドコントロールに注意しましょう!!

別れさせ屋に依頼する事に後ろめたさを感じるか?

  

マインドコントロールに注意しましょう!!


今年1月下旬にとても悲しく、憤りを感じる事件が起こりました。

1月下旬、千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さん(10)が、父・勇一郎容疑者からの虐待によって死亡した事件。

すでに逮捕されている父親とともに、母親も一部加担していると逮捕されました。

捜査関係者によると、母親が直接、暴行を加えた形跡はないが、県警は栗原容疑者の暴行を知りながら止めなかった責任は重大とみています。

母親が容疑者である父親からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていた可能性があるとの情報を把握しており関与の度合いを慎重に調べる方針です。

この事件では、父親からの日常的な虐待の事実も次から次へと浮上し、児童相談所は栗原勇一郎容疑者の危険性を認識しながらも心愛さんを容疑者の元へ返しました。

児童相談所の過失が大いに認められ、防ぐことができた事件ではないかと悔やまれています。

本当に残念でなりません。

その後の調べによると、母親のなぎさ容疑者は事件当日、勇一郎容疑者による心愛さんへの暴行を止める事もせず、それどころか、心愛さんに対して『廊下で立ってなさい』、『正座しなさい。ご飯は抜き。』などと、勇一郎容疑者となって叱責していたという事です。

また、普段から心愛さんに対して充分に食事を与えていなかった疑いも持たれています。

なぎさ容疑者自身、一連の暴行について『加担した』と供述していることもわかりました。

なぎさ容疑者は夫から暴力を受けていたことが分かっています。

一家は2017年8月まで沖縄県糸満市に住んでいましたが、当時なぎさ容疑者の親族から『勇一郎容疑者からDVを受けている』という相談が寄せられていました。

また、2017年11月、心愛さんが一時保護された際には、なぎさ容疑者が千葉県柏児童相談所に『今もDVを受けている』と告白していたとのこと。

心愛さんも一時保護される当時、『おかあさんがやられていた』とも話していたようで…それほど、勇一郎容疑者の暴力が常態化していたとみられます。

何故、事件当日、長時間に及ぶ娘への暴行を黙認しただけでなく、厳しく叱責し食事を与えないなどの能動的な加担行為があったのか?

捜査関係者はこの件に関し、『勇一郎容疑者による虐待が常態化する中、心愛さんへの暴力がなくなったら自分に矛先が向くと考え、マインドコントロールされていたのではないか』と、話しています。

栗原勇一郎容疑者の暴力が常態化し、思考停止におちいって感覚がおかしくなっていたのでしょうか…

捜査関係者の話すように、自分に矛先が向くのを恐れて娘への暴行を黙認というのは、通常なら考えられない思考回路ですよね。

普通の母親なら、自分はどうなっても子供を、と思うはずです。

この段階になるまでは、一連の経緯があったともいえますが…

それでも、なぎさ容疑者が少しでも違う行動を取っていれば救えた命なのですから、責任は重いといわざるを得ません。

なぎさ容疑者が強く制止していれば、それよりも前に、自分自身が夫の支配から逃れることが出来ていれば…と非常に悔やまれます。

勇一郎容疑者の暴力やマインドコントロールによって失われてしまった小さな命。

この事件は、日本中の人々が憤りを感じた事件ではないでしょうか。

個人的に容疑者は死刑が妥当だ。と思うくらい許せない事件です。

父親、母親には、極刑が下る事を願っています。

しかし、心愛さんの命はもう戻って来ることはありません…。

心愛さんのご冥福をお祈りいたします…。

現在、DV被害は深刻な問題になっています。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズにもDV被害にあっているというご相談者様も多く、パートナーと別れたいけれど、別れられない。というご相談を承ることがあります。

マインドコントロールをされていると ”共依存” に陥っている可能性があり、例え、別れさせ屋シークレットリサーチャーズで『別れ工作』を実施しても、隠れて、またDVされているパートナーの元へ帰ってしまう方もいます。

だめだと分かっていても離れられない状態が共依存の特徴です。

そのため、DVのご相談に最も大切な事は自身の ”自己改善” です。

自己改善にむけて心のサポートやアドバイスをさせて頂き、ご本人様が共依存から抜け出せるようご提案しております。

それに加えて『別れさせ工作』を行い、無事、関係を断てるよう工作していきます。

共依存に陥っている方は少なくありません。

心愛さんのような被害者を出さないためにも、DVやモラハラでお悩みの方はお一人で悩まれず、誰かにご相談下さい。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは無料相談窓口が御座いますので一度お話だけでもされてみてはいかがですか。

参考ブログ

別れ話のトラブルから凄惨な事件へ

別れさせ工作を利用する事で精神的負担が軽減出来ます!

別れさせ屋に依頼する事に後ろめたさを感じるか?


別れさせ工作のご相談・ご依頼をする時に、皆様はどのような思いでされますか?

前向きに依頼をされる方か、もしくは依頼をされる事に関して、後ろめたい気持ちを抱えられるかは、人それぞれであると思います。

依頼に対して前向きな方は何も問題なく話が進むのですが、後ろめたさを感じながら依頼をされるとどうなるか?考えていきましょう!

■後ろめたさを感じない為にも

まず『後ろめたい』とはどんな事でしょう?

人はそれぞれ、多かれ少なかれ人には言えない事は抱えています。

また後ろめたさを感じる人の特徴は。

・隠し事をしている
・今の生活に満足していない
・心の中で何か葛藤がある

と言った感じで、何か人には言えない『秘め事』があるのです。

中には何も隠し事が無く、正々堂々と生きていると言われる方もいらっしゃるでしょうが、今までに1つも隠し事や心の中に葛藤が無かったのかと言えば、そうではないと思います。

人生とは『良い時もあれば、悪い時もある』訳ですから、今はなくとも『後ろめたさ』を過去には抱えていた事もあるはずです。

今まさに『別れさせ工作』の相談・依頼をしようか悩まれている方で、後ろめたさを感じている方はいらっしゃるとは思いますが、特段後ろめたさを感じる必要はありません。

それは何故そう言い切れるのか?

別れさせ工作をする事によって、お客様が『幸せになれる』からです。

別れさせ工作と聞けば『幸せな2人の仲を引き裂く』・『別れたいと思っていない相手と別れる』と良いイメージが湧かないかも知れませんが、別れさせ工作をする事によって、まずお客様が『幸せになれる』なら何も後ろめたい思いを感じる事はありません。

ただ相手の仲を引き裂くだけで、その先の幸せを持てないのであれば、別れさせ工作をする必要もありませんし、別れさせ屋シークレットリサーチャーズでも依頼をお受けする事は出来ません。

ただ人の幸せを『恨み・妬み』だけでの理由からの別れさせ工作のご依頼はお断り致します!

別れさせた後のその先に『幸せがある』ならば、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにご相談下さい!

幸せの方向を導き出す『羅針盤』として、別れさせ工作をお考え下さい!

別れさせ工作に関するお問い合わせは、無料相談窓口まで心の叫びをお聞かせ下さい!

参考ブログ

別れさせた後に幸せを手に入れる為に!

夫に離婚を切り出せない・・・

別れさせ屋の別の使用方法


最近『退職代行サービス』と言うサービスが話題になっているのをご存知でしょうか?

今勤めている会社を辞めたいけれども、自分から退社の意思を伝えられない・辞めたいけれど辞められないなどの理由から、代理で退職する事を伝えるサービスです。

本来会社に退社する旨を告げるには、約1カ月~2ヶ月前が基本的に良しとされております。

退職する前に仕事の引継ぎや、取引先の引継ぎなどで時間を要したり、または残っている有給休暇の償却がある為です。

世の中には色々な会社があり、退職する旨を伝えればちゃんとした形で受け付けてくれる会社もあれば、退職届けや提出しても受け取ってくれず、退職する事を許さないと言う会社も世の中には存在します。

ちゃんとした形で退職をしなくては、今後の転職や生活に必要な書類が貰わなくてはいけません。

■退職に必要書類

退職するにはただ職場に退職届を出せば、辞められるって事ではありません。

退職届が受理されましたら、双方で提出をしなくてはいけない書類があります。

※自分が会社に対して返却する物

・健康保険証
・社員証
・名刺
・通勤定期券
・社費で購入した物
・制服、作業着

など、会社から支給された物や、在職中に知り得た情報や取引先などの資料の持ち出しは厳禁となります。

また職種によりますが、同業他社への転職の禁止や期間を設けての、転職禁止などの条件を設けている業種もあります。

※会社から受け取る書類

・離職票
・雇用保険被保険者証
・年金手帳
・源泉徴収票
・健康保険被保険者資格喪失確認通知書(国民健康保険に切り替える場合)
・退職証明書(場合により)
・在籍期間証明書(場合により)

離職票・源泉徴収票は退職日に受け取れる事が出来ず、後日郵送になる事がほとんどです。

上記のやり取りをしなくては、退職が出来ませんし転職もスムーズに出来ません。

■別れさせ屋が出来る事

自分から退職したい事を言えない方が『退職代行サービス』を利用するのですが、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにも、このようなお悩みを抱えられた方からのお問い合わせを頂く事があります。

別れ=退職』と考えればしっくりしますし、『復縁=復職』と言う見方も出来ます。

退社したい本人に代わり、退職の意思を伝えます。

あくまでもここで注意したい所は『退職したい意思を伝える』であり、退職に関しましての交渉事や法的に関する交渉事は非弁行為に当たる為出来ません。

非弁行為とは『弁護士でない者が、報酬を得る目的で、弁護士にのみ認められている行為をすることをいいます。弁護士法72条によって、報酬を得る目的で弁護士にのみ認められている行為(法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすること)が禁じられています。この法律に違反した行為が「非弁行為」となります。

今まで別れさせ屋シークレットリサーチャーズでご依頼を受けた『退職代行サービス』では、退職したい会社に変わりに退職したいと伝えるだけで、退職が出来ております。

またその時に『本人に連絡をしないように』と伝える事で会社からの連絡はありません。

必要な書類などは、郵送でのやり取りになりますので、職場の人に会ったり、電話で話す事はありません。

新たな生活・新たな仕事をする為にも、前へ進まなくてはいけません。

人生応援団として、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにお任せ下さい!

退職代行サービスだけでは出来ない退職は、別れさせ工作を応用した特殊工作も可能です!

退職でお悩みの方は、無料相談窓口までお問い合わせ下さい!

参考ブログ

別れさせた後に幸せを手に入れる為に!

結婚生活と不倫生活は両立出来るのか?

別れたら何をされるかわからない…


付き合っている相手と別れたいと思っているけれど『別れを告げたら何をされるかわからない』と、別れる事を怯えている方は少なからずいらっしゃいます。

その『何かをされる』とは様々あります。

・暴力的に追い詰める
・精神的に追い詰める
・周りを巻き込んで追い詰める

など、これ以外にも様々な方法で別れる事を拒否したり、別れた後に様々な形で追い込む事が考えられる相手ですと、別れを切り出すのは中々難しいですよね。

何があってからでは遅いですし、取り返しのつかない事態になる事もあるかも知れません。

別れ話のもつれから、凄惨な事件へと発展する事もあり、他人事ではないと恐怖を感じられる方もいらっしゃるでしょう。

ご相談頂いたお話で別れ話を切り出したら『逆上して暴力を振るわれた』・『監禁された』など、事件沙汰とも言えるようなケースもあります。

別れたい相手に対して、自分から別れを告げられないとお悩みの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにお任せ下さい!

お客様の安全を第一優先に考え、別れさせ工作を行い自然の流れで別れまでこぎつけます。

別れたいけど別れられない』・『別れたら何をされるかわからない』とお悩みの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズ無料相談窓口までお問い合わせ下さい!

安全かつ最適な別れさせ工作プランをご案内致します。

参考ブログ

別れ話のトラブルから凄惨な事件へ

『子供の交際を辞めさせたい』と言うご相談…

別れさせた後に幸せを手に入れる為に!


不倫関係にあり相手を自分のモノにしたい』・『好きな人に恋人が居て何としても手に入れたい』と言った内容のご相談をよく頂きます。

愛する人・好きな人』を自分のモノにしたいと言うお気持ちは痛いほどわかります。

ご縁があって出会って好きになった人にたまたま先に『特定の人』が居たと言う事です。

しかしその事実を覆す事は出来ませんので、現実を受け入れる事するしかありません。

現実を受け入れるとなると、ではどうやって『手に入れるか?』が問題となってきます。

今まで別れさせ屋シークレットリサーチャーズのブログをお読み頂いている方や、ご依頼頂いた方はすぐにわかると思いますが、別れさせ工作をすれば良いのです。

ご利用になられていない方は不安に思うかも知れませんが、別れさせるって事は皆様が思っているほど難しいものではないのです。

何度かブログには書き出していますが、復縁とは違い良好関係を引き離す事はそう難しい事ではありません。

いくら良好な関係であっても、相手が『この人とはやっていけない。無理だ…。』と思わせれば良いのです。

皆様も経験があるとは思いますが、仲良かった人に対して『突然生理的に受け付けない』経験ってありませんでしたか?

それは今までどんなに仲良かった相手に対しても、自分が相手の事を許せない事をされた時です。

離婚原因もそうですが、配偶者の事が受け付けられなくなって離婚を決意した言う事は非常に多いのです。

別れさせ工作はそれを『人為的に作り出す工作』なのです。

では、別れさせ工作が上手く行って『相手が別れた後はどうすれば良いのか?』ここが一番の重要ポイントになります。

別れさせた相手が『100%確実』にあなたの元にくれば良いのですが、関係性が薄い場合は相手を手に入れる事は難しいでしょう。

何事にも『100%』と言う事は実際にある事はありません。

99%必ず自分の所に来ると思っていても、残りの1%でどんな事が待ち受けているかわかりません。

せっかく別れさせたのに、自分の所に来なければ幸せになる事が出来ないのです。

残りの1%を打ち消すには、やはり何らかしらの努力をしなくてはその恋は実る事はありません。

相手との関係性によって違います。

近しい人であれば、より一層の自分の魅力を引き出せるように努力をすれば一緒になれる可能性は大きくなります。

また付き合いたい相手と関係性が薄い方は…復縁工作を応用した特殊工作をする事をおススメ致します。

復縁工作を応用した特殊工作とは、一緒になりたい相手にまずあなたの存在を認識してもらう事から始まります。

ただ認識してもらうだけでは付き合うまで行く事は中々ないので、付き合いたい相手にとって特別な存在として認識をしてもらわないといけません。

またこの際の特殊工作は別れさせ工作を開始する前から行わなければいけない為、工作順序が『特殊工作→別れさせ工作』の順番になります。

別れさせ工作をして成功した時に受け入れられる準備をしなくては行けないですし、付き合いたい相手にもあなたの事を受け入れてもらえる相手として認識してもらう必要があるからです。

別れさせたい相手とその後幸せになるには、自然の流れに身を任せるのではなく、人為的に幸せになれる道筋を作る事なのです。

後ろめたい気持ちになる必要はありません。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズは幸せになりたいと思うお客様の見方であります。

幸せを掴みたいとお悩みの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズ無料相談窓口までお問い合わせ下さい!

参考ブログ

結婚生活と不倫生活は両立出来るのか?

別れを決意したけども相手からの返答は…

ダメな事と分かっていても、奥さんと別れてほしい…


不倫相手の彼とその奥さんを別れさせたい!!

不倫関係でも、相手のことを本気で想っている人がいるからこそ、弊社へご相談される方がたくさんいるのです。

その中で、自ら不倫を望んでいる人はいません。

しかし、好きになってしまえば、例え、相手が既婚者であろうと自分のものにしたいという気持になります。

そして、そのまま不倫関係になり気づけば結婚願望まで生まれて来るのです。

しかし、既婚男性は口では奥さんと別れると言っても、なかなかそれを実行してくれません。

結局は離婚してくれるという方は、現実的には少ないと言えるでしょう。

そのため、ずるずると不倫関係を続けてしまう方が多いのが事実です。

夫婦を別れさせるには、今の自分にできる事、出来ない事を正しく理解しておく必要があります。

現実問題、離婚後の費用の協議や、離婚届を役所に提出するなどは夫婦間でしか出来ません。

そこで、今の自分で出来る事を考えてみましょう。

現段階であなたが出来る事は、不倫相手の恋愛感情を自分に向ける事です。

不倫に走る理由は、主に『刺激』と『性欲』です。

この生物的欲求を利用し、不倫相手が追いかけたくなるような人間になることが、今のあなたに出来る事ではないのでしょうか。

言い方は良くありませんが結婚相手では足りていない欲求を、自分では満たせると、心と身体で理解させることになります。

相手の欲求を満たすことで、あなたを求める事が増えるでしょう。

しかし、だらだらと続けていても、離婚してくれるわけではなく、結果的に都合の良い存在になってしまうことがあります。

全く何もせず、ただ居心地の良い存在でいると、相手は現状に満足してしまい『このままでも特に問題ないし大丈夫か…?』と、いつまでたっても離婚してくれません。

なので、結婚相手と別れてほしいならまずは『 離婚までの期間を決めてもらう』ようにしましょう。

いつになったら離婚してくれるの?』ではなく『 今すぐには無理だろうけど、一年以内にはなんとか話を進めてね』というように、きちんと期間を提示してあげるのです。

それでも相手が動かなそうな場合は『一年しか待てないからね』というように、少しだけ焦らせてみるのも効果的です。

強めに言ってしまうと、気を良くはしないでしょうから、喧嘩にならないように、なるべくいい雰囲気の時に言ってみるのがポイントです。

相手の恋愛感情を自分に向ける事が出来ていれば、尚更、あなたとの関係に終止符を打つ事を躊躇するでしょう。

しかし、冒頭でお話したように、離婚させるという事はやはり簡単に出来る事ではありません。

そこで、離婚前、離婚後の泥沼に陥りたくないのであれば、プロに任せる事が無難だといえます。

上記でお話した内容は、あくまで、心理的な作戦であり確実とはいえません。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズは多くの夫婦を離婚させてきた事例が御座いますので、様々な案件に対応しておりますし、何よりも物理的な別れさせ工作を行いますので、離婚させられる確率はかなり上がります。

全てのケースが同じではないので、一度、ご相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

現在の不倫相手があなたの本当のパートナーになるかもしれませんよ。

参考ブログ

略奪婚するならリスクがることを知っておこう

離婚を認めてもらえない……

別れ話のトラブルから凄惨な事件へ


前橋市職員の男 別れ話でトラブルか 22歳女性刺され死亡(Yahoo!ニュース)と言った、とても身勝手極まりない事件が発生しました。

事件の詳細はまだこれからの発表となると思いますが、別れ話のトラブルから大事な人の命が奪われてしまいました。

被害に遭われた女性と、被害女性の命を奪った男との間に別れ話からのトラブルや暴行被害などが去年からあり、警察へ相談をしていたようです。

警察から男へは『被害女性に近づかない事・連絡をしない事』を口頭で注意をしていたようですが、事件を未然に防ぐ事は出来ませんでした。

また事件当日の夜にも被害女性は、警察へ被害届を出す予定だったとの報道もあります。

もう少し早く被害届が出されていれば未然に防げたかもしれませんし、結果がどうなったかはわかりません。

また犯人の男は『彼女なしでは生きていられない』22歳女性殺害(Yahoo!ニュース)とも言っているようですが、このような自分勝手極まりない理由から、命を奪われてしまった被害女性や親御さんの気持ちは計り知れません。

親御さんも大切な娘さんを守ろうと一緒に警察へ相談へ行ったり、一人暮らしの娘さん宅に泊まっていたようですが、被害を防げなかった気持ちを思いますと言葉には言い表せません。

この手の事件がありますと、犯行を犯した人間は『恋人と離れたくなかった』・『他の人と付き合ってしまうなら殺した方がマシだった』とよく聞く言葉ですが、自分勝手な言動・行動であり、これで大切な命を奪われてしまった方としてはたまったものではありません。

このような恋愛間でのトラブルによる事件は後を絶たず、頻繁に起こっている事は皆さんご存知御でしょうか?

今回のケースみたいに、殺人事件に発展すればニュースとして大きく取り上げられますが、暴行事件などは報道される事はあまりありません。

事件に発展する前に何とかしたいと、警察に相談しても男女間でのトラブルは『民事扱い』となりますので、何もしてくれなかったり、今回のケースのように相手への口頭注意で終わってしまいます。

しかし(元)交際相手とのトラブルが実際問題あり、解決をしたい場合はどうすればいいのか?

・(元)交際相手からの暴力
・(元)交際相手からのつきまとい(ストーカー)行為
・(元)交際相手からの見えない嫌がらせ

など、まだ警察が介入出来ない案件・第三者には頼れないお悩みの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにお任せください。

被害に遭われている当事者からのご相談・ご依頼はもちろんの事、お子様が今現在被害に遭われていてお悩みの親御さんからのご相談・ご依頼もお受け致します。

これ以上被害が拡大しない為にも、また大きな事件に発展する前に『別れたい相手・縁を切りたい相手』に別れさせ工作をご検討下さい。

もうこれ以上悲しい事件が起きない事を、別れさせ屋シークレットリサーチャーズは願わずにはいられません。

参考ブログ

ストーカー規制法による接見禁止命令を受け…

復縁したい相手からストーカー扱いされてます…

結婚生活と不倫生活は両立出来るのか?


今世の中で不倫をしている人って、実際どの位居るのでしょうか?

詳しい統計などがある訳ではありませんが、既婚者の約3割~4割が不倫を経験した事があると言われています。

また別れさせ屋シークレットリサーチャーズにも、数多くの不倫にまつわるご相談を頂きます。

・不倫相手と一緒になりたい
・不倫相手が妊娠した
・不倫相手の家族にバレた

など、様々なご相談があり、周りには中々相談が出来る内容ではありません。

中には金銭的に厳しく結婚生活と不倫生活が両立出来ない』とご相談頂く事もあります。

金銭的に厳しいから『不倫相手と別れたい』と言った具合のご相談内容で、自分から別れを告げる事が出来ないので、別れさせ工作で何とかならないかと…。

実はこのようなご相談は多くあり、不倫相手と別れたいけども『別れるキッカケがない』・『別れを告げたけども受け入れてくれない』など、不倫相手との関係清算で悩まれている訳です。

今後不倫相手に金銭的負担が掛かるならば、ここで別れさせ工作を依頼して関係を清算し、将来的金銭的負担を減らしたいとお考えになる訳です。

夫婦間での別れ(離婚)になりますと、慰謝料・財産分与・親権、または離婚調停・離婚裁判と言った具合に、金銭的負担や時間的負担などが、不倫相手と別れるよりも大きくなりますので、不倫相手との別れを選ぶ訳です。

また既婚関係の別れさせの難易度より、不倫関係の難易度の方が低くなりますので、別れさせ期間や別れさせ工作費の軽減にもなります。

金銭的に窮地に立たされ、これ以上不倫関係を続けて行く事が難しいとお悩みの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズ別れさせ工作で、お悩みを解決してみませんか?

このまま不倫関係を続けていては、これ以上の出費になる事も大いにあります!

参考ブログ

略奪婚するならリスクがることを知っておこう

別れを決意したけども相手からの返答は…

初詣帰りに喧嘩して別れてしまった…


例年の事のなのですが、この時期になりますと

・年末年始に喧嘩別れしてしまった
・初詣帰りに喧嘩別れしてしまった

など、『新しい年の幕開けと共に、2人の関係の幕が閉じてしまった』と言う悲しい新年のスタート切ってしまった方は多いのです…。

冬休みは他の季節の休みとはちょっと違い、デートをするにも外は寒いですし、年末になると1年の疲れがドッと出る時期でもありますので、家でゆっくりと過ごされる方が多く、一緒に近い距離に居る時間が多い訳です。

最初の頃は、ゆっくりと2人で過ごせる時間が出来たと喜ぶ訳ですが、次第に2人でいる時間が多くなるにつれて些細な事で喧嘩をする事があります。

普段の生活もそうですが、喧嘩をした後に仲直りをすればまた関係をやり直せるのですが、またどうしてか『年末年始』・『初詣帰り』の件かの場合、そのまま別れてしまうケースが多いように思えます。

これは私見でもありますが『1人は潜在的に1年の締めくくりや1年の始まり(年末年始・初詣)に何か嫌な事があると良い年を総括出来ない・良い1年のスタートが切れない』と思ってしまうのはないでしょうか?

そんな思いから『悪いモノは断ち切る』との思いから別れを選んでしまう方は居るはずです。

また逆に別れを告げられてしまった方としては『1年の最後(最初)に別れる何て…話し合いをして関係を改善出来れば何も別れる事なんてないのに…』と思い、『お互いに取って最悪の1年の締めくくり・最悪の1年のスタート』なってしまったのですが、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談・ご依頼を頂く方は、また復縁して一緒になりたいと思われています。

復縁するには復縁工作と共に自己改善も取り組まなければ、最終的に復縁は成功致しません。

依頼料にお金を掛ければどんな復縁工作は出来ますが、自己改善は自分との戦いです。

復縁を成功させたい』と思いなら、無料相談窓口までお問い合わせ下さい!

復縁を本気で考えていらっしゃるのであれば、復縁屋シークレットリサーチャーズが全力でサポート致します!

参考ブログ

突然の別れ…どうしても受け入れる事が出来ません

喧嘩別れをしてしまった…でも復縁したい

略奪婚するならリスクがることを知っておこう


不倫から、略奪婚。

これって本当に幸せな結末を迎えられるでしょうか?
そもそも、幸せになれる不倫なんてあるのでしょうか?

略奪婚するべきか迷っている人や、略奪婚の覚悟を決めたい人……。

略奪婚で起きるリスクをあらかじめ理解した上で、改めて略奪婚という選択を選ぶのか参考にして頂ければと思います。

恋愛において、一番刺激的で興奮するのが不倫ではないでしょうか。

誰かの愛する人を略奪する略奪愛。

いけないと分かっているのに止められない、まさに麻薬の様に刺激的で背徳なイメージがあります。

略奪婚する人は、人の物が良く見えてしまう妬み癖がある傾向があります。

友達が恋人や旦那と幸せそうにしている姿に羨ましくなり、自分がその立場になりたいとやっかみます。

人が持っているアクセサリーや鞄などが素敵に見えて、自分も買ってみるけど ”手に入れるとすぐに飽きてしまう” なんてことはよくあることですよね。

その対象がアクセサリーや鞄ではなく、人となると大問題です。

略奪したはいいけどすぐ飽きてしまったというわけにはいきません。

略奪婚出来た途端、相手に対して気持ちが冷めてしまうリスクがあるという事を頭に入れておきましょう。

本当にその人のことが好きなのか、ただ羨ましいだけで、刺激が心地よかったのではないか、自問自答してみる必要があるでしょう。

そして、不幸は自分の元にも返ってくるという事を忘れてはいけません。

というのも、自分が幸せを奪う前、その相手には愛する配偶者がいたわけです。

しかし、あなたがアプローチしたことによって気が変わり、そのパートナーを捨てて自分の元に来たわけです。

果たしてそのような人が、付き合ったその先自分のことを十分に幸せにしてくれるでしょうか。

略奪婚した後、その相手は、他の人に気が移りまた他の人の元へ行ってしまう可能性が高いです。

そして、あなた自身のように ”人の物が良く見えてしまう癖” を持つ人は他にもいるという事です。

このような事を考えると、次に不幸になってしまうのは、自分かもしれませんね。

もしも、他の人に気移りしなかったとしても、常にその《不安》な気持ちと生きていく事になるでしょう。

いかがだったでしょううか?

略奪婚には乗り越えなくてはならないリスクがありますし、他人に迷惑がかかる行為です。

この記事が、略奪婚についての適切な知識を得るための一助となれば幸いです。

そして、略奪婚のリスクを理解した上でも、略奪婚を望まれるのであれば、別れさせ屋シークレットリサーチャーズの《別れ工作》をお勧め致します。

別れ工作を利用し、配偶者との関係をスムーズに断ち切る事が出来ます。

専門家による《別れるための工作》に頼ってみてはいかがですか?

離婚、不倫、略奪愛などでお悩みの方はお気軽に無料相談窓口までお問い合わせください。

参考ブログ

別れさせ工作から始まる新たな決意!!

浮気の境界線ってどこから?

離婚を認めてもらえない……


離婚にはかなり大きなエネルギーが必要になります。

離婚は結婚の3倍のエネルギー使う》なんて言葉もよく聞きますよね。

今までパートナーと二人で築いてきた家庭という財産を壊して、まっさらにしなければならないため、結婚よりも精神的ダメージが大きいです。

離婚するということは『パートナーと一緒に生活することが不可能になり別々の道を歩む』ということです。

今までの生活を2つに切り離すのですから物理的にも精神的にも労力が必要になります。

特に、相手とのあらゆる決め事に時間を取られることが一番エネルギーが必要なことだと思います。

お互いに離婚に同意し新たな生活を求めている場合には、比較的スムーズにことが進みますが、”どちらか一方が離婚に同意しない場合” は、かなりのストレスが双方にかかるということを覚悟して下さい。

離婚に同意してもらえず、険悪な関係をずるずると続けけてしまう夫婦もいます。

昔と比べると離婚件数が増加しているとはいえ、離婚に対して良いイメージを持っている人はまだまだ少ないでしょう。

そのため、離婚によって生活が一変することを拒む人もいます。

特に、女性は離婚によって姓が変わるため、それに伴う手続きの煩わしさなどを考慮すると離婚を避けたがる傾向があります。

その結果、周囲に離婚の事実を知られることに不安や嫌悪感を抱いてしまい、夫婦関係がギクシャクしていたとしても、離婚を避けたがります。

そして、プライドが高く傲慢な男性は、往々にして妻を自分より下だと立場を分ける傾向が強いため、妻から告げられた離婚の意志により自身のプライドが傷つけられてしまいます。

そのため、素直に離婚を認めると相手にはメリットがたくさんあるが、自分は損しかしない状況を認めたがりません。

このようなケースでは、傷つけられた事実を受け入れられず、意地でも離婚しないと頑なになってしまう恐れがあるため、離婚交渉には大きな労力と長い時間がかかってしまう可能性があります。

このように、離婚を認めてもらえない夫婦は意外と多く、婚が長引き心身ともにボロボロになってしまう事も少なくありません。

離婚問題は非常にデリケートな問題であり、他人に相談しづらい内容です。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、別れたくても別れられないという、ご相談者様が不利な立場にならぬよう別れ工作をご提案させて頂いております。

別れ工作を行う事でスムーズに離婚できるようになります。

離婚を現在お考えの方は、一度別れさせ屋シークレットリサーチャーズ無料相談窓口までお問い合わせください。

様々なケースに合ったご提案をさせて頂いておりますので、あなたのご希望に沿った《別れ》を選択する事が出来ます。

参考ブログ

長年別居しているのに相手が離婚に応じない…

夫に離婚を切り出せない・・・