結婚生活と不倫生活は両立出来るのか?


今世の中で不倫をしている人って、実際どの位居るのでしょうか?

詳しい統計などがある訳ではありませんが、既婚者の約3割~4割が不倫を経験した事があると言われています。

また別れさせ屋シークレットリサーチャーズにも、数多くの不倫にまつわるご相談を頂きます。

・不倫相手と一緒になりたい
・不倫相手が妊娠した
・不倫相手の家族にバレた

など、様々なご相談があり、周りには中々相談が出来る内容ではありません。

中には金銭的に厳しく結婚生活と不倫生活が両立出来ない』とご相談頂く事もあります。

金銭的に厳しいから『不倫相手と別れたい』と言った具合のご相談内容で、自分から別れを告げる事が出来ないので、別れさせ工作で何とかならないかと…。

実はこのようなご相談は多くあり、不倫相手と別れたいけども『別れるキッカケがない』・『別れを告げたけども受け入れてくれない』など、不倫相手との関係清算で悩まれている訳です。

今後不倫相手に金銭的負担が掛かるならば、ここで別れさせ工作を依頼して関係を清算し、将来的金銭的負担を減らしたいとお考えになる訳です。

夫婦間での別れ(離婚)になりますと、慰謝料・財産分与・親権、または離婚調停・離婚裁判と言った具合に、金銭的負担や時間的負担などが、不倫相手と別れるよりも大きくなりますので、不倫相手との別れを選ぶ訳です。

また既婚関係の別れさせの難易度より、不倫関係の難易度の方が低くなりますので、別れさせ期間や別れさせ工作費の軽減にもなります。

金銭的に窮地に立たされ、これ以上不倫関係を続けて行く事が難しいとお悩みの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズ別れさせ工作で、お悩みを解決してみませんか?

このまま不倫関係を続けていては、これ以上の出費になる事も大いにあります!

参考ブログ

略奪婚するならリスクがることを知っておこう

別れを決意したけども相手からの返答は…

初詣帰りに喧嘩して別れてしまった…


例年の事のなのですが、この時期になりますと

・年末年始に喧嘩別れしてしまった
・初詣帰りに喧嘩別れしてしまった

など、『新しい年の幕開けと共に、2人の関係の幕が閉じてしまった』と言う悲しい新年のスタート切ってしまった方は多いのです…。

冬休みは他の季節の休みとはちょっと違い、デートをするにも外は寒いですし、年末になると1年の疲れがドッと出る時期でもありますので、家でゆっくりと過ごされる方が多く、一緒に近い距離に居る時間が多い訳です。

最初の頃は、ゆっくりと2人で過ごせる時間が出来たと喜ぶ訳ですが、次第に2人でいる時間が多くなるにつれて些細な事で喧嘩をする事があります。

普段の生活もそうですが、喧嘩をした後に仲直りをすればまた関係をやり直せるのですが、またどうしてか『年末年始』・『初詣帰り』の件かの場合、そのまま別れてしまうケースが多いように思えます。

これは私見でもありますが『1人は潜在的に1年の締めくくりや1年の始まり(年末年始・初詣)に何か嫌な事があると良い年を総括出来ない・良い1年のスタートが切れない』と思ってしまうのはないでしょうか?

そんな思いから『悪いモノは断ち切る』との思いから別れを選んでしまう方は居るはずです。

また逆に別れを告げられてしまった方としては『1年の最後(最初)に別れる何て…話し合いをして関係を改善出来れば何も別れる事なんてないのに…』と思い、『お互いに取って最悪の1年の締めくくり・最悪の1年のスタート』なってしまったのですが、復縁屋シークレットリサーチャーズにご相談・ご依頼を頂く方は、また復縁して一緒になりたいと思われています。

復縁するには復縁工作と共に自己改善も取り組まなければ、最終的に復縁は成功致しません。

依頼料にお金を掛ければどんな復縁工作は出来ますが、自己改善は自分との戦いです。

復縁を成功させたい』と思いなら、無料相談窓口までお問い合わせ下さい!

復縁を本気で考えていらっしゃるのであれば、復縁屋シークレットリサーチャーズが全力でサポート致します!

参考ブログ

突然の別れ…どうしても受け入れる事が出来ません

喧嘩別れをしてしまった…でも復縁したい

略奪婚するならリスクがることを知っておこう


不倫から、略奪婚。

これって本当に幸せな結末を迎えられるでしょうか?
そもそも、幸せになれる不倫なんてあるのでしょうか?

略奪婚するべきか迷っている人や、略奪婚の覚悟を決めたい人……。

略奪婚で起きるリスクをあらかじめ理解した上で、改めて略奪婚という選択を選ぶのか参考にして頂ければと思います。

恋愛において、一番刺激的で興奮するのが不倫ではないでしょうか。

誰かの愛する人を略奪する略奪愛。

いけないと分かっているのに止められない、まさに麻薬の様に刺激的で背徳なイメージがあります。

略奪婚する人は、人の物が良く見えてしまう妬み癖がある傾向があります。

友達が恋人や旦那と幸せそうにしている姿に羨ましくなり、自分がその立場になりたいとやっかみます。

人が持っているアクセサリーや鞄などが素敵に見えて、自分も買ってみるけど ”手に入れるとすぐに飽きてしまう” なんてことはよくあることですよね。

その対象がアクセサリーや鞄ではなく、人となると大問題です。

略奪したはいいけどすぐ飽きてしまったというわけにはいきません。

略奪婚出来た途端、相手に対して気持ちが冷めてしまうリスクがあるという事を頭に入れておきましょう。

本当にその人のことが好きなのか、ただ羨ましいだけで、刺激が心地よかったのではないか、自問自答してみる必要があるでしょう。

そして、不幸は自分の元にも返ってくるという事を忘れてはいけません。

というのも、自分が幸せを奪う前、その相手には愛する配偶者がいたわけです。

しかし、あなたがアプローチしたことによって気が変わり、そのパートナーを捨てて自分の元に来たわけです。

果たしてそのような人が、付き合ったその先自分のことを十分に幸せにしてくれるでしょうか。

略奪婚した後、その相手は、他の人に気が移りまた他の人の元へ行ってしまう可能性が高いです。

そして、あなた自身のように ”人の物が良く見えてしまう癖” を持つ人は他にもいるという事です。

このような事を考えると、次に不幸になってしまうのは、自分かもしれませんね。

もしも、他の人に気移りしなかったとしても、常にその《不安》な気持ちと生きていく事になるでしょう。

いかがだったでしょううか?

略奪婚には乗り越えなくてはならないリスクがありますし、他人に迷惑がかかる行為です。

この記事が、略奪婚についての適切な知識を得るための一助となれば幸いです。

そして、略奪婚のリスクを理解した上でも、略奪婚を望まれるのであれば、別れさせ屋シークレットリサーチャーズの《別れ工作》をお勧め致します。

別れ工作を利用し、配偶者との関係をスムーズに断ち切る事が出来ます。

専門家による《別れるための工作》に頼ってみてはいかがですか?

離婚、不倫、略奪愛などでお悩みの方はお気軽に無料相談窓口までお問い合わせください。

参考ブログ

別れさせ工作から始まる新たな決意!!

浮気の境界線ってどこから?

離婚を認めてもらえない……


離婚にはかなり大きなエネルギーが必要になります。

離婚は結婚の3倍のエネルギー使う》なんて言葉もよく聞きますよね。

今までパートナーと二人で築いてきた家庭という財産を壊して、まっさらにしなければならないため、結婚よりも精神的ダメージが大きいです。

離婚するということは『パートナーと一緒に生活することが不可能になり別々の道を歩む』ということです。

今までの生活を2つに切り離すのですから物理的にも精神的にも労力が必要になります。

特に、相手とのあらゆる決め事に時間を取られることが一番エネルギーが必要なことだと思います。

お互いに離婚に同意し新たな生活を求めている場合には、比較的スムーズにことが進みますが、”どちらか一方が離婚に同意しない場合” は、かなりのストレスが双方にかかるということを覚悟して下さい。

離婚に同意してもらえず、険悪な関係をずるずると続けけてしまう夫婦もいます。

昔と比べると離婚件数が増加しているとはいえ、離婚に対して良いイメージを持っている人はまだまだ少ないでしょう。

そのため、離婚によって生活が一変することを拒む人もいます。

特に、女性は離婚によって姓が変わるため、それに伴う手続きの煩わしさなどを考慮すると離婚を避けたがる傾向があります。

その結果、周囲に離婚の事実を知られることに不安や嫌悪感を抱いてしまい、夫婦関係がギクシャクしていたとしても、離婚を避けたがります。

そして、プライドが高く傲慢な男性は、往々にして妻を自分より下だと立場を分ける傾向が強いため、妻から告げられた離婚の意志により自身のプライドが傷つけられてしまいます。

そのため、素直に離婚を認めると相手にはメリットがたくさんあるが、自分は損しかしない状況を認めたがりません。

このようなケースでは、傷つけられた事実を受け入れられず、意地でも離婚しないと頑なになってしまう恐れがあるため、離婚交渉には大きな労力と長い時間がかかってしまう可能性があります。

このように、離婚を認めてもらえない夫婦は意外と多く、婚が長引き心身ともにボロボロになってしまう事も少なくありません。

離婚問題は非常にデリケートな問題であり、他人に相談しづらい内容です。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、別れたくても別れられないという、ご相談者様が不利な立場にならぬよう別れ工作をご提案させて頂いております。

別れ工作を行う事でスムーズに離婚できるようになります。

離婚を現在お考えの方は、一度別れさせ屋シークレットリサーチャーズ無料相談窓口までお問い合わせください。

様々なケースに合ったご提案をさせて頂いておりますので、あなたのご希望に沿った《別れ》を選択する事が出来ます。

参考ブログ

長年別居しているのに相手が離婚に応じない…

夫に離婚を切り出せない・・・

別れを決意したけども相手からの返答は…


自分自身は今付き合っている相手と、別れを決意したけど、別れたい相手が納得してくれず別れられない』と言った内容のご相談は多く頂きます。

自分には相手との交際に終止符を打ちたいけど、相手が納得してくれなければ,別れる事が出来ません。

中には、相手からの連絡を一切無視したり、相手の元から姿を消す…などの対応をする方もいらっしゃいますが、このような形で別れたい相手からフェイドアウトすれば、それこそ後々様々な問題が起きたりする事も予想されますので、ちゃんとした形で別れる事を望む訳です。

相手が別れ話を正面から向き合ってくれないとなれば『どうすれば良いのか?』と悩まれる訳ですが、中々良い解決方法が見出せないでいらっしゃるのです。

相手は別れの理由を受け入れられない場合は、もちろん納得出来ないでしょうし、関係改善に向けて話し合う事になるでしょう。

話がお互いの言い分で平行線に終わってしまったり、相手の言い分に丸め込まれたりして、結局の所別れる事が出来ないまま、無駄に時間だけが経過して行ってしまう事になります。

下手に別れて相手のストーカー化が心配な部分でもありますし、また中には弱みを握られていて中々別れる事が出来ない方もいらっしゃいます。

ストーカーにしても、弱みを握られているにしても、何か問題・事件に発展しない限り、基本的に警察は『民事不介入の原則』と言うモノがあり、動いてくれる事はありません。

そのような状況下であれば、別れさせ屋シークレットリサーチャーズ別れさせ工作が効果を表すのではないでしょうか?

別れる為には何が必要なのか?』を念密に紐解き、相手が別れを納得さざるをえない状況を作り上げます。

今困難な状況から抜け出す為にも『別れさせ工作』を検討してみては如何でしょうか?

別れさせ工作に対して、ご質問など御座いましたら無料相談窓口までお問い合わせ下さい!

フリーダイヤル・ライン・メールにてお受け致します!

新しい道を歩み出したいと思いの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにお任せ下さい!

参考ブログ

別れ・別れさせに効果がある場所…!?

彼女依存の男性

別れ・別れさせに効果がある場所…!?


新年早々『あの人と別れたい』・『復縁したい相手に新たな恋人が居ます…別れさせたい』とメールやお電話でのご相談を頂いております。

新年早々に『別れ・別れさせ』のご相談をすると言う事はそれだけ切羽詰まっており、かなり思い悩まれている訳です。

特に『別れたい…』とご相談頂く内容としては『一刻も早く縁を切りたい!』と切実なお悩みであり、本当に一刻も早く別れたい一心なのです。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズにお問い合わせ頂き、別れさせ工作のご依頼をお受けしても『今日・明日』で別れる事が出来るのか…そこは保証は出来ません。

別れさせ工作のご依頼をお受けしてから、別れさせ工作が完了する平均期間は『1ヶ月半~2ヶ月』の期間を見て頂いており、今すぐどうにかなるような話では無いのです。

ご依頼の中には1週間で効果があるケースもありますが、全てがそのような短期間で結果を出せるモノではないのです。

人為的に作り出す工作ですから、綿密な計画と準備が必要となってきますので、人為的ではなく今すぐ結果を求められる方はこちらを参考にしてみては如何でしょうか?

<東京・板橋の縁切榎>年末参拝者の「悪縁」を4日連続で定点取材してみた』(Yahooニュースより

板橋の縁切榎 〒173-0001  東京都板橋区本町18

こちらは『別れ・別れさせ』など縁切りに効果があるスポットとして有名です。

別れさせ屋が”神頼み”をご紹介するのは何か変ですが、1つの『別れ・別れさせ』の手段としてある事をご紹介致しました(笑)

信じるか・信じないかはあなた次第!』…誰かのセリフみたいですが、1つ参考にしてみて下さい!

神頼み”ではなく、人が行う別れさせ工作で確実に『別れたい・別れさせたい』をお考えの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズまでお問い合わせ下さい。

縁を断ち切り2019年をいい年にしましょう!

参考ブログ

夫に離婚を切り出せない・・・

不倫から結婚へ…不倫から結ばれる可能性ってあるの??

彼女依存の男性


恋愛依存症』女性特有の依存症に聞こえますが、最近では『彼女依存症』つまり男性が女性に依存してしまうというケースが増えているそうです。

束縛、甘え、疑心暗鬼など。彼女の事を好きな気持ちはどんな男性でも一緒ですが、中には彼女に依存しすぎてしまう男性もいるようです。

そうなればせっかく楽しいはずの恋愛も、女性にとって負担になってしまう場合があります。

あなたの彼氏は大丈夫ですか?

今回は、『彼女依存症』に陥ってしまう男性の原因・特徴そして対処法についてお話していきます。

彼女に依存してしまう男性に共通していることは、絶対に恋人を離したくないという強い思いがあります。

言い換えれば、もしかしたら恋人が離れてしまうのではないかという恐れの裏返しです。

彼女に依存してしまう男性には、いくつか傾向が見られます。

彼女に依存する男性と聞くとなんだか弱々しいイメージを持つ人もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

中には、一見堂々としていてプライドが高いような人もなかにはいます。

要するに、誰しもが彼女依存に陥る可能性があるという事です。

あなたの彼氏にこのようなものが多く見られたら注意したいところです。

・束縛をしてくる
・心配性である
・感情的になりやすい
・無趣味である

これにいくつか当てはまる場合 ”彼女依存” にななっている、または、今後なる要素があるでしょう。

彼氏は当てはまるのか考えてみると良いでしょう。

では、そもそも彼女依存になってしまう原因はなんなのでしょうか。

過去の恋愛にトラウマがあると現在の恋愛に依存してしまうと言われています。

前回の恋人から、言葉の暴力を受けていたり、振られ方が悲惨、浮気をされていたなどが挙げられます。

このような経験があることで彼女に今までの寂しさを埋めてもらおうとすると言われています。

スマホが普及したという事も大きく依存に繋がっていると言われています。

今の時代スマホが普及し、相手の行動を確認できるようになりましたよね?

SNSでは仕事や趣味、交友関係まで分かるようになりました。

スマホで相手の状況や行動を何度も確認し、監視しないと落ち着かないといった人も多いでしょう。

電話やLINEは相手に送るものですが、監視というのは自分自身だけで行っている事なので、知らず知らずにやってる傾向にあり、依存していることに気づいていない人も中にはいます。

スマホが普及したからこそ、恋愛依存症の男性が増えている原因とも言えます。

彼女を好きでたまらないのは悪い事ではありません。

むしろ、彼女大好き彼氏は彼女にとって素敵なパートナーだといえます。

しかし、度を越えてしまうと、その想いが強すぎてしまい彼女に対してひどい束縛をしてしまったり、最悪の場合DV に繋がってしまう事もあります。これだけは避けたい事ですね。

では、彼女依存症の彼氏への対処法をお話したいと思います。

彼氏が好きだからといって、彼の意向に合わせて会う頻度や連絡頻度などを増やすことは、あまりおすすめできません。

信用してほしいから』と彼に合わせる女性は多いかと思いますが、依存する男性は『彼女は自分の言うことをなんでも聞いてくれる』と勘ちがいするようになり、より依存度が増す可能性があります。

彼と長く付き合いたいのであれば、なんでも安易に受け入れるのはNGです。

彼氏からの依存に困ったときは、なんでも言うことを聞いて甘やかすのではなく、連絡が取れない時間と理由をきちんと説明してあげたり、ほかの楽しさを与えてあげたりする必要があります。

少しずつ実践してみてください。

そして、もしも依存がエスカレートしてしまい、自分で対処できない。

と、お困りの方は別れさせ屋シークレットリサーチャーズにご相談下さい。

依存がエスカレートした場合、彼と別れたいのに別れられないといった状況に陥りやすいです。

そのようなお悩みをお持ちの方に別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは【別れさせ工作】をご提案して頂いております。

別れさせ工作を行う事で、よりスムーズかつ確実に別れる事が出来ます。

現在パートナーの依存でお悩みの方は一度ご相談ください。

参考ブログ

恋愛依存症の人は幸せになれません!

恋愛依存症の症状とは?

年末に増える結婚の訳・年始に増える離婚の訳⁉


12月は芸能人の婚報道・離婚報道がTV・週刊誌などで報道され賑わいを見せる時期でもあります。

12月は芸能人ばかりだけでなく、世間一般的にも結婚・離婚の件数が多いと言われております。

統計的に見て12月の結婚件数は1年を通して、真ん中位に位置をしているようですが、12月を選ぶ理由があるのです。

基本的に12月とは1年の締め括りと言う事もあって、皆さんバタバタとしている時期ではありますので、結婚どころではないと思いますが、堅実的な考えの人の場合、12/31までに入籍をした場合は、その年度分の配偶者控除・配偶者特別控除が適用されるのです。

また医療費控除も受けやすくなる事から、メリット部分を考え敢えて年越しの入籍をするのであれば、年内に入籍をしてしまおうと言う訳です。

これはあくまでも現実的な話であって、入籍日は2人にとって大切な日ですから、記念日やその他日取りの良い日を選ぶのが一般的ではないでしょうか?

また逆に上記の条件の基で年末の離婚をする人は少ないようで、年末に離婚するとその年の配偶者控除が受けられなくなります

その為、年末に離婚するより年始明けに離婚をした方がお得と言う訳です。

この話はあくまでも控除を踏まえた税制面などを問題からの話であって、現実的な話をしたら結婚の場合は将来的な事を考えれば、税制面的な事も踏まえて年内結婚も考えあられますが、離婚となればそうは悠長な事は言ってられませんよね。

結婚はお互いに相手の事が好きであって、一緒になる訳ですから、結婚は2人のタイミング決める事が出来ますが、離婚となればそうは簡単な事ではなく、話し合いが拗れたり、相手が頑なに離婚に応じなければ、離婚も中々出来ないですし、離婚するにあたっても長期化する恐れもあります。

離婚を考えると言う事は、相手に対して気持ちが冷めている訳ですから、一刻も早く離れて暮らしたいと思うでしょうし、縁を切りたいと思う事でしょう。

ですから『年末に離婚?年始に離婚?』などの選択を考える余裕はありません。

早急な対応が必要になってくる訳です!

しかし、相手が離婚に中々応じないケースの場合どうしたら良いのか?

そこで別れさせ屋シークレットリサーチャーズが人為的に作り出す『別れさせ工作』を利用する事で、迅速な対応をさせて頂き、離婚までスピーディーに対応させて頂きます。

1日も早く『あの人と離婚したい』とお悩みの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズ無料相談窓口までお問い合わせ下さい!

参考ブログ

W不倫の果てに…

長年別居しているのに相手が離婚に応じない…

愛する我が子の恋愛に口を出すべきか出さないべきか…


親は子供の幸せをいつも願っています。

子供の幸せの人生のために、できることはしてあげたい。それが親心です。

自分の子供が結婚したいと連れてきた人に難色を示す親は少なくありません。

子供の幸せを考えると、親が不安に感じる相手とは別れさせるべきなのか…

昔の子に比べ、現代の子は異性の交際に対して抵抗がありません。

携帯電話やインターネットの普及が関係しているとも言えます。

そのため、中高生でも、恋人と付き合っている子どもがいます。早い子では小学生から恋人がいる子もいます。

性交渉も低年齢化しており、16~19歳の女子200人を対象に行った調査では、『今までに何人の人とセックスをしたことがありますか』との問いに、最少0人、最大30人、平均1.96人という結果が出ています。

このような子どもの男女交際についてどう考え対処すればよいのか、迷う先生や親御さんもいらっしゃることでしょう。

みんなが幸せになれる方法はあるのか、親子の関係について考えてみましょう。

親もいろいろです。

子どもの交友関係を根掘り葉掘り聞き出してすべて把握しておかないと気が済まない親がいれば、そうでない親もいます。

後者にはそこまで面倒見切れない、またはそこまでは親の責任ではないと割り切っている親もいますが、そこまで干渉してはいけないと子どもを信じ、あえて静観に努める親もいます。

どのタイプの親も、願いは同じです。

愛する我が子には傷つき失敗を繰り返しながらも多くを学び、異性との付き合い方を学んでほしいと願っています。

しかし、いくらこの親心の発露とはいえ、子どもの異性関係に親がいちいち口出しするのは、逆効果になる場合が多いようです。

中には悪事に連座することになるなどの、見過ごせない交際もあります。

しかし、基本的には子どもが誰と付き合い、生涯の伴侶を誰にするかの選択権は子どもにあると心得るべきです。

たとえ、シングルで苦労して育てた親でも、それは同じです。

根本的には子供の異性関係に口出しする事は ”NG” だとは思いますが、親心を思うと中々難しい事でもあります。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、お子様の交際に反対されている親御さんからのお悩みも多く承っています。

子供の交際に口出しをする事は良くないと頭では理解していても、子供には《幸せ》になってほしいという真剣な想いからご相談にいらっしゃいます。

そんなご相談者様に【別れ工作】をご提案させて頂いております。

別れ工作を行うと自然な形で別れを演出する事が出来ます。

そのため、別れた後の親子関係が悪くなることもありません。

我が子の交際相手に対して『相手の本性を知りたい』・『交際相手と別れさせたい』と、お悩みの親御さんが居ましたら別れさせ屋シークレットリサーチャーズにご相談下さい。

大事なお子様の未来を守れるかもしれませんよ。

参考ブログ

『子供の交際を辞めさせたい』と言うご相談…

別れを告げたら…リベンジポルノによる脅迫…

W不倫の果てに…


世間一般的に『W不倫』と聞くと、ドロドロとしたイメージですが、本当そのままなんですね。

お互いに家庭があって、不倫関係を続けて行く事は難しい事なのです。

最初は火遊び程度や、寂しい心の隙間を埋める程度で始まった関係かも知れないですが、関係が続くにつれ簡単な関係ではいられなくなって行くのです。

基本的にW不倫のキッカケは、些細なキッカケでしかないです。

先にも書きましたが

・火遊び
・寂しい心の隙間を埋める
・性欲の捌け口
・刺激を求める

など、色々なキッカケが重なり不倫が始まります。

また2人が出会い場所も様々な場所で

・同じ職場
・趣味の集まり
・SNSなどでの出会い
・同窓会
・元恋人

と言った具合に、出会いの場所は数限りありません。

最初不倫を始める時には、

・お互いに結婚をしている事から深みにハマらない
・お互いの家庭に関して干渉しない
・別れる時には後を引かない

など、割り切った関係でいる事を話し合うようですが、関係が深まって行く従って、そうではなくなって行くカップルが多くなっていきます。

相手を知るにつれ、お互いが燃え上がってしまい、ドップリと深みハマってしまうのです。

こうなってしまうと、自分の家庭を顧みないで不倫相手との逢瀬に入り込んでしまい、やがて自分自身や不倫相手の家庭を巻き込んで大騒動になるケースが相次いでおります。

当事者同士で綺麗な完結は到底難しい事で、離婚や慰謝料・養育費など、大きな代償が待ち構えております。

精神的負担・金銭的負担を抱える事は間違いないでしょう。

そうなると不倫相手との逢瀬も終わってしまいますし、仮にお互いに離婚後を一緒になろうとしても、そうは上手く行きません。

W不倫中で『周りにバレたら…どうしようと…』とお悩み中の方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにお任せ下さい!

大事になる前に現実の生活に戻って下さい!

別れさせ工作で、精神的不安・金銭的不安を解消しましょう!

参考ブログ

ダブル不倫から抜け出せない

浮気相手と別れさせたい‥‥

『子供の交際を辞めさせたい』と言うご相談…


親は子供が何歳になっても、自分の子供であり続けます。

そして子供は親が何歳になっても、自分の親であり続けます。

我が子の交際相手は未成年の時でも、成人しても気になる所です。

その交際相手の事が気に入れば交際は認めるのですが、中には眼鏡にかなわない相手もいるでしょう。

・交際を始めてから生活態度が変わった
・交際相手から束縛や暴力を受けている
・金銭的問題を抱えている

など、様々な条件のもと『この交際相手と自分の子供が付き合っていたらダメになってしまう…別れさせなくては…』と思うのは子を思う親心であります。

近年ではこのような事から、別れさせ屋シークレットリサーチャーズには、親御さんからのご相談・ご依頼が急増しております。

子供本人に言っても

・話を聞く耳を持たない
・別れるよう説得しても逆切れしてくる
・別れるよう説得したら家族の縁を切る

と言った具合に家族間での説得が難しいく、問題を抱えているのです。

交際相手との折り合いが悪く、この交際期間中に万が一『妊娠・結婚となってしまったら…』と考えてしまったら取り返しのつかない事にもなりかねないですから、早く自分の子供の交際相手と別れてほしいと願うのは親御心であります。

ただでさえ交際相手の事を良く思っていないのに、その相手が妊娠・結婚でもしたら、家族として受け入れる事が出来ないでしょうし、ましてやその子供(孫)までも受け入れる事が出来る自信はありませんよね。

それであれば事が悪い方向へ行く前に、親として別れさせ工作を利用してでも別れさせる事を選ぶわけです。

受け入れられない家族が増える前に、別れさせ屋シークレットリサーチャーズに相談してみてはいかがでしょうか?

別れさせ工作とは何も『恋人同士・夫婦同士の問題』だけでなく、家族間においての依頼もあるのです。

子供の将来の幸せを考えたら『今の交際相手から早く手を引いてほしい』とお考えの親御さんは別れさせ屋シークレットリサーチャーズがご協力致します。

参考ブログ

別れを告げたら…リベンジポルノによる脅迫…。

有名人のどろどろ不倫

別れを告げたら…リベンジポルノによる脅迫…。


近年インターネットの普及により、生活が大変便利になった反面、様々な社会問題を生み出してもいます。

匿名による掲示板への書き込みによる、誹謗中傷やデマを流されて被害を受けたり、アルバイト店員による非常識な写真投稿で閉店に追い込まれたお店など、周りを巻き込んでの問題が数多く起こっております。

その中でも『リベンジポルノ』と名の社会問題も、この何年か社会問題化しております。

まずリベンジポルノとは『リベンジポルノ(英: revenge porn)、あるいは復讐ポルノ(ふくしゅうポルノ)とは、離婚した元配偶者や別れた元交際相手が、相手から拒否されたことの仕返しに、相手の裸の写真や動画など、相手が公開するつもりのない私的な性的画像を無断でネットの掲示板などに公開する行為のこと』を指します。

今皆様がお持ちのスマートフォンのカメラ機能はとても高性能で、画質・録画時間などスマートフォンが発売される度に性能が向上しております。

好きな時・好きな場所を瞬時に撮影出来とても便利なツールとして普段から活用されていると思いますが、使い方を間違えば、人ひとりの人生を壊す事も出来るのです。

1度写真や動画がネット上に公開され、流出・拡散されてしまいますと、削除・回収が非常に困難な為、半永久的にネット上に残ってしまいます。

付き合っている時に、2人だけ秘密と言う事で安易に、裸の写真・動画や性行為の写真・動画を撮影したモノが、別れを発端にネット上に公開され不特定多数の人に見られてしまい、友人・知人・職場に人または家族の目に留まってしまう危険性も大いにあります。

またここ最近の話として、日本でも活動していましたKポップグループ『KARAのク・ハラさん』の事件も記憶に新しい所だと思います。

また日本においても、リベンジポルノよる痛ましい事件が起きております。

そのような事から、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにも、リベンジポルノの絡みのご相談を頂く事もあります。

まず最初に申し上げますと、もうすでにネット上に公開されてしまった案件は弊社ではお受け出来ません。

そのような状況であれば、警察や弁護士へのご相談をお願い致します。

別れさせ屋としてお受け出来る依頼内容としましては、別れた時に今まで撮影された画像などがネット上に公開されてしまうのではないかと、懸念をお持ちの場合のみの対応となります。

自分から別れを告げたら、相手は怒りリベンジポルノとしてネット上に公開するようなタイプ、またはもうすでに別れた場合ネット上に公開する事を宣言しているタイプの場合には、事前に別れさせ工作の段階で阻止するように仕向けます。

別れさせ工作員が対象者に接触をして、交際の事実を作り上げ、今ま交際をしていた相手のデーターを全て削除するように求め、目の前でデーター削除をさせます。

また、性行為などのデーターの存在をある事を言う対象者は少なく、対象者と親密な関係になれば自宅などに訪問出来る機会を伺い、その時に保有のPCなどにある仕掛けを施し画像などの流出を防ぐ事をします。

リベンジポルノによる画像流出してしまってからでは、手の施しようがありません。

別れたらリベンジポルノによる被害に合うかも知れないと懸念をお持ちの方は、別れさえ屋シークレットリサーチャーズにご相談ください!

デリケートな問題が含まれておりますので、個人情報のお取り扱いは徹底しております!

 

参考ブログ

メンヘラ男子増加中!

ストーカー規制法による接見禁止命令を受け…

 

長年別居しているのに相手が離婚に応じない…


夫婦であれば、同じ屋根の下で暮らす事が当たり前と思っている方は多いでしょう。

別々で暮らす時は『離婚をする時だ!』と考えるのが世の中の夫婦であると思います。

しかしながら世間では夫婦関係を続けながらも、別々の場所で長年暮らしている方も、多くいらっしゃいます。

この場合言い示すのは、仕事の都合上長期の単身赴任など、仕事上・生活上や離れて暮らす事が、やも得ない場合は除きます。

世の中に色々な夫婦の在り方があり、その1つとして別居生活を続けながら、夫婦関係を継続している方もいらっしゃいます。

別居をするキッカケは色々あると思いますが、1番多い原因は『夫婦どちらかの浮気』が多いのです。

1度離れて暮らして冷却期間を設ける為に、別居を選択するケースはよく見受けられますが、大体数か月~1年弱で元鞘に戻るか、離婚をするかどちらかになります。

しかし中には、元鞘に戻る事もなく、また離婚をする訳でなく、何年~年十年と別居生活を続ける夫婦も居るのです。

夫婦生活も破綻していて、お互いの家に行き来する事なく、たまに生活費のやり取りの連絡だけの関係…。

子供が居るから成人するまで籍を抜かない』・『世間体があるから離婚をしない』など、色々な理由から離婚をしない事があるようですが、中には『浮気した恨み』から離婚に応じない人も居るのです。

裁判上の離婚原因(民法770条1項)

5号:その他婚姻を継続しがたい重大な事由がある時』とあります。

この5号『婚姻を継続しがたい重大な事由がある時』と言うのは、婚姻関係が破綻して修復不能と判断される場合を指します。

そして、長期間別居が続いている場合と言うのは、婚姻関係の破綻が、認められやすいということになります。

では、この『長期間別居』とはどの位の期間を言うのか?

これは双方連絡が取れている状態を言いますが、別居状態が平均『5年』経つと離婚の原因として認められやすくなると言われておりますが、法的な整備・解釈が無いので全ての訴えが認められる訳ではないですが、1つの目安となるでしょう。

しかし、何年も別居状態が続いていると、精神的に参ってしまいますよね?

そんな時には、別れさせ屋シークレットリサーチャーズ別れさせ工作を、ご検討されてみては如何でしょうか!!

婚姻関係が続いている以上、今後の人生が前へ進まないと思いならば、別れさせ工作を利用して長い別居生活を終わらせ、新たな道を進んで行きましょう!

別居の原因を作ったのは自分かも知れませんが、それを長い事離婚も出来ないで雁字搦めにただ人生を過ごすのであれば、別れさせ工作を利用してみるのも良いのかも知れませんよ!

参考ブログ

離婚時期が増える時期がある?!

有名人のどろどろ不倫

離婚時期が増える時期がある?!


離婚が増える月があるって皆さんご存知でしたか?

厚生労働省が発表した人口動態統計によると、平成21年度の『離婚に関する統計』では子どもの有無を問わず、年間を通して《3月》に離婚する夫婦が多いことが報告されています。

では、なぜ3月なのでしょうか?

子どものいる夫婦の場合

自分たちが離婚することで子どもに悪影響を及ぼさないかどうかが、まず一番に気にかかることではないでしょうか。

特に離婚した場合母親が子供の親権を持つことが多いため、子どもは母親の旧姓を名乗らなくてはならなくなることがあります。

名前が変わって家庭の事情が周囲にばれてしまい、それが理由で子どもが学校でいじめられないか、周囲から偏見の目で見られるようにならないか、やはり気に掛ける親は多いのではないでしょうか。

そのため子どもへの配慮の面から3月に離婚する親が多いのではないかと考えられています。

子供がいない夫婦の場合

4月といえば会社の組織変更や人事異動がもっとも増える月。

離婚するカップルが増え、大人の社会では離婚そのものは珍しくないことと認識されるようにはなりつつあるものの、それでも名前が変わったことが理由で会社の人にプライベートなことを探られるのはあまり気持ちがいいものではありません。

そのため子どもがいない夫婦が離婚する場合にも会社環境が変わる4月前のタイミングで、離婚を決めるカップルが多いのではないかと考えられています。

また共働きの夫婦では、会社環境が一変することで夫婦それぞれに負担やストレスがかかり、それが理由で夫婦仲に悪影響を及ぼすこともあるようです。

そして、『離婚を相手に切り出す時期』として最も多いと考えられるのが年末。

これは年内に離婚届けを出し、スッキリした気持ちで新年をスタートさせたいという心理が働くからと言われています。

ただし、実際には年末に離婚の意志を伝え、受け入れられたとしても、ほとんどの場合はそこからタイムラグが生じます。

というのも、離婚はただ離婚届を出してハイおしまいというわけにはいかず、周囲への報告や準備に時間が必要なものです。

そのため、年末に話し合いをスタートさせ、もろもろの決着がつくのがだいたい3月というケースが多いと言われています。

このような事から《3月》に離婚する夫婦が増えると言われています。

厚生労働省による平成25年の人口動態調査によると離婚件数は年間23万1,383組。

離婚率はやや下がり傾向にあるようですが、それでも毎年約20万組以上のカップルが離婚という決断を選んでいます。

夫婦円満でいられるように、お互いに努力することが欠かせない時代になってきたのかもしれません。

しかし、一度こじれてしまった関係を修復するのも簡単な事ではありません。

浮気》《不倫》《DV》《金銭問題》《性格の不一致》など様々な離婚原因がございます。

別れたいのに別れられない』・『離婚したいけどどうしたら良いか分からない。』とお悩みの方が多くいらっしゃいます。

そんなときは、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにご相談ください。

様々なケースに対応しておりますので、それぞれに合った形でサポートをさせて頂きます。

今年も終わりに近づき、またゼロからスタートされたい方は思い切って一度お気軽にご相談ください。

来年は心機一転、新しい明るい人生をスタートできるかもしれませんよ。

有名人のどろどろ不倫


最近ニュースで騒がれている有名人の不倫。

メディアに叩かれている有名人をよく目にするようになりましたね。

最近のニュースで私が驚いた ”不倫問題” がリップスライム・SUさんと大塚愛さんの結婚間での不倫騒ぎでした。

この不倫問題が騒がれたのには原因がありました。

それは、不倫相手から大塚愛さん側が嫌がらせを受けていたという事でした。

不倫相手は22歳年下のモデル・江夏詩織さん。夫婦と同業のモデルという立場で活躍している身であるにも関わらず、大塚愛さん宛てにストーカーまがいな嫌がらせ行為や、SNS上での匂わせ投稿の被害に遭っていることも判明しました。

別れろ』というメッセージを何度も送り付けていた。なんて事も、報道されています。

大塚愛さんは不倫報道後の自身の楽曲の歌詞内で

嫌がらせしてくるような
あの子はいらない
人生にいらない

真夜中のインターホン
お化けじゃあるまいし
ある意味お化けだし
白のスカートって

など、不倫相手の江夏詩織さんに対する歌詞にもとれるような内容で、曲の最後は『じゃあね』で終わっています。

この歌詞が真実か否かは当事者にしか分からない事ですが、不倫相手の江夏詩織さんから、実際嫌がらせを受けていたという事は事実だそうなので、考えるだけでも、ぞっとしてしまいますね。

不倫相手の江夏詩織さんには当然批判の声が殺到している状態で、自身のインスタグラムなどで『人の過程を壊した気分はどうですか?』、『謝罪しろ』といった、批判コメントが溢れているのにも関わらず、彼女は未だ謝罪の言葉もないそうです。

この、”どろどろ不倫問題” は、これからも注目されていくのではないでしょうか。

このように、”不倫”とは世間的に褒められた行為ではありません。

江夏詩織さんのように、周りからは当たり前のように批判されます。

彼女は不倫だけでなく、大塚愛さんに対する嫌がらせなどを行っていたので、尚更、世間から叩かれてしまうのは当然の事と言えますね。

そして、関わった全ての人(当事者・子供・親族)が傷ついてしまう結果になってしまいますね。

実際、どの不倫問題も円満に終われるものではありません。

しかし、出来れば波風をなるべく立てづに処理したいものですよね。

今回のような”どろどろ不倫”が起きないためにも専門家の力が必要だと思います。

そこで別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、このような不倫問題でお悩みの方々にそれぞれにあったご提案をさせて頂いております。

不倫調査』『浮気調査』『別れさせ工作』『離婚問題』など、、、その他にも様々なご相談を承っておりますので、一度相談してみてはいかがですか?

夫に離婚を切り出せない・・・


夫婦生活を何年~何十年と続けて行くうちに、夫への愛情が薄れていき、いつしか離婚して離れて暮らしたいと思う事はあります。

愛情が薄れてしまう原因は色々あるでしょう。

・夫婦生活のマンネリ化
・嫌な所ばかり目に付く
・他に好意を寄せる人が出来た

など、夫婦の絆にヒビが入ってしまい、修復が困難となってしまったのです。

一方が修復を困難と思ってしまいますと、中々元のような関係に戻る事は難しいのです。

今まで好きだった人を嫌いになる事って意外と簡単な事で、好きな気持ちも一瞬にして冷めてしまいます。

しかし一方は『離婚のリの字』も考えてもいません。

離婚を切り出す口実や、タイミングが中々見つからない…。

ではどうすれば離婚の口実を作り出せるか?

そのような状況を作り出すには、別れさせ工作が効果を表します!

・離婚するにあたって自分に非がないようにしたい。
・離婚調停・離婚裁判など面倒な事にならないようにしたい。
・慰謝料など相手から支払わせるようにしたい。

など、様々なお考えの中から、別れさせ工作プランを立案していきます。

もうどうしても一緒に居られないとお考えの方は、別れさせ屋シークレットリサーチャーズにご相談下さい。

嫌な人と一緒に居ても、今後幸せを掴める事は難しいでしょう。

今後の幸せを掴む為には、別れる決断も必要となります。