40年前に離れ離れなってしまった友人との復縁

復縁の一般的イメージとして『別れた元恋人と復縁したい』・『離婚してしまったがまた寄りを戻したい』など、恋人や夫婦間でのイメージを持たれる方が多いかと思いますが、親族や友人などとの復縁の依頼も数少なくありません。

中には喧嘩別れをしてから、かなりの時が過ぎてからのご相談もあります。

本当に些細な事で意地を張り通してしまって…』・『歩み寄るタイミングを見失ってしまい何十年も思い悩み続けている』と何年~何十年と悩まれている方もいらっしゃるのです。

このブログでは、40年前に離れ離れになってしまい、思い悩まれていた方のお話を交えながら書いて行きたいと思います。

■40年の時を経て

それは一通の相談メールからのご相談でした。

今から40年前に、離れ離れになってしまった友人と何とか復縁をしたい』とのメールを頂きました。

何度かのメールのやり取りの後、直接お会いする事になりました。

そこでは、メールでは書き切れなかった内容を、お話して下さいました。

そこでは『復縁したい相手とは小学校の時からの友達で何をするのも一緒だった。小・中・高と同じ学校で、同じ大学を目指していました。しかし相手の家庭の事情もあり大学受験を断念した位から、何だか関係がギクシャクし出して高校を卒業と共に相手の家が引っ越しをしてから関係が終わってしまいました。還暦を迎える前に何とかして関係回復を考えています。』との話などをお聞きし、依頼を受ける事になりました。

この方のように、親族や友人との復縁をお考えの方は、長年思い悩んでいる方が多くが何かの節目(就職・結婚・出産・etc.)の時に復縁したいと思う気持ちが強くなるのだと言います。

今回のように『還暦』と言う人生の大きな節目で復縁したいと思う気持ちが強くなったとの事です。

お話としては復縁したい相手が今現在何処に住んでいて、何をしているのかが全く分からないとの事で、まずは復縁調査の前に人探し調査をしなくてはなりません。

長年音信不通となりますと、中々本人まで辿り着ける糸を探り出して行くのが、難しい事も有ります。

今回の依頼の対象者が引っ越しをした理由とは、家庭の事情と言う事も有り、その当時の仲間達も把握していないとの事でした。

この家庭の事情と言うのも、噂でしか聞いていないとの事でしたが、親友達にも一切引っ越し先を言わなかったと言う事は、当事者としては深刻な問題だったのでしょう。

あらゆる方面からまず、所在を確認する作業から始める事となります。

40年と言う歳月は人々の記憶から消え去って行きますが、記録と言うものは存在するのです。

対象者に行き着くまでには少々時間は掛かりましたが、存在確認なども出来まずは依頼者に写真などを確認して頂く事になりました。

18~19歳の時は容姿は変わってしまいますが、若かりし頃の面影がちゃんとあり、写真を見られた依頼者は涙を流して喜ばれました。

本人の所在が分かれば、後は復縁調査に切り替え今の現状など調べる事になります。

一通り復縁調査をした後に依頼者との打ち合わせで『復縁工作をしないで直接自分自身で相手の前へ行って復縁をしたい』との事でした。

その考えには復縁屋シークレットリサーチャーズは賛成である事を伝え、本人自身が直接動く事になりました。

では何故賛成なのか?

復縁工作とはあくまでも補助的な役目であり『1人の力ではどうにもならない。1人では復縁する勇気が無い』と言う方のお手伝いなのです。

今回の依頼者の方のように『これから先は自分で復縁をする』と言う方の考えは賛成なのです。

話は戻しまして、今回の復縁の話は成功する事になりました。

対象者もこの40年間、様々な心の葛藤が有ったと言います。

何故あの時に何も告げず去ってしまったのか』・『長い付き合いの友人達を裏切った格好となってしまい後悔していた』と対象者は対象者でこの40年苦しんでいたのです。

復縁の裏には様々な背景があり、それぞれのストーリーがあるのです。

今回の我々シークレットリサーチャーズの依頼としては、これも成功と言えるのではないでしょうか!

復縁工作を用いなくとも、人探し調査・復縁調査の結果で、対象者の所在が確認出来、今どんな状況にいるか分かった事によって、復縁へと導く事が出来たからです。

一言で『復縁』と言っても、様々なドラマがあります。

復縁が成功したからドラマが終わるのではなく、またその先のドラマがあるのです。

貴方のドラマを未完のままで終わらせるのではなく、その先のドラマを続けてみませんか?