離婚した相手と復縁したい‥再婚したい


本当は愛していたのに、離婚してしまった……。

一瞬でもそれが最善だと考えたからこそ、離婚という道をお互いが選択してしまったわけでしょうが、そのことを少しでも後悔しているのなら、諦めるにはまだ早いかもしれません。

離婚した後、復縁し再婚されているご夫婦もいらっしゃいます。

しかし、実際、復縁再婚は簡単なことではありません。

よくテレビで芸能人が復縁再婚したと言う情報は聞きますが、芸能人であろうが一般人であろうが復縁したいからと言って簡単にできるものではないのです。

しかも同じ相手と復縁となるとさらに可能性は低くなります。

けれど、可能性は低いものの誰にでも可能性がある事なので諦めるのは、まだ早いです!

そもそも、離婚した後で復縁からの再婚を考える様になるきっかけには、一体どういうものがあるのでしょうか?

離婚をするというのは、結婚する何倍ものエネルギーが必要になると言われています。

こまでして離婚したのに、復縁を考えるというのは、その離婚に使ったエネルギー以上のきっかけがないと難しいですよね。

離婚の後で復縁したいと考えるそのきっかけにはどんなものがあるのかを見ていきたいと思います。

離婚後に復縁から再婚を考えるようになったきっかけの1つ目は、《離婚の原因がなくなった》というものです。

嫁姑問題、金銭問題、異性問題など‥‥離婚原因というのは、どちらか一方が作ることが多いので、原因を作った方が問題を解決するために全力を尽くし、誠心誠意頭を下げることで復縁が可能となります。

そんな姿を見ると、またこの人と一緒になっても良いかもしれないと思えるきっかけになります。

離婚後に復縁から再婚を考えるようになったきっかけの2つ目は、《子供のことを考えて》です。

子供が両親揃った家庭環境を強く望んだ場合もありますし、子供の進学や就職、結婚のために、両親揃った家庭環境の方が都合がいいということで、お互いに愛情がないにもかかわらず、籍を入れて一緒に暮らし始める夫婦もいます。

離婚後に復縁から再婚を考えるようになったきっかけの3つ目は、《離婚後も頻繁に会っているうちに愛情が再燃した》というものです。

子供の養育費の受け渡しを面会との引き換え条件にしている場合には、定期的に顔を合わせることになります。

月に数回とかなりの頻度でお互いに顔を合わせているうちに、だんだんと昔の愛情が戻ってきて、復縁からの再婚を考えるようになるカップルもいます。

しかし、ただ頻繁に顔を合わせているだけでは、そう簡単には復縁再婚にはなりません。

一番大切な事は、1つ目でお話した ”離婚の原因がなくなる” という事です。

根本的な離婚の原因を解決しない限り、復縁再婚する事は難しいですし、たとえ復縁再婚できたとしても根本的な問題が解決出来ていないので、また同じ理由で離婚してしまうことになります。

離婚の原因を追究し、どうしてこうなって、これからはどうしていくべきか。を、改めて考えてみましょう。

そしてその原因の解決していくことで、相手に誠意が伝わるものです。

こおうした自己改善する事で、再び、幸せな結婚生活を送れる可能性があります。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、復縁再婚されたい方に、まずは自己改善のご提案をさせて頂き、そ自己改善に併せて ”復縁工作” を実施していきます。

工作を行う事で、復縁出来る確率がぐんと上がります。

現在、復縁再婚したいとお悩みの方は、お気軽に無料相談窓口までお問い合わせください。

その他、復縁・再婚・離婚・出会い・不倫・浮気など、様々なお悩みに対応しておりますのでご相談だけでもいかがでしょうか。

参考ブログ

別れてしまった本当の原因を探ろう

何で私の気持ちがわからないの?