調査して浮気の事実がなかったら…


浮気調査のご相談の基本的に、相手の浮気現場の写真を撮って依頼者に渡し、今後の話し合いの材料にしたり、離婚を有利的に進める為に有効活用したりします。

今後の話し合いの材料に使われる方は、離婚を前提に考えていなくて、浮気した相手に対して浮気の事実は確認したけれども、今後もパートナーとして関係を修復・構築して行く為の材料として使ったりします。

また離婚を有利に進めたいと思っている方は、浮気の事実が確認出来る前から『浮気をしている』と絶対的な自身があり、ご相談に来られた時には離婚の決意を固めてこられる方がほとんどです。

しかし、これはちょっと危険な事で、もうすでに頭の中で『絶対に浮気をしている』と思い込んでいたのが、実際浮気調査をして結果が依頼者のただの思い込みって言う事もあるのです。

このような思い込みが激しくなってしまうと『浮気をしていなかった』となると後に引けなくなり、何としてでも『浮気の事実』を作り上げたいとなるのです。

浮気の事実を』作り上げるには、別れ工作をお願いされる事もあるのです。

絶対に浮気をしている』と思い込んでいて、離婚をしてからの青写真を思い浮かべ『離婚したらあれやろう・これしよう』考えていてテンションはMAXな所に…思っていた事実と違うとなれば…気持ちは収まらないですよね。

もちろん別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、お客様がこれ以上パートナーと一緒に居ても幸せになれないなら、別れ工作をお受け致します。

浮気調査で思うような結果が出なければ、別れ工作を使用してみるのも一つの手ではありますよ!