虚言壁が復縁を難しくする

皆さんは別れの原因として、ご自身の嘘や相手の嘘でお互いの関係が悪化して別れた事はありますか?

チョットした嘘で関係を壊すまでの事でなければ、笑い事で済まされる場合もあるかも知れませんが、度を越した嘘を付くとその嘘をバレないようにする為に、また違う嘘を付いて補おうとして嘘を付き続けなくては行けなくなってしまいます。

相手の気を引こうとして嘘を付き、その嘘が尾ひれ羽ひれが付き収集がきかなくなって、相手に嘘が発覚し今までついていた数々の嘘が、トンデモない事になり別れに至るのです。

まだ、自分自身が嘘を付いている事に自覚があるのなら、直して行く事は出来るかも知れませんが、元々嘘を付く事にあまり抵抗を感じない人が居ます。

それを虚言壁と言います。

そもそも虚言壁とはどのような人を指すのでしょう?

やっかいな虚言癖

虚言壁と言われる人は、普通の人よりも自分自身を大きく見せようとして嘘を付くのです。

プライドが高く、虚栄心を満たしたいと思っている人
プライドが高いため、何か出来ない自分を受け入れるとしません。自分より周りが幸せそうに見えたり、周囲の人からバカにされたりする事を極端に嫌い、そのため嘘をついてでも虚栄心を満たそうとするのです。

劣等感が強く、自信がない人
プライドが高い事と矛盾するように思えますが、根本的なところでは劣等感が強い人の方が虚言癖になり易いようです。自分に自信がないため、よりよい自分を想像し嘘をついてしまうようです。

努力が出来ない人
普通の考えであれば、出来ない自分を努力して何とかモノにしようとするものですが、虚言癖の人は努力をしようとしません。人に認められようと手っ取り早く嘘をついてしまうのです。

何か隠したい事がある人
 隠したい事や大きな秘密を抱えている人も、嘘をつきやすいです。はじめは秘密を守るために嘘をついていたはずが、嘘に嘘を重ねていくうちに虚言癖の傾向が出て来ます。このタイプは、嘘に自覚的である場合があります。

周りに構ってほしい人
虚言癖の人は、『周りに認めてほしい』と言う気持ちを人よりも強く持っており、目立ちたい、羨ましがられたい、注目を浴びたい人と言えます。孤独を感じていたり 、寂しさを埋めるために嘘をつく人も多く、幼少期の親子関係などに起因しているケースもあるようです。

このような事から、信じていた相手に嘘を塗り重ねた状況なら、いくら相手の事を思っていても信用をする事は出来なくなります。

もし、別れの原因があなたの嘘にあって、嘘を付いていた相手と復縁をしたいとお考えなら、かなりハードルの高い復縁となる事は間違いないでしょう。

何故なら、復縁したいと願う相手のあなたに対しての印象は『嘘つき』となっているからです。

あなたが恋愛の駆け引きでの嘘ではなく、日常的に嘘を付いていたら、それこそ何が本当で何が嘘かわからなくなってしまいます。

仮に本当の事を言ったとしても、受け取る方としてはまた嘘を言っているのではないか思います。

オオカミ少年と同じになってしまいます。

その様に相手に認識されたら悲しい事ですが、復縁したい相手だけではなく、周りの人達にもそのように認識されているはずです。

浮気癖もそうですが相手の信用を取り戻すには、生半可な気持ちではダメです!

復縁したいと想う前に、嘘を付く事を止める自己改善が絶対条件です!

1日2日で治るものではありませんが、きっと復縁したいと強い意志があるならば、乗り越えて行けるかも知れません。

しかし虚言壁が治ったとしても、復縁したい相手はまだあなたの事を、信用しないかも知れません。

治ったと言っても、それも嘘なのではと勘ぐってしまいます。

それは焦らず相手に自分の欠点が治った事を見せて行く事です。

事を焦って、復縁を迫ってもこのような場合は良い結果が生まれる事は有りませんから、じっくりと復縁に向けて進んで行きましょう。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、復縁工作だけではなく、お客様の自己改善プランもご用意させて頂き、復縁に向けて自己改善プログラムを行っております。

復縁したいけど1人では自己改善が出来ないとお悩みの方は、復縁屋シークレットリサーチャーズがお手伝い致します。

まずは、無料相談窓口までご連絡下さい!