自己改善に必要な潜在意識

こんにちは!恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズ恋愛アドバイザー内田です。

昨夜から一段と冷え込みが増し、今日は一段と寒い一日になりそうですね。

そんな冷え込む一日になりそうですが、池袋は土曜日とあってたくさんのお買い物に出掛けてきている人で賑わっております。

私も一日ゆっくりとお買い物をしたいのですが、お休みの日は家から出たくないと思う事が多くなり、家でゆっくりと過ごす事が多くなってきました(泣)

これからもっと寒くなって来ると、余計に外出がきつくなってきますね。

早めの冬支度を済ませたいと思います。

復縁に関しましても、別れ・別れさせに関しましても自己改善が必要な事は再三申し上げておりますが、今回は自己改善に必要な『潜在意識』ついてお話をしたいと思います。

潜在意識とは?

潜在意識と言う言葉を知っていても、そもそもどのようなモノなのかハッキリわからない方もいらっしゃると思いますので、簡単に説明させて頂きます。

自覚される事なく、行動や考え方に影響を与える意識。心の奥深い層に潜んだ意識』と言われています。

これだとちょっとわかりにくいと思いますので、少し嚙み砕いて見ますと『意識には、普段私たちが意識している部分と意識していない部分』があります。

意識出来る部分を顕在意識と言い、意識していない(または意識出来ない)部分を潜在意識(無意識)と言います。

潜在意識で有名なのは心理学者のカール・グスタフ・ユング氏などの名前が挙げられますが、もっとも一般的に潜在意識を認識させたのはマーフィー博士のマーフィーの法則ではないでしょうか。

マーフィーの法則では『自分の願望を潜在意識に刻み込めば叶う』と言いました。

もっと分かり易く言いますと『自分が手にしたいものがあるなら、それをすでに得ている自分をイメージしなさい。』と言う事なのです。

例えば学生の頃、学校で1番人気のある子を好きになって告白しようと友達に相談した時『あの子はモテてるし絶対恋人いるからあなたが傷つくだけよ。諦めた方がいいよ』と言われたり、カラオケが好きで歌が上手くて、将来歌手になりたいと打ち明けたら『歌手になりたい人なんてどれだけいて、その中で成功する人なんてどれだけの確率だと思うの?止めときな』と忠告してくれる友達がいるとします。

人はダメだと言われるとダメなのかなと思ってしまい、その友達の言葉通りに諦めたら、その時点で欲しいものが手に入らなくなってしまいます。

親子の関係でもあります。

プロ野球を目指す子供に『プロになって将来ご飯が食べれる人なんてどれだけいてると思うの?そんな暇があるなら勉強しなさい』と子供の持つ夢を否定的にとらえ現実を押し付けるのです。

よくドラマなんかでもよくある光景です。

夢を見てる暇があるなら勉強しなさい』と日本のお母さんの共通語なのかも知れません。

夢を中途半端に見て、中途半端に勉強して、そこそこの学歴をつけて、そこそこの会社に就職する…』この安定に親はひと安心します。

どうせダメだろう、どうせこうなるだろう、無駄だろう』と実は子供の頃から培ったマイナスだらけの潜在意識が、大人になってもそう決めつけます。

そしてやってみようとする自分のプラスの勇気を封じます。

マイナスイメージの事を言ってくれるのは、身近な人に多くいます。

その人にとってあなたに失敗をしてもらいたくないと良かれと思っての発言かも知れませんが、安パイな行動はその先へ進む機会を失ってしまうかも知れません。

今現状を変えようとすると、新しい勇気と気持ちを持つ事も重要ではないでしょうか?

自分のやりたい事に心配して反対な言葉を言ってくれる事は、有難い事ではありますが、そこまで言われても自分の意思は『ブレないぞ』と、自分の意思の強さを確認出来る人がありふれた幸せで終わらない人だと思います。

潜在意識を高める事によって、あなた自身の人生の幸せを掴む事だって出来ます。

これは自己改善に直結している事であり、無駄な事ではありません。

自己改善の大切さを、改めて認識してみては如何でしょうか?