自分勝手な相手と復縁したとしても…


復縁したい相手に良いように使われているのかな?』とお悩みの方って、実際いらっしゃる筈です。

では、『何が良いように使われているのか?』の具体例を挙げてみたいと思います。

わがままな要求

自分は復縁したいと思っていても、相手にはそんな感情は見受けられない。

でも、まだ相手の事が好きだから、つい相手の要求に応えてします。

・突然深夜に迎えに来いとの連絡
・○○を買って来て。××が欲しいから買って来て
・いつまでにお金が必要だから貸してくれ
・お腹空いたから何か作りに来て

など、相手の事を考えず、自分勝手な要求やわがままを嫌々でも受け入れてしまう…。

いつまでも相手の自分勝手な要求を受け入れていても、復縁なんか『夢のまた夢』です。

相手は『自分の事にまだ好意を抱いている』事を利用し、様々な要求をしてくるのです。

いくら復縁したいと思っていても、相手にただ利用されるだけなのです。

では、このような相手のと復縁を考える場合は、どうすれば良いのか?

自分勝手な要求を撥ね退ける勇気

ても、相手が自分の事を都合の良いように使っているのが分かれば、相手の要求を勇気を持って断る事が大切です。

これ以上相手に変な勘違いをさせない為にも、一旦距離を取る事が大切です。

それだと相手との関係が切れてしまう…』と思われがちですが、そこは大丈夫です!

相手はあなたとの関係に距離が出来たとしても、必ず何度も連絡をしてきます。

しかし、何度も連絡をしてくるからと言って、根負けをしてはいけません。

度重なる相手の要求を『頑として拒否する』事です。

そうする事で、あなたと相手との関係性を一度リセットし、同じ立場にならなければいけないのです。

復縁したいと思っているのは自分で、相手は復縁したいと思っていなければ、同じ立場に何てなれない』と思われますが、ここで復縁工作を利用する事で、相手も同じ立場にする事が出来るのです。

ただ復縁したいから、相手の自分勝手な要求を受け入れるのではなく、この世な時こそ復縁工作を利用し、相手の気持ちの変化を狙ってみるのです。

詳しいお話や内容に関しましては、復縁屋シークレットリサーチャーズ無料相談窓口までご連絡下さい。

相手に利用される立場から、オサラバする時は今なのです!