自分のワガママがワガママだと思っていない人


自分の発言や行動が交際相手に対して、当たり前だと思っている方は結構いらっしゃいます。

あなたが言った言葉や行動をちゃんと受け止めてくれる相手ならまだいいですが、その言葉や行動が相手にとって重荷になるならば、交際相手との破局は時間の問題となってしまいます。

基本的にワガママは方は、小さい頃より自分が行うワガママな言動に関して、親から許されてきた事から大人になってもそれが当たり前と思っています。

子供の頃に許されるワガママと、大人になって許されるワガママの種類はまた違います。

子供の頃に許されていたワガママが、大人になって通用する事は稀です。

それを交際相手に対して、または友達にも行えば自然とあなたの周りから人は離れて行くでしょう。

大切な人が離れてしまってからでは、後の祭りです。

突然あなたの側から離れたのではなく、幾度となくあなたのワガママに対して、注意はされたはずです。

その注意を受け入れる事なく、自分のワガママ(本人はワガママを言っている自覚がない事の方が多いです)を言いたい放題で、そんなあなた相手はに嫌気がさし離れていくのです。

別れた後にまた復縁をしたいと思っても、相手はあなたのワガママな所が嫌になった訳ですから、そう簡単に復縁を成し遂げる事は出来ないでしょう。

また復縁屋シークレットリサーチャーズ復縁工作をしたとしても、復縁が成し遂げられる微妙な所です。

復縁したい思いを成し遂げるにはまず『ワガママを直す』…そう自己改善が大切なのです。

復縁したい+復縁工作=復縁出来る』ではないのです。

復縁工作とはあくまでも、復縁を成功に近づける為の補助的な役割であって、最終的に復縁の決め手を握るのは自分自身を変える事です。

自分自信を変える事で、復縁したい相手に好きになってもらう事がとても大切な事なのです。

ご自身の性格にお悩みの方で、復縁を目指していらっしゃる方は、自己改善を取り入れた復縁工作をお考えになってみてはいかがでしょうか?