脈アリ??男性が恋愛で勘違いしてしまう女性の言動


あの子、俺のこと好きなのかな?』と思ったのに、実は全然違った……なんて恥ずかしい思いをしたことはありませんか?

本人に悪気があるかないかは分かりませんが、思わせぶりな態度をとる女性は少なくないものです。

女性は思わせぶりな生き物なのです。

脈ありと決めつけて舞い上がってしまうと、痛い男や勘違い男なんて噂を立てられるかもしれません。

本日は、傷つく男性を減らすためにも、男性が脈ありだと勘違いする女性の行動を知っておきましょう。

はじめに、女性慣れしていないウブな男性は異性に関する恋愛感度が非常に敏感です。

例えると男性のマスターベーションに近いものがあります。

まだ何も知らない子供の時はほんの少しの刺激で快感を得られていたと思います。

しかし、歳を取るごとに様々な経験を積んでいきます。

今でも、もちろん刺激はあるとは思いますが、当時の新鮮さというものは感じれなくなっていくものです。

このように、女性と触れ合う機会が少ないウブな男性は、少しの刺激で女性に対しての恋愛感度が敏感になってしまうのです。

ウブで純粋な男性はとても魅力がありますが、ある程度女性への免疫を付けておかないと、後々、恥をかいてしまうこともあります。

たとえば、ウブな男性は女性に以下ような対応をされると勘違いしてしまいます。

ボディタッチに勘違いしやすい
彼女はいるのかと聞かれた時
みんなで飲みに行こうと誘われた時

まず一つ目から見ていきましょう。

女性のさりげないボディタッチはウブ男性からするとかなりドキドキしてしまうものですよね。

中には無意識にボディタッチをしている女性もいますが、男性からの好意を得ようとわざと思わせぶりな態度をとってくる女性もいます。

ここで、『この子は俺に好意があるな』と思うのはまだ早いですよ。

自然と手を触ってきたり、座っている時に足が触れていたりする場合も一旦冷静になりましょう‼

無意識にボディタッチをしてしまう女性は意外に多いのです。

そう考えると女性は本当に小悪魔な生き物ですよね。

二つ目は、『彼女いるんですか?』と聞いてくる女性です。

よく話の流れで『彼女いるの?』と聞かれることってありませんか?

彼女がいるのかを聞かれると、『この子、なんで俺に彼女いるのか気になるんだろう?』と、ドキッとしますよね。

しかし、残念な事に『彼女いるの?』という言葉は、女性にとって深い意味はなく単に話題のきっかけに過ぎない場合もあります。

趣味は?』『出身はどこ?』のような、ありきたりな会話のネタと同レベルである可能性もあるんです。

例えば、数人で集まって会話している時に彼女の有無を聞かれても、単に皆でワイワイと楽しく会話するための材料に過ぎないですよね。

特に女性は恋愛トークを好む傾向があります。

興味本位で聞いているだけかもしれないので勘違いしないようにしましょう。

最後は、『今度皆で飲みに行きましょう』と誘われたときです。

飲みに行こうと言われる、誘われるのは思わせぶりな行動とは少し違う事もあります。

男性と友情ベースで付き合える女性は多くいますし、逆に本気であれば誘い辛いものです。

女性が本気の相手を誘う時には、誘ってもいいかどうか、ウザいと思われないかなど繰り返し考えます。

遊びに誘われるのは、気軽に誘える相手であるからという事もあります。

しかし、『二人で今度飲みに行きましょう』など、二人きりで誘われた場合は脈アリな可能性は高いので、ほぼ間違いないと思っても良いでしょう。

しかし、中には男性からの注目を浴びたく、二人きりでと誘ってくる小悪魔女子もいるので、なかなか判断は難しいところでもあります。

いかがでしたでしょうか?

以上のような行動を取られるとウブ男性は『俺に気があるのかな?』と、思ってしまいますよね。

しかし、何度もお伝えした通り、女性という生き物は生まれながらにして”小悪魔的要素”を持ち合わせているのです。

そういった女性特有の小悪魔的なふるまいが、また愛らしかったりもしますよね。

勘違い男性だと思われないためには、『女性はこういう生き物なんだ』と、一つ冷静に判断する事をお勧めします。

女性の思わせぶりな行動に踊らされるのではなく、むしろ、その愛らしさを楽しんでみましょう。

そうする事で心にゆとりができます!心にゆとりのある男性は女性に好かれますよ!

女性の小悪魔を楽しんで、勘違い男性からモテ男性へと成長してみましょう☆

恋愛総合探偵事務シークレットリサーチャーズでは、様々な恋愛相談に対応しております。

出会い工作・浮気調査別れさせ工作復縁工作などのご相談も承っておりますので、お悩みの方は無料相談窓口までお問い合わせください。

参考ブログ

モテる男性の共通点

ネガティブ妄想ばかりしていると現実もそうなってしまいます!