素性のわからない相手とのお付き合い


昨今様々な形で見知らぬ人同士が、出会えるツールが発展しております。

その中でもSNSの発展と共に日本国内だけではなく、全世界の人達と出会えるキッカケをもたらしてくれます。

数あるSNSの中では、本人確認がしっかりと取れないと登録出来ないアプリもありますが、本人確認無しで登録が出来るアプリもあります。

本人確認が取れても、やり取りする相手とは間は匿名性が高いモノもありますし、全く相手がどこの誰かが判らない場合もあります。

復縁屋シークレットリサーチャーズによくご相談がある内容として『SNSで出会いお付き合いをしたのですが別れてしまい…復縁をしたいのですがどこの誰かが判りません。』と言った具合の、SNSで知り合い付き合う事になったのですが、別れてみていざ蓋を開けてみたら、付き合っていた相手の事がよくわからない…なんて事が実際によくあります。

さてこのような状況から復縁って出来るのでしょうか?

■復縁したい相手の情報が多ければ多いほど

・相手の本名
・相手の住所
・相手の電話番号

など、相手に対しての最低限の情報も定かでなかったり、知らなかったりするケースが多々見受けられます。

それでも好きな気持ちを忘れる事が出来なくて、復縁を望まれるのです。

何か本人に結び付く情報が2~3点あれば『点と点を線で結ぶ』事で本人まで辿り着く事が出来ます。

お客様自身は大した事の無い情報だと思っていても、その大した事の無い情報が本人に結び付く、重要な情報かも知れません。

何気ない会話で、相手がポロっと本人に結び付く内容を、話す事はよくある事です。

言った本人も気付かない事もあり、言った事さえ気付かない場合もあります。

今までのやり取りの内容が残っていれば、その会話から分析をする事が出来ますので、別れてしまった勢いからやり取りを消す事はしないで下さい。

別れた時は悲しさから『もうこんなやり取り残したくない…』とその場の感情から先急いで、相手のデータを消してしまう方が多くいらっしゃいますが、別れた時は冷静な判断が出来ていないですから、気持ちが落ち着くまで相手に関しての情報は、そのままにしておく事をおススメ致します。

気持ちの冷却期間を持つ事で、やっぱり復縁したいと思った時に相手の情報が何もなければ、復縁まで漕ぎつける事は大変困難作業になりますし、もしかしたらもう2度と会う事も出来なくなってしまうかも知れません。

タダでさえ相手の情報が少ない状況で、付き合っていた時のやり取りはとても貴重な情報源になります。

復縁をしないと心に決めた時に、消去をするので良いと思います。

復縁したいと思う相手の素性がわからなくても、復縁を諦める必要はありません。

復縁調査をする事によって、相手の素性が判明し本当の相手の姿を見る事が出来ます。

復縁調査で判明した相手の素性で、まだ復縁したいと思う時に復縁工作を絡めて行う事で『本当の恋愛をする』事が出来るでしょう。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、復縁したい相手の情報が不正確な場合や、数少なくとも復縁までの道筋を見つけ出していきます。

相手の素性がわからなくても諦め必要はありません。

まずは無料相談窓口までお問い合わせ下さい!

復縁のプロがあなたの探し人を見つけ出します!

参考ブログ