相手の肩書が好きなんですか?


今回は復縁屋シークレットリサーチャーズ神崎がお送り致します。

まず余談として、連日この冬の寒さが身に染みる中の調査が影響してか、鼻水が止まりません(笑)

調査と言うのは調べる場所に溶け込まなくてはいけないので、時と場所によってはスーツだったり洋服だったり作業着だったりと、様々な場面に応じて着る物を変えております。

そしてこの時期に欠かせないアイテムとしては、上下のヒートテックとホッカイロなのです。

この装備をすれば身体はとても暖かいのですが、どうしても顔だけは寒さを防ぎようがないので、身体と顔の温度差が有るので鼻水が出るのですかね…。

これも探偵調査の宿命として割り切って、日々弊社一同調査に精を出しております!

さて今回のブログの話題に戻しまして、復縁したいと希望されるお客様の事をお話していきたいと思います。

■復縁したいのは相手の気持ち?それとも肩書?

日頃多くの方から復縁したいと『電話・メール・ライン』などからご相談頂きます。

そんな中で特別多くはない話ですが、復縁したい相手の肩書に固執されている方が見受けられます。

ご相談の中で復縁したい相手の事を『あれがダメ』・『ここがダメ』・『あそこがダメ』と、とにかく全面否定をしながらも『相手の家柄が凄いんです』・『でも相手の勤め先が良い』・『相手が起業していて今順調なんです』など復縁したい相手の事を誉めるのではなく、相手の肩書を褒めるのです。

こうなってしまいますと、復縁したい相手は人物ではなく相手の肩書となってしまいますよね。

このような思いで付き合っていたならば、別れの原因も何だか見えてきます。

こんな気持ちでの復縁は、ほぼ成功する事はないでしょう。

復縁したいと思っている相手も、この辺の事情は全て察知しているはずですし、そのような相手と見限って別れた可能性が高いのです。

このように言ってしまったら身も蓋もないですが『復縁の可能性はゼロ』です。

復縁したい相手もそれなりの肩書が有れば、他に言い寄って来る異性はいっぱい居るはずですから、何も別れた相手に固執する必要もないのです。

好きに部分を家柄や肩書ではなく、相手本人自体を好きになり幸せを掴んで下さい。

そしてあなたとの付き合いの中で、相手を出世させてあげる事してみて下さい。

そうすれば、一緒に幸せを分かち合える関係を築き上げる事が、出来るのではないでしょうか。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、依頼を頂いたお客様や復縁したい相手が幸せになって頂く事を第一条件としてお受け致しておりますので、どちらか一方が幸せになるのでなく、お互いが幸せになって頂けます事を願っております。