略奪婚するならリスクがることを知っておこう


不倫から、略奪婚。

これって本当に幸せな結末を迎えられるでしょうか?
そもそも、幸せになれる不倫なんてあるのでしょうか?

略奪婚するべきか迷っている人や、略奪婚の覚悟を決めたい人……。

略奪婚で起きるリスクをあらかじめ理解した上で、改めて略奪婚という選択を選ぶのか参考にして頂ければと思います。

恋愛において、一番刺激的で興奮するのが不倫ではないでしょうか。

誰かの愛する人を略奪する略奪愛。

いけないと分かっているのに止められない、まさに麻薬の様に刺激的で背徳なイメージがあります。

略奪婚する人は、人の物が良く見えてしまう妬み癖がある傾向があります。

友達が恋人や旦那と幸せそうにしている姿に羨ましくなり、自分がその立場になりたいとやっかみます。

人が持っているアクセサリーや鞄などが素敵に見えて、自分も買ってみるけど ”手に入れるとすぐに飽きてしまう” なんてことはよくあることですよね。

その対象がアクセサリーや鞄ではなく、人となると大問題です。

略奪したはいいけどすぐ飽きてしまったというわけにはいきません。

略奪婚出来た途端、相手に対して気持ちが冷めてしまうリスクがあるという事を頭に入れておきましょう。

本当にその人のことが好きなのか、ただ羨ましいだけで、刺激が心地よかったのではないか、自問自答してみる必要があるでしょう。

そして、不幸は自分の元にも返ってくるという事を忘れてはいけません。

というのも、自分が幸せを奪う前、その相手には愛する配偶者がいたわけです。

しかし、あなたがアプローチしたことによって気が変わり、そのパートナーを捨てて自分の元に来たわけです。

果たしてそのような人が、付き合ったその先自分のことを十分に幸せにしてくれるでしょうか。

略奪婚した後、その相手は、他の人に気が移りまた他の人の元へ行ってしまう可能性が高いです。

そして、あなた自身のように ”人の物が良く見えてしまう癖” を持つ人は他にもいるという事です。

このような事を考えると、次に不幸になってしまうのは、自分かもしれませんね。

もしも、他の人に気移りしなかったとしても、常にその《不安》な気持ちと生きていく事になるでしょう。

いかがだったでしょううか?

略奪婚には乗り越えなくてはならないリスクがありますし、他人に迷惑がかかる行為です。

この記事が、略奪婚についての適切な知識を得るための一助となれば幸いです。

そして、略奪婚のリスクを理解した上でも、略奪婚を望まれるのであれば、別れさせ屋シークレットリサーチャーズの《別れ工作》をお勧め致します。

別れ工作を利用し、配偶者との関係をスムーズに断ち切る事が出来ます。

専門家による《別れるための工作》に頼ってみてはいかがですか?

離婚、不倫、略奪愛などでお悩みの方はお気軽に無料相談窓口までお問い合わせください。

参考ブログ

別れさせ工作から始まる新たな決意!!

浮気の境界線ってどこから?