男性は未練を引きずり復縁を求めるタイプ?!


別れたあとも元カノのことを忘れられずに苦しむ男性は大勢います。

・別れ際に本音を言えなかったり
・愛情が残ったままであったり
・別れたことに納得していない場合

男性側のほうが未練を引きずることが多く見られます。

男性は一般的に過去の恋愛を『名前をつけて保存』する傾向にあります。

そのため、過去の女性を忘れることはありません。

好きではなくなったとしても、一定の情はあります。

美しい思い出として残っているという感じでしょうか。

例え新しい彼女が出来ても、今までの彼女のことも覚えています。

しかも、余程悪い別れ方をしたわけでなければ、それは美化されて残ります。

優先順位も気持ちの面でも、今の彼女が一番なことに代わりはありません。

しかし、過去の女性たちにも情があるため、過去の女性達に突然冷たくなるというようなことはないのです。

むしろ、情から親切にしてしまうくらいでしょう。

できれば、過去の女性には自分のことをいつまでも好きでいてほしいと思っています。

過去の女性ともう付き合う気がなくても、相手には自分を好きでいてほしいと思ってしまう生き物なのです。

男性に比べて女性は過去の恋愛を上書き保存する傾向にあります。

女性は新しい相手ができれば前の相手のことは忘れてしまいます。

存在自体を忘れるわけではもちろんありませんが、気持ちは、ほぼなくなります。

現状が幸せな状況なら元カレを思い出すことなんて滅多になくなります。

そのため、女性は切り替えが早いと言われていますね。

そもそも男性と女性ではこのように根本的な考え方が違うのです。

それに加えて、基本的に男性は寂しがり屋です。

誕生日やクリスマスなどに1人ぼっちだったり、仕事で嫌なことがあって落ち込んだり、友人の結婚式によばれたり、友達や兄弟に彼女を紹介されたりすると急に寂しくなって、自分にも彼女がいたらと思います。

しかし、そう簡単に彼女ができるわけでもないので、一番身近だった元カノと過ごした楽しい日々を思い出します。

そんな想いが復縁したいという考えにいたります。

なんとも身勝手に思えますが、こういう時は自分にとって彼女が大切な存在だったと改めて気付いた証拠であり、とても真剣に復縁を願ったりするものなのです。

男性の場合は別れた直後ではなく、後々、本格的に後悔をはじめます。

本当は別れたくなかった、まだ好きだと伝えたかったけれど、プライドがそれを許さなかった。

また、別れたがっている彼女にすがったところで、受け入れてもらえなければ自分が傷つくだけだと思って耐えた。

本当はまったく平気ではないのに、別れを受け入れるしかなかった場合、男性は元カノへの気持ちをなかなか捨てることができないでしょう。

それでも、実際に別れたのだからそんな未練を彼女に知られてはいけない。平然としていなければいけない。

そんなストレスが、男性を追い詰めます。

そして後悔へと繋がっていくのです。

男性の方が女性よりも過去の相手に未練を残しやすいのは確かです。

一度は好きになってお付き合いした相手ですから、離れてみると素敵な思い出ばかりよみがえり、また一緒に過ごしたいと考えるのは自然なことかもしれませんね。

実際に復縁したカップルは、一度離れる事で、一緒にいる時には気づかなかったお互いへの想いを冷静に再確認できます。

やっぱりこの人が必要なんだと再認識した結果、以前よりも絆が深まり上手くいくことが多いようです。

ただし上手く復縁するには別れた原因を明確にして、2度と同じ過ちをしないように努力する必要があります。

このことを覚悟した上で、復縁したいと願う男性は勇気を出して行動してみましょう。

復縁屋シークレットリサーチャーズでは、復縁アドバイス復縁工作で復縁のお手伝いをしています。

復縁でお悩みの方は非常に多いです。

お一人で悩まれず専門家にご相談されてみてはいかがですか?

お一人で解決されるより復縁率は上がりますよ!

まずは無料相談窓口までお問い合わせ下さい!

参考ブログ

自分から別れようと言ったのに…後悔…復縁したい

よりを戻したいと思ってしまうのはなぜ??