男性についつい貢いでしまう…貢ぎ癖がある女性の特徴

恋人と付き合う上で、避けて通れないのが『デートをする時に使うお金』ですよね。

お互いが毎回同じくらいの金額を使って2人の時間を楽しんだり、今回は彼が払ってくれたから、次は私が払うなど、対等な関係で居られれば理想なのですが、気が付けば習慣的にあなただけが払っている 貢ぐ女 の状態になっていませんか?

それでは、とても対等な関係とは言えませんお金がある状態がいつまでも続いていればいいのですが、もしアナタのお金が尽きた時に最悪の場合、彼に逃げられてしまうこともあります。

大好きな彼のために一生懸命に尽くしたが、想い返すと、結果的に相手に貢いでいただけだった。

そんな、悲しい恋に終わった経験はありませんか?

貢ぐだけで終わってしまう恋にはパターンがあります。

同じような人を好きになり、また同じように貢いでしまうそんなことを繰り返すのも多いようです。

また、貢いでしまう女性の多くには、共通点もあるといわれています。

本日は、そんな『貢ぎ癖がある女性の特徴』についてお話していきます。

1・自分に自信がない

一般的に自分に自信のない女性は、相手に嫌われないようついつい無理をしてしまう傾向があります。

相手の機嫌をうかがったり、相手の反応を逐一気にしてしまったりする気持ちはわかりますが、貢がせる男の側からしたら待ってましたと思われるパターンです。

自信過剰であるのも危険ですが、常に自分と相手の立ち位置を把握し、適度な自己評価をしっかりと持っていることが大切です。

2・母性本能が強い

相手の世話を焼かずにいられない女性は、甘いえられることが好きなので、彼が喜んでいる姿を見ると幸せを感じ、貢いでしまいがちです。

女性として母性本望が強いの魅力ではありますが、貢がなくても相手を喜ばせることはできるので、お金をかけていないときこそ、相手の反応をきちんとチェックしてみましょう。

3・周りが見えない

何かに熱中しているとき、周りが見えなくなってしまう人がいます。

そのような人は彼への協力、彼への斜め上からの愛情に熱中しすぎることで周りが見えなくなっている可能性があります。

そのため、周りの友人や家族からダメだと止められても受け入れることが出来ず、周りに秘密にしてまで、彼に貢いでしまうこともあります。

気付けば協力や愛情がただの貢ぎ行為に変わってしまい、ただ彼に金品を無心されているだけになってしまいます。

周りの意見もとても大切なので聞く耳を持ちましょう。

貢ぐという行為は、結果的に貢ぐという行動を繰り返すうち、パートナーに対して依存が発生します。

お金さえあればパートナーが離れないという、間違った心理が働くようになり、貢ぐことを止めることが怖いと感じるようになります。

また貢がれている側も、貢がれることになれ、要求が徐々に高額になる傾向になり、パートナーが自分の要求をかなえてくれないと不満を言うようになります。

そして、最悪な場合、貢いだお金が別の女性に使われていた。なんてこともあります。

こうなると、すでに正しい形のパートナーとは言えず、それでも貢ぎ続けることは、依存から抜けられない状態と言えるでしょう。

確かに貢ぐ女性は心が弱いのかもしれません。

しかし、それは優しく母性に溢れた綺麗な心であるということです。

その心を悪い男に踏みつぶされるのはやはりダメですよね。

その優しい心を理解して、利用するのではなく同じだけの優しさを返してくれる男性のために尽くしましょう。

また、おそらく周囲にも心配されているはずです。その人たちもあなたのことが大切で心配をしているのです。

その人たちにも優しい心を向けてください。

恋は盲目といいますが、大事なものが見えなくなってしまっては自分を傷つけるだけです。

あなたのことを本当に愛してくれている相手なのであれば、あなたに金品ばかりをねだったりはしません。

きちんとそこを見極めて、別れるときはスパッと別れましょう。

そして、綺麗になり素敵な男性と幸せになり、相手を見返してやればいいのです。

いかがでしたか?本日は『貢ぐ女性』についてお話しました。

自分が当てはまると思った方は、この記事が少しでもレ参考になれば幸いです。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、このような恋愛相談などを承っております。

それぞれのお悩みに合ったご提案をさせて頂いております。

現在お悩みの方はお一人で悩まれず、一度恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズにお気軽にご相談下さい。

参考ブログ

負のオーラ漂う女性はモテません!