浮気性は治りません!それでもまだ好きでいられる??


浮気癖という言葉があるように、浮気をする人は一生浮気をし続けるといいますよね。

そもそも浮気って治るものなのでしょうか?

それとも浮気は病気だから一生治らないものなのでしょうか?

浮気が発覚すると、夫婦で年月をかけて築きあげてきた信頼関係が一瞬にして水の泡。

浮気された人は、その人といる限りずっと浮気を疑ってしまうことになるなんて……悲しすぎますよね。

浮気されるのは、悲しいしショックなことです。

私がいながらどうしてほかの人に手を出せるのだろうと思うと、自分に魅力がないせいなどと間違った理由に傾きがちですが、そもそも浮気ができる時点で誠実な人間とはいえません。

お付き合いをするなら恋人だけに愛情を向けるのが正しい姿であり、パートナーが悲しむとわかっていながら別の異性との関係を楽しむ自分を許すのは、エゴでしかないといえます。

浮気性を治すには、本人が心から反省してあなただけを愛する決心が必要ですが、それほどの愛情をひとりの人間にかけられないから浮気するのです。

浮気性をいくら責めたところで、ほかにも“恋人候補”が多ければ嫌なら別れようで済み、結局自分だけが傷ついて終わることも多々あります。

浮気を繰り返す人は、ひとりの人と落ち着いた関係を築くよりモテる自分を確認したい、多くの異性から刺激を得たいという気持ちがあり、その欲望を捨てるのは難しいのが現実です。

その人自身が本気にならなければ、浮気性が治ることはありません。

しかし、そもそも、その人自身の問題だとすれば、いくらあなたが努力しても、浮気性は治せないと、思うのが正解ではないでしょうか。

自分だったら気の多いあの人を変えられるかも。自分だけを見てくれるようになるかもしれない。

そんな期待を持たれたのではないでしょうか?

しかし、それは淡い期待に過ぎません。
人間はそう簡単には変われないのです。

恋愛をはじめ、人間関係はどちらか一方が我慢し続けていると必ず不満が出て悪化していくものです。

それでもあなたはその人を愛し続ける覚悟 はありますか?

浮気性のパートナーと過ごすことでストレスが増えたり、みじめな気持ちになったり、猜疑心に押しつぶされそうになったりしませんか?

辛い恋愛をしている人に共通しているのはこの人以上の人はもう現れない』・『この恋を逃したら2度と恋愛出来ないと思っていることです。

しかし、そんなことはありません!

その人はその人しかいないわけですから、その人以上の人なんていないのは当たり前です。

その人を求めている限り、その人以上の人なんて現れるわけがありません。

しかし、あなたが本当に求めているのは、浮気性のその人ではなく、過去の幸せだった頃のその人なんです。

浮気性のその人とは別人の、幸せだった頃のその人を求めているわけです。

今のその人の人物像からは目を反らしているということになります。

あれほどハマって苦しんだ恋愛から急に目が覚めるときってありませんか?

このように目が覚めるときは、今のその人の人物像が見えた時なのです。

この人はもう自分の好きだったその人じゃないんだという現実が見えた時、パッと我に帰ります。

今を生きなければ、今は見えないものなのです。

過去に生きるのをやめたとき目が覚めるはずですよ!

あなたのパートナーは浮気性ですか?

パートナーの浮気で悩まされてはいませんか?

基本的に、よっぽどな事がない限り、浮気性は治りません!浮気癖をすぐすぐ治せる人は、そもそも浮気なんてしません!

あなたのパートナーに浮気した経験があるのなら、このことを頭に入れておきましょう。

そのうえでも、あなたはパートナーを愛していられますか?

辛い。現状を変えたい。と思った方は、恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズまでご相談ください。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは浮気調査を実施しております。

浮気調査を行い、パートナーの現状を知ることで、ふっきれるキッカケになることがあります。

新たに一歩踏み出す勇気になりますよ。

浮気性のパートナーを持つ方は、一度現実と真剣に向き合って考えてみましょう。

あなたの人生はあなたのモノなんですよ。

まずは、恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズ無料相談窓口までお問い合わせください。

お一人で悩まれるより、専門家に沿相談して解決する事、で心のモヤモヤが晴れますよ。

参考ブログ

旦那の浮気にもう限界!!相談していいんですよ。

浮気はされたくない!浮気されづらい女性の特徴とはとは?

  

 

 

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズホームページ

復縁工作に関するページ

別れさせ工作に関するページ

浮気調査に関するページ

素行調査に関するページ