浮気をした・された原因は何ですか?


こんにちは!恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズ恋愛アドバイザー内田です。

本日11/3は文化の日『自由と平和を愛し、文化をすすめる』ですね。

そして天候がよく祭日とあって、朝から池袋の街は多くの人で賑わっております。

これだけ晴れ間が広がっていると、心身ともに過ごし易い1日になりそうですね。

こんな天気が良い祭日は、浮気をするには良い1日?になるはずです。

家族には『今日急に仕事が入ったから出勤する』と言って出かけ、浮気相手とデートをする人って多く居たりします。

天気が良ければドライブデートなど楽しむ事も!

実際本日浮気調査2組のカップルが、ドライブデートを楽しんでいるみたいです…。

自分または相手の浮気が発端で別れに至ってしまったが、また前の相手と復縁したいと考えたとしましょう。

浮気をしてしまって、別れに至ったのか考える必要もありますね。

浮気の要因とは?

何故愛し合っていると思っていた相手が、自分以外の異性と浮気をしてしまうのか?

何も原因が無いのに相手に気持ちが、離れてしまう事って中々ない事ですよね。

それには様々な要因が有るはずです。

例えば『頼り過ぎ・束縛しの過ぎ・干渉しの過ぎ・甘え過ぎ・魅力の半減・性の不一致・価値観の相違』など色々な原因が考えられます。

これらの原因の積み重ねで、相手は浮気に走ってしまったりするケースがあります。

一時の火遊びでは終わらずに、別れに至る事もあるのです。

しかし別れた原因が相手にあって、一方的に相手が悪いと言う訳ではなく、上記にあげた例えからもわかるように、浮気の発端は自分にある事もあります。

そのような場合には、その相手と復縁したいとは思わないでしょう。

自分自身に行き過ぎた行為や落ち度、反省点などに気付かない限り、復縁したいと願っても相手は復縁してやり直したいとは思わないでしょう。

自分の改善点に気付き、改善出来てから相手はあなたと復縁してやり直したいと、考え始めるのです。

お互いが気持ちを求め合って恋愛していたのですが、二人の恋愛のプロセスにおいて何かが足りなかったのでしょう。

その『何か』を知り知る事によって、自己改善点を見つけ出し、二人の関係を復縁工作と合わせて関係修復しましょう。