浮気の境界線ってどこから?


あなたはどこからが浮気だと思いますか?

浮気』はしてはいけないことですが、どこから浮気になるのか、具体的に示されているわけではありません。

曖昧な部分が多いことから、相手が浮気だと感じたら、浮気だということになってしまうのが現状です。

カップルの時の浮気では、考え方も、捉え方も、償い方にも違いがあるのです。

浮気に対する価値観の違いで関係を壊さぬためにも、きちんとすりあわせておく必要がありますね。

具体的な浮気の境界線と言っても、何かの法で定められている境界線はありません。

そう考えると、相手が『浮気された』と感じたところが境界線と言えるかもしれません。

しかし、それは2人が婚姻関係になく、恋人同士の場合です。

2人が婚姻関係にある、つまり結婚している場合は、多少事情が変わってきます。

結婚している相手が浮気し、それを理由に離婚という話になったとします。

その話がこじれ離婚裁判になった場合、裁判官が『それは浮気だ』『浮気とは言えない』と判断する境界線が必要となります。

その境界線が『肉体関係の有無』です。赤

一般論ではありますが、肉体関係があったかなかったかで、浮気したかしないかが判断されるケースが目立ちます。

とはいえ、これは離婚裁判における一般論であり、すべてのカップルに適用されるものとは言い切れません。

とある女性は夫の不倫を知っていながら『肉体関係だけの関係でいること』という誓約書を不倫相手に書かせた人もいました。

お二人の不倫関係はまだ変わらず続いているそうです。この女性は『夫の心が離れなければ不倫ではない』という価値観なのでしょう。

反対に、パートナーが他の異性と目を合わせただけで浮気だという人もいます。

嫉妬心が強い人だと、パートナーの門限を決めて、その時間にパートナーが帰って来ないだけで浮気を疑う人もいます。

このように浮気の境界線は人ぞれぞれ全くといって違うものなのです。

一般的な浮気のボーダーラインのランキングがあります。ご参考までにどうぞ。

1位 セックスしたら
2位 秘密で他の異性と二人で出かける
3位 キスをしたら

このようなものが一般的だと言われています。

セックスやキスといった肉体的なものはもちろんですが、恋人に隠し事をしたといったメンタル的なものも2位にランクインしています。

心の繋がりがとても大切だという事が良く分かりますね。

浮気の価値観の違いで、すれ違いが起きないよう、きちんと話し合っておきましょう。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズでは、浮気調査不倫調査を行っております。

浮気の価値観を話し合い、上筋も定義に関して決めていても守れない人もなかにはいらっしゃいます。

最近パートナーの行動がおかしい。

浮気をされているがどうしたら良いか分からない。

と、お悩みの方は一度恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズ無料相談までお問い合わせください。

お一人では解決できないことも専門家がサポート致します。

参考ブログ

浮気発覚でも絶望する必要はありません

浮気・復縁・別れさせの相談の仕方