浮気の代償…慰謝料とは

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズです!

浮気や不倫が発覚した場合、高確率で付きまとってくるのが『慰謝料』の問題があります。

そもそも慰謝料とは何なのか?

精神的損害の賠償。不法行為のほかに債務不履行についても認められる。生命,身体,自由,名誉などの侵害に対する感情の慰謝が最も多い(民法710,711条)。の事を指します。

今回は浮気や不倫によって発生した慰謝料について、お話をしたいと思います。

慰謝料発生…!!

楽しいひと時を浮気相手と過ごしていたが…、突然自分のパートナーや浮気相手パートナーに、浮気や不倫の事実が発覚してトラブルになったとします。

ここでお互いが話し合い、円満に解決してチャンチャンと終われば何も問題ないのですが『そうは問屋が卸さない』となるのです。

浮気をされた方のパートナーは、あなたやその浮気相手に『あなたたちに幸せだった生活を壊され、精神的に傷ついた。なので精神的苦痛を慰謝する為に慰謝料を払って!』なる訳です。

そこで離婚まで発生したら、高額な慰謝料が圧し掛かってくるでしょう。

離婚まで発生しなくとも高額な慰謝料となる事がほとんどなのですが、さらに離婚となれば…。

精神的に傷ついた』と言っても、相手がどれだけ傷ついたか抽象的な話になってしまいますが、相手の心の傷は私たちが知る事は出来ないでしょう。

ここで問題なのは、慰謝料を請求される金額です。

今現在はどれ位が相場なのか、お伝えしていきます。

慰謝料の相場とは?

近年経済状況を加味しまして、離婚をしないケースで50万~150万で高くても200万円くらいが相場となっております。

そして離婚に至ったケースでは、150万~300万円が最近の傾向です。

もちろんお互いに弁護士が入った場合には、慰謝料の変動はあります。

相場より上がったり、下がったり…。

ちょっとして火遊びが、後々に大変な事になって帰ってきます。

浮気や不倫をされた方は精神的苦しみを受け、逆にした方は金銭的な苦しみを味わう事になるのです。

慰謝料だけでは済まされず、社会的制裁を受ける事もあります。

ほんのちょっとのつもりが、泥沼化し最愛の人を傷つけ、最悪の結果しか待っておりません。

もしご自身のパートナーに怪しい動きが有るようでした、早めに手を打って今後に備える事が大切です!

ご自身の将来を守るのは、ご自身の判断と決断です!