水商売の方と出会い…。恋に落ちていく


男性なら仕事の付き合いなどで、キャバクラ・スナックなど行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか?

また女性ならば少人数かも知れませんが、ホストクラブなど男性従業員が接客をしてくれる場所へ、行った事がある方もいらっしゃるかも知れません。

普段街中で見かける女性や男性とは違い、綺麗に着飾りメイクもバッチリで、容姿端麗な方もいらっしゃいます。

あまりに非現実的な容姿に、一目惚れする方は少なくないのです。

自分好みの綺麗な方・カッコいい方に、出会えれば舞い上がってしましますよね。

ましては、お酒が入った時であれば、尚更の事だと思います。

そんな方お酒を飲めば、そりゃ~楽しいひと時を過ごせますが、現実と言うものは残酷でその楽しいひと時をお金を払って買っている訳で、時間が来ればお会計と言う現実に引きも出してくれる時が来るのです。

しかし帰り際に連絡先交換をする事は結構あり、連絡先を交換し、代金を払ったら楽しいひと時は終焉を迎えます。

お店を出てしばらくした『今日は凄く楽しかったです。また会いたいです』などの、お礼の文章が届けばキ気持ちも高ぶってしまいますよね!

また近いうちあの子に会いに行こうかな』何て思うはずです。

しかし決して料金は安くありませんので、現実的に考えてすぐにお店に行ける事は中々難しいのです。

行きたくても行けない日々が続いても、お店の子からは『早く○○さんに会いたいな』など、暗に『お店へ来てね』と取れる文章がほぼ毎日着たり、中には日々にあった出来事を報告だけする子もいますが、これは営業の1つの手法であって、心理的に『営業もしてこないで何て良い子なんだ。お店に行ってあげるか!』と思わせる戦法なのです。

営業方法にも色々とあり、

・色恋営業
・友達営業
・オラオラ営業

など、お客さんを引き付けるテクニックを持ち合わせているのです。

そして中でも『色恋営業』と呼ばれるものは、お客さんとまるで付き合っているかのような素振りや言動、態度をお客さんに対し故意に行い、指名や同伴に繋げます。

そしていつしか、1カ月に一度だったお店通いが、3週間に1度・2週間に1度・1週間に1度、最終的には1週間に何度も通うと言う事になるのです。

もちろんこれは営業方法の1つであり、お客さんをいかにお店に通わせるテクニックなのです。

それでもお客さんとしては自分が『特別な人』と思っていますので、お金が続く限りお店に通いますが、決してお金は無限にある訳ではないのでいつしか、お店へ会いに行けなくなります。

しかし自分は『特別な人』と思っている訳ですから、わざわざ高いお金を払ってまでお店に行かなくても、プライベートで外で会えるのではと思ってしまうのです。

その事を相手に伝えれば『外で会う事は出来ない。会うならお店に来て』と言われてしまい…行きたくてもお金がない…。

大抵の方はこの時点で自分が『色恋営業』に掛かっていたのに気が付くのですが、中には本当に付き合っていたと思い込んでしまう方も少なからずいます。

そんな方から復縁屋シークレットリサーチャーズに『復縁工作』の依頼などあります。

しかしながら、疑似恋愛的なモノからの復縁工作の効果はあまり望めません。

それでも諦めきれないと思いの方は、1度復縁屋シークレットリサーチャーズにお問い合わせ下さい。

もしかしたらその『』叶うかも知れませんよ。