梅雨入りで調査は大変?


恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズ恋愛アドバイザー内田です。

今年の関東地方の梅雨入り、6月6日に発表されました。

これは平年に比べて2日早い、梅雨入りとなったみたいですが、概ね例年通りにの梅雨入りとなった訳ですね。

そして梅雨入りと並行して、台風5号も接近しており嫌な時季なってまいりました。

雨が降っておりますと、通勤が苦痛にさえ思ったりしますが『働かざる者食うべからず』とのことわざもありますが、働かないと食べて行けませんからね…。

基本的に探偵業と言う仕事は天職と思っておりますので、仕事は嫌ではないのですが、毎年この時季はどうしてもテンションが…。

このようなブログを書いている間にも、シークレットリサーチャーズの調査員達は、外での張り込み・尾行に出ておりますので、愚痴は程々にしておかないと後で怒られちゃいますね(笑)

そんな訳で、雨だろうと台風だろうと関係なく、張り込み調査・尾行をしなくてはいけません。

今回このブログでは、梅雨入りに因んでの事を書いて行きたいと思います。

雨の日は対象者を見失いやすい??

張り込み調査や尾行とは、何も天気が良い日ばかりとは限りません。

雨が降ろうと雪が降ろうと槍が降ろうと』関係なく行わなくてはいけないのです。

今日は雨だから調査中止』とはならないのです。

対象者はこちらの都合は関係なく、浮気相手と会ったりしますから、そのタイミングを逃す訳にはいかないのです。

特に雨が降っているこの季節は、みなさん傘を差しての移動になります。

近年は多くの方が、透明のビニール傘を使用している事が多いのですが、透明のビニール傘だからと言って、相手の顔をハッキリと見える事はありません。

基本的に張り込みや尾行をする時には、対象者の顔を覚えて調査を行うのですが、傘が邪魔で顔が確認出来ない場合もよくあります。

例えば自宅や職場から出てきた所を確認出来たとしても、一歩街中に出てしまうと同じような傘の人で溢れ返っておりますので、後ろ姿だけでは見失ってしまう恐れもあります。

見失わない為には事前に、顔をだけを覚えるだけでなく服装・持ち物・靴など細かな点も把握する必要があります。

依頼者の協力が得られる時は、その日の服装などの特徴を事前に教えてもらうか、写真を撮って送ってもらう事がありますが、また依頼者がその様な立場に居ない場合は、基本的にいつも使用しているカバンなどを事前に知っておく必要があります。

基本的にはカバンと言うのは、毎日変えないものでもあるのです。

仕事に行く時に使用するカバンは毎日忙しい朝に、中身を入れ替えたりしないですから、かなりの期間使用し続けたりします。

これがデートやプライベートの時は気分によって変えたりしますが、仕事の場合はそうでない事が多いのです。

仮に傘で顔が把握出来なくとも、持ち物の特徴で張り込みや尾行をする事がよくあります。

事前に持ち物がわかっていれば、対象者を間違える事や見失ったりするリスクは、最小限抑える事が出来るのです。

車での尾行に関しましては、雨の日ですと目視だけでは見失うリスクは大幅にありますので、基本的に晴れの日でも雨の日でもGPSを活用した尾行をしております。

雨だったから対象者を見失いました』では、探偵として失格となってしまうので、天候が悪くても事前に知り得る情報で対象者を見失わないように予防をする事は探偵の大前提です。

仮に他の探偵業者で雨に日に退社者を見失いましたと報告を受けたら、行き当たりばったりの調査をしている事も考えられますので、あまり信用のおける探偵業者ではありませんね。

恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズは、1つ1つのご依頼に対して全力で取り組んでおり、ご依頼者様にご納得して頂ける調査報告をさせて頂いております。

恋愛事に関するご相談は、恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズにお任せ下さい!