既婚者の女性に片思い……


様々な人が色々なところで恋に落ちています。

好きになってしまってから、その人が既婚女性だと知ることもあるでしょう。

また、既婚女性だと知っていても好きになってしまうこともあるかもしれません。

しかし、既婚女性を好きになるということはやはり苦しいものなのです。

そう思うからこそ既婚女性を好きになることを避けようとする人の方が多いはずです。

独身男性が既婚女性を好きになるということは十分にあり得ます。

既婚女性を好きになる時の人の心理とは一体どういったものなのでしょうか。

既婚女性を好きになった場合の行動や対処法まで今回はお話していきたいと思います。

心理①:女性の余裕に魅力を感じる

結婚をしている、という事で相手の女性に余裕を感じるものかもしれません。

女性は結婚をしている事で男性の事を恋愛対象外、また恋愛は自分には関係ないと思っている人が多いのですが、その態度こそが逆に男性の興味をひいてしまうのかもしれません。

お互いに最初は恋愛対象として見てないからこそ心を開きやすく、自然と仲良くなれるものかもしれません。

無防備な状態ともいえますので、どんどん仲良くなってしまい気づいたら好きになってしまっていた、という事もあるでしょう。

結婚している状態の女性はもちろん独身で結婚したい女性、結婚を焦っている女性とは違いますので、その落ち着き方が独身男性には魅力となる事があるようです。

心理②:こんな人はいないと特別視してしまう

障害があれば、手に入りきらない事にもどかしく感じるものでしょう。

それは、その人に執着する事になりかねません。

手に入らない相手だからこそ、恋心が募りこんな女性はもう他にはいない、と特別視してしまうのです。

そうなってしまえば、離れられなくなってしまうものでしょう。

最初は軽い気持ちではじめた関係を終わらせられないという人は結局相手に依存や執着をしてしまっているのでしょう。

しかし、深入りすればするほど、相手や周囲だけではなく自分自身も大きく傷つけてしまう事になりかねます。

既婚女性にはまってしまう独身男性はこのような心理状況にあると言えます。

障害があるからこそ更に恋愛が盛り上がる、という事はよくあるものです。

しかし、高いリスクがある事をしっかりと認識しなければ、すべての人が傷つく結果に終わる可能性もあるのです。

イケナイ関係” の魅力はそんなリスクと隣り合わせであるからこそ、惹かれてしまうものなのかもしれません。

では、既に既婚女性に想いを寄せている場合、どのような行動や対処をすれば良いのでしょうか。

今の段階で独身男性であるあなたが既婚女性に片思い中の場合、苦しいかもしれませんが、あなたの気持ちはそっと心にしまっておいたほうが良いです。

もしも、念願叶って相手の女性と付き合えたとしても、日の当たる場所で堂々とできる関係ではありません。

そのことが恋を燃え上がらせることもありますが、かえってそのことでこの恋を終わらせることが難しくなり、ズルズルとした関係だけが続いてしまうことも多々あるのです。

現実と理想は違います。冷静になり、片思いの段階で踏みとどまるのがベストでしょう。

趣味に没頭する、習い事を始めるなど、気持ちを抑える環境を整えてみるのも冷静になる1つの手です。

しかし、どうしてもこの恋を諦めきれない方は、彼女と配偶者を離婚させる準備も必要になってきます。

彼女の離婚を円満にさせるために、彼女の夫に浮気やDVのような非がある場合は証拠を集めるなどの努力が必要です。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、『別れさせ工作』や『不倫調査』などを実施しておりますので、※『』内 大文字赤

既婚女性の配偶者に対して素行調査などを行い、離婚の証拠になるような材料を集める事も出来ます。

証拠を集める事が出来ればスムーズに離婚に向けて話が進みます。

しかし、離婚させる事が成功したとしてもあなたの事を好きになってくれるとは限りません。

一番重要な事は離婚に向けて ”別れさせ工作” 行いつつ、その女性との関係を構築していく必要があります。

そのために自己改善を行い、相手に好意を持ってもらえるような努力も必要になります。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、ご相談者様の望まれる結果になるようサポートしております。

現在、片思いでお悩みの方は、お気軽に無料相談窓口までお問い合わせ下さい。

参考ブログ