新年一発目の復縁成功!

復縁屋シークレットリサーチャーズの神崎です。

新年あけましておめでとうございます!

本年も引き続き、シークレットリサーチャーズを宜しくお願い致します。

例年と変わらず年末年始も各種調査や工作と動き回っておりましたが、その甲斐あって1月1日に復縁を成し遂げたお客様がいらっしゃいます。

このような成功例が有るからこそ、休みなしでも遣り甲斐のある仕事ではないでしょうか。

新年幸先の良いスタート!

今回1月1日復縁を成功されたお客様は、去年の9月初旬のご依頼でした。

別れてから半年になる、彼女との復縁を願ってのご依頼でした。

別れの原因はお客様の『浮気』が原因と言う事があって、そう簡単には復縁が出来る事ではない事は、織り込み済みでのご依頼となりました。

別れの原因の浮気とは、恋人関係にはなかった学生時代からの友人と言う事で、久々の再会での席でお酒が入っていた事も有り、成り行きで体の関係を持ち、それからちょくちょく会っていた事が彼女にバレてしまい、別れに至ったとの事です。

彼女との交際歴は3年弱で結婚を視野に入れたお付き合いをしており、両方の親にも紹介済みの関係でお互い両親にも大変気に入られており、特に自分の母親に関しては、彼女の事を本当の娘のように接していたようです。

別れてから彼女と存在のデカさを改めれ知った事と、別れた事によって母親が大変憔悴仕切っており、自分に対しての風当たりが強い事を大変感じているとの事です。

もちろん母親の為に復縁をするのではなく、自分自身が彼女に対して取り返しのつかない事をしてしまった事の後悔や、彼女を傷つけてしまった事をちゃんと謝り、結婚などの話は抜きとしてまた改めて関係を築きたいとの話でした。

浮気だけでなくどんな理由にしても、一旦別れた相手との復縁とは中々簡単に行くものではありません。

簡単に復縁が出来れば、復縁屋に依頼をする事もないのですから…。

復縁工作の依頼を受けるにあたり、お客様自身を見つめ直してもらう事も大変重要であり、別れた原因の浮気だけでなく、付き合っている時に彼女に嫌な思いをさせていた部分の改善も必要な事を、お伝えしなくてはなりません。

あくまでも、復縁工作とは復縁に対する補助であり、メインは復縁したい相手にどれだけ過去の自分との違いを見てもらわなければ、復縁を成功させる事は出来ないのです。

今回のお客様にもその点の説明を十分にさせて頂き、ご納得して頂いた上でのご契約となりました。

彼女との復縁を目標に自己改善プランに真剣に取り組み、日が経つにつれ改善の傾向が見られるようになりました。

と同時に復縁調査を進めて行き、復縁プランを構築させると共に、復縁工作へと移行して行くのです。

復縁工作で見えてきたのが、お客様の浮気に対してものすごくショックを受けており、顔も見たくないと言うのが本音でした。

結婚を視野に入れていた相手に浮気をされてしまったら、そのように思うのは当然であって、今までの依頼でも大半の対象者の方は、当然の如く同じ事を仰います。

まず復縁へ導くには、この事を時間を掛けてでも払拭して行かなくてはなりません。

このように一度でも相手に対して、負のイメージが付いてしまいますと、中々以前のような良い感情を植え付けるのには苦労をするものです。

当初のお客様の希望として『クリスマスくらいまでには復縁したい』と言う事ですが、復縁の依頼を受ける際には、ある程度の期間を設定致しますが『この日までに復縁したい』と言うのは非常に良くないのです。

決められた日までに復縁したいと設定してしまいますと、仮にその日までに復縁が出来なかったらどうなってしまうのか?

自ら決めた日に復縁が出来ないとなると、その時点で復縁を諦めてしまうのです!

そのような事から、具体的な日にちを決めずに復縁を目指す事が大切です。

話を戻しますが、今回の対象者の気持ちを変えさせる事に時間を取られた事も有りましたが、工作員が接触をする度に徐々ではありますが、気持ちの変化が変化して行く事がわかりました。

12月を過ぎた頃から、少しずつではありますがお客様が連絡を入れ始めてから、やり取りも徐々に出来出し始め、対象者の心の溝も大分埋めだしてきたようにも思えました。

ここで焦って一気に距離を詰める事が危険なのは経験上理解をしておりましたので、お客様にも十二分に忠告をして、工作と同時に焦らず距離を詰めて行く事を最重要事項としまして、クリスマスにはと言う思いを抑えながら、お客様の協力を頂いたのです。

お客様自身は復縁への手応えを感じながらも、今一つ決め手に欠けてるとの意見でした。

実際工作員も対象者との接触の過程で『復縁は可能性はかなり有るが今一つ踏ん切りがついていない』と感じ取っておりました。

その『今一つ踏ん切りはついていない』部分は何なのか?

そこは工作員が丹念に対象者との会話から、拾い上げてきました。

工作員とはただ単に対象者と接触をする訳ではなく、対象者の言葉1つ1つや行動を確認しながら、今対象者は依頼者にどのような感情を抱いているのかを感じなくてはいけない仕事なのです。

そこで工作員が感じ取った対象者の踏ん切りがつかない理由とは『また同じ事で裏切られる事を恐れている』でした。

そうです!

先ほども述べたように、一度負のイメージを付けてしまいますと、また同じ事をされてしまうのではないかと恐れ、警戒をしてしまうのです。

工作員は対象者の気持ちを誘導して行く事を優先して行く事となりました。

お客様の目標のクリスマスは、お互いラインだけのやり取りとなりましたが、その時に大晦日に会う約束を取り付ける事が出来たのです!

大晦日の話として、一緒に初詣に出掛けその時にお客様はお参りの際『彼女と復縁出来る事』ともう一つお願いをしたのです。

お参りも終った時に彼女から何をお願いをしたか聞かれると『復縁出来る事』と『もう二度と浮気をしない事』を誓った事を話したそうです。

その言葉を聞いた彼女は復縁の承諾を了承したのでした。

何故このタイミングで彼女は復縁の承諾をしたのでしょう?

それは彼女曰く『神様の前でもう浮気をしないと誓ったなら大丈夫』との返答だったそうです。

これも自己改善の1つの結果であって、その変化に彼女も答えた結果で復縁が出来たのです。

あくまでも復縁工作は復縁をするまでのお膳立てであって、最終的に復縁出来るか出来ないかはお客様の変化なのです。

お客様と彼女さんにとって復縁出来たのが元旦と、この先幸せになれるかのような幸先の良いスタートを切りましたが、シークレットリサーチャーズとしても、今年一発目の復縁成功が1月1日と幸先の良いスタートが出来たのではないでしょうか。

今年一年も復縁のお悩みの抱えている皆様のお力になれます事を願いながら、頑張って行きたいと思う新年であります。

どうか今年一年も恋愛総合探偵事務所シークレットリサーチャーズを宜しくお願い致します!