愛する我が子の恋愛に口を出すべきか出さないべきか…


親は子供の幸せをいつも願っています。

子供の幸せの人生のために、できることはしてあげたい。それが親心です。

自分の子供が結婚したいと連れてきた人に難色を示す親は少なくありません。

子供の幸せを考えると、親が不安に感じる相手とは別れさせるべきなのか…

昔の子に比べ、現代の子は異性の交際に対して抵抗がありません。

携帯電話やインターネットの普及が関係しているとも言えます。

そのため、中高生でも、恋人と付き合っている子どもがいます。早い子では小学生から恋人がいる子もいます。

性交渉も低年齢化しており、16~19歳の女子200人を対象に行った調査では、『今までに何人の人とセックスをしたことがありますか』との問いに、最少0人、最大30人、平均1.96人という結果が出ています。

このような子どもの男女交際についてどう考え対処すればよいのか、迷う先生や親御さんもいらっしゃることでしょう。

みんなが幸せになれる方法はあるのか、親子の関係について考えてみましょう。

親もいろいろです。

子どもの交友関係を根掘り葉掘り聞き出してすべて把握しておかないと気が済まない親がいれば、そうでない親もいます。

後者にはそこまで面倒見切れない、またはそこまでは親の責任ではないと割り切っている親もいますが、そこまで干渉してはいけないと子どもを信じ、あえて静観に努める親もいます。

どのタイプの親も、願いは同じです。

愛する我が子には傷つき失敗を繰り返しながらも多くを学び、異性との付き合い方を学んでほしいと願っています。

しかし、いくらこの親心の発露とはいえ、子どもの異性関係に親がいちいち口出しするのは、逆効果になる場合が多いようです。

中には悪事に連座することになるなどの、見過ごせない交際もあります。

しかし、基本的には子どもが誰と付き合い、生涯の伴侶を誰にするかの選択権は子どもにあると心得るべきです。

たとえ、シングルで苦労して育てた親でも、それは同じです。

根本的には子供の異性関係に口出しする事は ”NG” だとは思いますが、親心を思うと中々難しい事でもあります。

別れさせ屋シークレットリサーチャーズでは、お子様の交際に反対されている親御さんからのお悩みも多く承っています。

子供の交際に口出しをする事は良くないと頭では理解していても、子供には《幸せ》になってほしいという真剣な想いからご相談にいらっしゃいます。

そんなご相談者様に【別れ工作】をご提案させて頂いております。

別れ工作を行うと自然な形で別れを演出する事が出来ます。

そのため、別れた後の親子関係が悪くなることもありません。

我が子の交際相手に対して『相手の本性を知りたい』・『交際相手と別れさせたい』と、お悩みの親御さんが居ましたら別れさせ屋シークレットリサーチャーズにご相談下さい。

大事なお子様の未来を守れるかもしれませんよ。

参考ブログ

『子供の交際を辞めさせたい』と言うご相談…

別れを告げたら…リベンジポルノによる脅迫…